ピクシブ百科事典

ジム改高機動型

じむかいこうきどうがた

RGM-79CRジム改高機動型はアドバンス・オブ・Z『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場するティターンズの試作型MS。
目次[非表示]

概要

デラーズ紛争終結後である宇宙世紀0084年に次世代MS開発の一環としてティターンズで開発された機体。
ジム改をベースにした新規装備の評価およびジムⅡのティターンズでの採用試験用機であり、各種センサー、スラスターをジムⅡ仕様へ変更して開発されている。
わずかなオプションの変更により、さまざまな形態をとることができ、ジム・スナイパーⅢもバリエーションのひとつである。
「近代化改修プランとしてのジム改の高機動バリエーション」という意味では、カラバが運用するジム改[ワグテイル]と同コンセプトだが、[ワグテイル]に用いられているパーツがジムⅢ開発の為に試作された物であるのに対し、こちらは既に連邦軍で採用が内定しているジムⅡの採用試験を行う目的で開発された機体であり、操作性は[ワグテイル]や、T3部隊が運用するガンダムTR-1[ヘイズル]等のTRシリーズと比較してマイルドである。

この機体の運用データなどを元にジムⅡはグリプスで製造が開始され、「RMS-179」の型式番号を得た上でティターンズに配備されている。

武装はジムⅡが装備するBR-S-85系ビーム・ライフルとビーム・サーベル、連邦軍MS共通のシールドなど。
ただし、ビーム・ライフルはT3部隊で試験運用されているEパックを装備する為にサブグリップがEパック接続用のモジュールに換装されている。この為、エネルギー充填式であったBR-S-85と比べ、継戦能力に優れているが、左腕が損傷すると単機でのEパックの交換が不可能となるという欠点もある。

バリエーション

ジムスナイパーⅢ

ジム改高機動型の狙撃仕様。
詳細はジム・スナイパーⅢを参照。

EWACジム

連邦軍の偵察・早期警戒型MS開発計画の中で検討されたプランであり、アイザックと同系統のセンサーレドームや有線式山越えカメラなどを装備する。
コスト面は良好だったが性能に難があった為に、実験機3機の生産に留まっている。

関連タグ

アドバンス・オブ・Z
ジム ジム改 ジム・カスタム ジムⅡ ジムⅢ ジェガン
ワグテイル
ジム・スナイパーⅢ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジム改高機動型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3081

コメント