ピクシブ百科事典

ヘイズル

へいずる

ヘイズルとは『ウォーターシップダウンのうさぎたち』及び『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場する架空の存在。ハシバミ属の英語名である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

ヘイズル(Hazel)とは

  1. ハシバミ属の英語名。ヘーゼルとも表記される。
  2. イギリスの児童文学『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』に登場するキャラクターであり主人公。本記事で解説する。
  3. ガンダムTR-1[ヘイズル] - 『ADVANCE OF Z』に登場するガンダムシリーズのモビルスーツ。名称の元ネタは2。

ウォーターシップダウンのヘイズル

ウォーターシップ・ダウンのうさぎたちの主人公。名前はハシバミの英語名に由来する。

サンドルフォード繁殖地の巣穴に住む心優しい仲間思いの兎。弟ファイバーの予知を聞き、村から出るために行動を起こした。序盤からリーダーシップを発揮し、常に先頭に立つ危険をおかし仲間の危機を救っている。
カウスリップの村やナットハンガー農場での活躍を経て、名実ともにウォーターシップダウンの長(ヘイズル・ラー)として認められる。彼の役回りと最期は、リーダーシップ・宗教教的な寓意を含む物語と評価される大きな要因となった。

高い判断力・実行力・カリスマ性を備え、銃を携行した人間を前に自ら陽動を担当して奇跡的に生還を遂げるなど、勇敢で自己犠牲を厭わない。物語序盤でファイバーの予知を信じ、何匹かのうさぎを集めて村を脱走した時点で彼のリーダーシップは開花していたと言える。
将来を見通して子供を産めるメスウサギの確保(誘致)に動いた事は、「行政」の長としても好印象。また、運が絡むとは言え彼の作戦成功率、作戦遂行能力は非常に高かった。
以上の点から仲間からの信頼も厚く、完璧とまでは行かずとも「理想的なリーダー」と評価されている。

エフラファ遠征軍の侵攻においては、正体を隠してウーンドウォートとの交渉に赴くも決裂。ファイバーの神がかり状態に影響され、何処からかの天啓を頼りにダンディライアンブラックベリと共に犬をエフラファ軍に誘導するため、再びナットハンガー農場に侵入。その後は人間に保護されていたが、フルドドに搭乗し無事ウォーターシップ・ダウンに帰還する。

何度目かの春を迎え、サクラソウが咲いた頃。衰えたヘイズルの前にエル・アライラーと思しきうさぎが現れ、アウスラ(上士,幹部)にならないかと誘われる。ヘイズルは誘いを承諾し、“不思議と軽くなった”体を走らせ、何処かへと消えた。

ガンダムシリーズのヘイズル

RX-121 GUDAM TR-1 [HAZEL]


ガンダムTR-1[ヘイズル]ガンダムTR-S[ヘイズル・フレア]として登場。

TR計画というガンダム・インレを最終到達点とする計画の技術試験機(TR-1)、そのコアの量産MS(TR-S)であり、今やヘイズルと名前のつくモビルスーツだけで膨大な数に膨れ上がっている。

ヘイズルで検索すると本機が頻出する。この記事も長期間に渡ってAOZのことしか解説しておらず、日本のウォーターシップダウンのファンにもどかしい思いをさせていた。

TR-1、TR-S関係のワードの由来

TRシリーズの名称は、英語とウォーターシップダウンのウサギ言語(lapine)に由来。

  • ラー=群れの長、アウスラ=幹部(上士)となる。ヘイズルは尊敬の念を込めて「ヘイズル‐ラー」と呼ばれる。
  • ハイゼンスレイ、プリムローズという牝兎がいる。ハイゼンスレイはlapineで露のように光光り輝く毛、プリムローズは英語でサクラソウを意味する。またプリムローズはTVアニメにおけるハイゼンスレイの代替キャラでもある。
  • ラブスカトルはエルアライラーのアウスラのうさぎで、彼の右腕的存在であった。
  • エルアライラーとはエリル-フレア-ラーの短縮形。エリルはイタチやテンといったウサギを狩る敵の総称。フレアはいっぱい、たくさん、大勢、千の意。つまり“千の敵を持つ王”エルアライラーとなる。

関連タグ

ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち
ガンダムTR-1[ヘイズル] ガンダムTR-S[ヘイズル・フレア]

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘイズル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240414

コメント