ピクシブ百科事典

ウーンドウォート

うーんどうぉーと

RX-124(ARZ-124)ガンダムTR-6[ウーンドウォート]はアドバンス・オブ・Z『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場するティターンズの試作型MS。本来この名称はTR-6のコアMSのものとして扱われるが、他の形態と混同される場合もある。本項では「ガンダムTR-6」という兵器全般について記載する。
目次[非表示]

概要

ティターンズの「TR計画」で生まれた試作機群「TRシリーズ」の最終型にして、「全軍機の規格統合」と「最終兵器化」の二つの特性を有する汎用の量産型モビルスーツ
ティターンズ上層部が「少数精鋭のエリート部隊に相応しい最強の機体」として一年戦争で活躍した「ガンダム」の再来を欲した結果生まれた狂気の産物である。
パイロットはエリアルド・ハンター。同時に、TR-6操縦に特化した調整が成された強化人間の準備も行われていたが、こちらは戦線に出る事無くグリプス戦役終結を迎えている。

本機は、今までジム・クゥエルハイザック等、何らかの既製機及びその試作機を改修して製造された過去のTRシリーズと異なり、初めて一から設計された完全新規の機体として完成した。
「ガンダムTR-6」とは、単体の機体を指す呼称ではなくTR-6の素体「ウーンドウォート」、もしくはそのコア「プリムローズⅡ」を核とした兵器体系のコードである。換装を軸としており、この換装パーツにはTR-2~5の実働データをも含めたこれまでのTRシリーズで培われてきた数々の技術がフィードバックされている。またこの換装パーツはTR-1およびTR-5との共用である。

TR計画は、元々は決戦兵器「インレ」の開発構想である。しかし複雑なシステムと要求されたスペックの高さから単独での開発が困難であると判断され、開発に求められる機能をTR-1からTR-5の各TRシリーズに分散し、システムの開発とテストを実施した。
トライアルの結果、まず万能化換装システムを搭載したガンダムTR-S[ヘイズル・フレア]が開発されたが、「機種統合計画」の立案によりお蔵入りとなり、続いてガンダムTR-6が開発された。これによりインレの完成は大きく遅れを取り、完成はグリプス戦役末期となった。
インレ開発が当初の予定通り進行していれば、エゥーゴはティターンズに敗北していたとされている。

グリプス戦役当時のモビルスーツ運用思想である「可変による全領域対応」を基本コンセプトとし、モビルアーマー形態への変形機構を有するが、同時にどの戦場においても常に最高の性能を発揮するべく各種オプション・強化パーツの換装によって多種多様な形態を採る事が可能となっており、パーツの換装と可変を併用しその特性を激変させる。
特に強化パーツは本機に搭載された「万能化換装システム」(3号7式OS換装プログラムBUNNyS/ヴァニス)によって専用開発された装備のみならず様々な機体の装備を流用する事が可能。更に機種統合計画の恩恵もあってTR-1およびTR-5も本機の装備が使用出来る。
オプション・強化パーツ群はTRシリーズのデータをフィードバックしているが、TR-6のそれは鋭角で無骨なフォルムであった試作パーツ群とは異なり丸みを帯びた形状を成しており、内部構造も純工業製品としてブラッシュアップされている。
加えて、胸部には脱出ポッド「プリムローズⅡ」を有しており、パイロットの生存率も高められている。

本機は、「あらゆる状況に対応する」という機体性質上、高いポテンシャルを有した機体となっており、大腿部に二基、腰部ブースターポッドに一基の計三基の新型ジェネレーターを搭載している。
また、OS面でも最新技術が投入されており、ネモ三機とサラミス改を一瞬で撃墜する程の戦闘力は、メインパイロットであるエリアルドをして「ありえない」と言わしめる程である。
その為、本機はその高性能から当初はエゥーゴに対する「抑止力」として用意されていた。
本来はTR-1を第二世代モビルスーツとして再設計した機体が本来のTR-6となる予定であったが、ティターンズで開発された機体の規格を統合する「機種統合計画」が進められ、それに即した機体として本機が開発された経緯を持つ。

実機は、T3部隊によって運用された機体と、火星ジオン残党軍「レジオン」によって鹵獲された機体の二種が存在しており、特にレジオン仕様機は組織のドクトリンに応じた改修が施された上で量産、オプション装備の再現が成されている(レジオン仕様は本体を黒、オプション装備を赤で塗装されている)。

