ピクシブ百科事典

陸戦型ゲルググ

りくせんがたげるぐぐ

陸戦型ゲルググは、ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…』および『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』に登場する陸戦用モビルスーツ(MS)。
目次[非表示]

機体データ

型式番号MS-14G
所属ジオン公国軍
開発ジオン公国軍キャリフォルニア・ベース
生産形態少数生産機
頭頂高19.2m
本体重量45.1t
出力1,440kW
推力79,900kg
センサー有効半径6,300m
装甲材質超硬スチール合金
固定武装ビーム・ナギナタ、アーム・ガトリング、グレネード・ランチャー
携行武装ビーム・ライフルなど

※諸元はヴィッシュ・ドナヒュー専用機のもの。

概要

型式番号MS-14G
ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…』および『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』に登場。

一年戦争末期にジオン公国軍が開発したゲルググのバリエーションで、主に宇宙で活躍したA型とは対照的に、陸戦用の調整や防塵処理などが行われている。スラスターも陸戦向けのものに換装され、ホバー走行が可能となっている。また、ジェネレーターや機体制御システムにも改修・調整が加えられた。
開発は宇宙世紀0079年10月からキャリフォルニア・ベースで行われ、同年11月頃には生産が開始されたが、ゲルググが実戦投入された頃には既に主戦場は宇宙へ移っていたため、陸戦型(G型)の配備数はごく少数である。
なお、開発・生産は月面グラナダから輸送された主要パーツを元に、キャリフォルニア・ベースでノックダウン生産する形で行われた。

主なパイロットはオーストラリア駐屯軍アリス・スプリングス支隊のヴィッシュ・ドナヒュー中尉と、MS特務遊撃隊のケン・ビーダーシュタット少尉。
ヴィッシュ・ドナヒュー専用機(メイン画像の機体)の外観は通常のゲルググ(A型)に近く、腕部にグレネード・ランチャーとアーム・ガトリングを固定装備し、緑色の塗装が施されていたとされる。

陸戦型ゲルググ(ケン・ビーダーシュタット機)


ケン・ビーダーシュタット専用機は、重力下での機動性を確保するため背部に高機動ランドセルを装着し、大型・高出力の試作型ビーム・ライフルと現地製作された小型シールドを装備。塗装の配色はベージュと茶色である。
なお、陸戦型ゲルググの基本仕様は高機動ランドセルを装着したケン機に近いものとされる。

宇宙型との外観上の相違が少なく、また確認された機体が非常に少ない(現在のところ前述のヴィッシュ機・ケン機の2機のみ)ため、ゲームなどでは独立したユニットとしては扱われず、宇宙型の装備違いや「専用機」という一般ゲルググに付随するバリエーションとして扱われることも多い。

バリエーション

ゲルググG

型式番号MS-14GD
雑誌企画『MSV-R』に登場。
陸戦型ゲルググの砂漠戦仕様。開発はキャリフォルニア・ベースで陸戦型ゲルググと並行して行われ、同時期に完成している。
ザク・デザートタイプと同型のランドセルを装着するなど砂漠での運用に向けた改設計が為されている他、戦況の悪化に伴って生産や部品供給に支障をきたした煽りを受け、ホバー用の脚部スラスターがオミットされたが、これによって被弾面積の減少や重量減などの恩恵も生じている。
武装として、銃身に砂漠用の冷却システムを備えた専用ビーム・ライフルと、ゲルググのシールドの上半分をカットした小型シールドが新たに開発されている。また、既存のジャイアント・バズを携行することもあった。
キャリフォルニア・ベースからの撤退を受けて生産数は8機に止まっており、うち1機はアフリカ戦線での活動が確認されている。

ガンプラ

プレミアムバンダイ限定商品として、HGUCよりヴィッシュ・ドナヒュー専用機が発売されている。ドナヒュー専用のグフとのセット品であり、ゲルググはシャア専用ゲルググの成型色を変えたのみのリデコ品となっている。

関連項目

機動戦士ガンダム
ゲルググ デザート・ゲルググ

関連記事

親記事

ゲルググ げるぐぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「陸戦型ゲルググ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15763

コメント