ピクシブ百科事典

ゲルググM

げるぐぐまりーね

ゲルググMとは、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

型式番号MS-14F
頭頂高19.2m
全備重量81.3t
出力1440kw
総推力55000kg
装甲材質超硬スチール合金


概要

一年戦争末期、旧ジオン公国軍が開発したゲルググの海兵隊仕様。機体名称のMは「マリーネ(MARINE)」を意味する。
カタログスペックでは同時期に開発されたゲルググJにやや劣る一方でコストパフォーマンスに優れており、また下腕部に内蔵武装を搭載するなど設計上の共通点も見られる。

主に突撃機動軍海兵隊に於いて運用され、シーマ艦隊やキルマイヤー小隊などに配備された。
なお、シーマ艦隊は戦後隠遁した事もあって同艦隊に配備された機体は相当数が温存されており、デラーズ・フリートによる「星の屑作戦」開始時点では30機以上が稼動状態にあったと言われている。
しかし、まともな補給を受けられなかったシーマ艦隊の機体は大半がビーム兵装を喪失しており、その代替として汎用装備やその改修装備を使用しており、艦隊の厳しい懐事情を窺い知る事が出来た。

デラーズ紛争後もジオン残党によって運用された他、一部の機体が連邦軍に接収され訓練機として運用された。
また、一年戦争終盤にシーマ艦隊で特殊なドット迷彩塗装を施し運用された例も確認されている。

シーマ専用ゲルググM

MS-14fs ゲルググマリーネ シーマカスタム



ゲルググMの指揮官仕様機。
シーマ艦隊の司令シーマ・ガラハウ中佐の専用機であり、「マリーネ・ライター」の愛称で呼ばれる。
頭部には隊長機の証であるブレードアンテナを備える他、バルカン砲も内蔵されており、火力・通信能力双方が強化されている。
また、バックパックや胸部装甲、脚部なども専用のものへと換装されており、全体的な形状はゲルググJに近い物になっている。
これら改修によって全備重量が増加しており、機動性の低下を防ぐ為にスラスターを増設。更に稼働時間延長の為に合計四本のプロペラントタンクを装備する。

また、一般機とは異なり専用武装として大型ビーム・ライフルと、覗き穴付きの大型シールドを携行。当時のジオン残党としてはビーム・ライフルの存在は貴重であり、デラーズ・フリートでは唯一ビーム・ライフルを装備する機体であった。

なお、Fs型はシーマ機以外存在が確認されておらず、シーマ機に施された改修が他のFs型に見られる物なのか、それともシーマ機独自の物なのかは不明である。

武装

MMP-80 90mmマシンガン

統合整備計画で開発されたモビルスーツ用汎用マシンガン。
シーマ艦隊に所属する機体は三年の間まともな補給を受ける事が出来なかった事から本来の武装であったビーム・ライフルは失われており、その代替として装備されている。

スパイク・シールド

ザクⅡのシールドを改修した手持式のシールド。
先端部にスパイクが増設されており、打突武器としても使用可能。
単純な装備であるがスパイクによる格闘戦の有用性もあって他のジオン残党もこれと同様の装備を使用した例も存在する。

ビーム・サーベル

両腰に収納されている格闘用ビーム兵装。
形状はリック・ディアスネモなど後のエゥーゴ系モビルスーツが使用する物に似る。

110mm速射砲

下腕部に配されたマシンガン。
貫通力が高く、ジム・カスタムのシールドを粉砕し、装甲を貫通するだけの威力を持つ。

専用大型ビーム・ライフル

シーマ機の装備する大型ビーム・ライフル。形状はゲルググJの物に似る。
ビーム兵装とそれを運用出来る機体の存在は当時のジオン残党にとって貴重であり、前述の通りデラーズ・フリート、そしてシーマ艦隊でこれを装備していたのはシーマ機のみであった。
コンペイトウ近傍でのアルビオン隊との戦闘で喪失。
作品によってはビームライフルだったりビームマシンガンとして扱われる事もある。

専用シールド

シーマ機の装備する大型シールド。上方には防御体制のまま照準を合わせる為の覗き窓が備えられている。
デラーズ戦争ではシーマ機が使用した例が確認されているが、少数ながらも同様の装備を使用する他機種の存在も確認されている。

関連項目

機動戦士ガンダム0083
ゲルググ ゲルググJ リゲルグ
シーマ・ガラハウ
明貴美加

シャア専用ゲルググ(陽動のために出撃した際に、破損した箇所をこの機体の部品で補った)

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲルググM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25058

コメント