ピクシブ百科事典

ゲルググキャノン

げるぐぐきゃのん

MS-14CゲルググキャノンはMSVに登場するジオン公国の量産型砲撃戦用MS。

概要

型式番号:MS-04C(Cはキャノンの頭文字)。
ゲルググの背部にアタッチメント式のビームキャノンパックを装備し、頭部を専用の照準器を追加した新設計の物に換装した機体。
このRA-2型ビームキャノンの威力は高かったが、その分出力を推力に回せなくなってしまったうえ、装甲も厚くされているため機動力が原型機よりも若干低下している(高機動型ゲルググのバックパックにキャノンを増設したような構造であるため、総推力自体は一般的な量産型よりも上だが、量産機の全備重量が73t程度なのに対し、本機は80t近くあるために機体の制御により多くの推力を割かれるため、相対的に機動力が低い)。

ちなみにこのキャノンパックは水陸両用MSのメガ粒子砲デバイスを転用して製造されたとされ、開発が難航していたビームライフルの繋ぎとして設計されたものである。

他にも火力増強の為に右腕に三連装ミサイルランチャーを装備しており、そのカウンターウェイトとして左腕に前腕サイズのバックラーシールドを装備する。
ジェネレーター出力が高いため、通常のゲルググの各種装備も使用可能。

終戦までに122機分のバックパックが生産されていたが、開発の遅さと終戦間近ということもあり、実戦に投入されたのはキマイラ隊に支給されていたものをはじめとする僅か15機に留まった。
主なパイロットはブレニフ・オグス、ジョニー・ライデン、トーマス・クルツ、ジェラルド・サカイ、ジャコビアス・ノード。

バリエーション機としてキマイラ艦隊所属の「MS-14C-1A」の存在も確認されており、こちらは脚部に稼働時間延長のためのコンフォーマルタンクを増設している。

オプション装備としてB型のものに似た高機動ランドセルがあり、ビームキャノンパックから短時間で換装することが可能。武装はジャイアント・バズを装備している。

また、ジャコビアス・ノード専用機はザク・フリッパーの三連式カメラを外装したスナイパータイプとして運用されている(この機体は一年戦争後も稼働しており、ジャコビアスが立ち上げた民間軍事会社『テミス』においても彼の専用機として使われている)。

PS3ガンダム戦記ではゲーム本編でもゲルググを改修して使用可能なほか、アバンタイトルでは連邦側の主人公であるユーグ・クーロの宇宙型ジム・コマンドア・バオア・クー宙域で交戦しており、ゲルググのシールドとナギナタを使用していた。

関連タグ

ゲルググ 高機動型ゲルググ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲルググキャノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37587

コメント