武装

本機は従来のモビルスーツの火器・装備類を使用可能な他、専用に開発された武装も運用する。

バルカン・ポッド

ガンダムMk-Ⅱバーザムに採用されているバルカン・ポッドをTR-6用に新造した物。
ウーンドウォートの標準装備として側頭部に装着される。

コンポジット・シールドブースター

ビームキャノン、シールド、ブースターとしてはもとよりヒートブレード、クローアーム、ウインチユニットなどの機能を備えた多目的武装。
TR-6の機動力・火力・防御力など各種ステータスを支える。
シールド部にはIフィールドジェネレーターが搭載されており、シールド周辺にフィールドを展開する事でビーム攻撃に対する防御の補助としている。
万能化換装システムを野戦換装にて使用する際には、機体換装のための補助デバイス及びパーツ運搬用のサブアームとしても用いられる。

ウェポン・カーゴ

各種兵装を収納可能なスラスター付きコンテナ・ユニット。
モビルスーツ用の小型のものとファイバーⅡ用の大型のもの二種類があり、それぞれパッケージングされた携行武装や各種ミサイル等を搭載する。
小型の物は後部にマニュピレータタイプの能動的ジョイントを有しており、機体形状を選ばずに装備が可能となっており、大型の物は対艦ミサイルなどそのサイズに見合った大型武装を運用可能。
蓋はリフレクター板で、バレルにしてメガ粒子砲を収束し威力を強化することもできる。

ハイメガ粒子砲(ハイメガキャノン)

サイコガンダムの拡散メガ粒子砲。ウーンドウォートの頭部オプションで、TR-5アドバンスド・フライルー及びTR-6アドバンスド・キハールⅡ形態の共用パーツである。
カーゴとの併用でリフレクター板をバレルにし、収束型へのモード変更も可能。

サイコミュ系

プロトタイプサイコガンダムのサイコミュ式バックパックをそのままカーゴに搭載し、TR-6をサイコミュ連動機にする構想。
この強化案ではビットやファンネル等も搭載されるが、これらは準サイコミュ系の強化人間人格型OSが半自動制御するため、ニュータイプや強化人間以外でも使用出来る。


ウインチ・キャノン

ワイヤーによって遠隔制御可能なビーム・キャノン。
ヘイズル・アウスラでテストされた物と、アドバンスド・フライルーでテストされた強化型の二種類があり、形態に応じて使い分ける。

ビーム・サーベル

標準的なビーム・サーベル。
サブアームに収納する事で暗器的な使い方も可能とする。

フルドドⅡ

ヘイズル・ラーのフルドドの発展形となるGパーツ。
一対のクロー・ユニットとスラスター・ユニット、二本のマルチ・アーム・ユニットで構成され、機体の火力・推力を強化するのみならず、ドラム・フレームの搭載によって大型パーツのプラットホームとしても運用される。

サブ・アーム・ユニット

股間部に装備された第三の腕。
隠し腕や予備の腕部としての機能の他、モビルアーマー形態時には武器を保持する役割も担う。

バリエーション

本機には様々なオプションパーツが用意されており、同時に機種統合計画の恩恵から既存のMSのパーツを接続する事が可能となっている。
その結果として様々なバリエーションが存在しており、主な装備バリエーションとして大型MAのファイバーⅡ、ダンディライアンⅡ、両者の合体形態であるインレ、高機動形態のハイゼンスレイⅡ、インレ護衛用のキハールⅡなどがある。

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]

ガンダムTR-6の基本形態。
グリプス戦役中に開発されたMSとしては小型で手足も細く、基本フレームに必要最低限の装甲が施されている事から非常に華奢な印象を受けるが、これは各種オプションパーツを装着する「素体」であり、この素体に各種パーツを組み付ける事で様々な戦闘形態へと派生する為である。
脚部も四肢の換装を考慮した結果細く設計されているが、陸戦運用も視野に入れてのソールユニットも開発されており、これを外装する事で脚底部の接地面積を増やすことが可能。
また、胸部ドラムフレームを中心に各部を折りたたむ事でモビルアーマー形態へと変形が可能。MA形態時は機首部分から冷却フィールドを発生させる事で大気圏突入が可能となっている。

分類上は第3世代MSだが、一般兵の搭乗を想定した準サイコミュ「強化人間人格型OS」を搭載しており、様々なメガ粒子砲オプションを装備するため、第4世代MSの性質も有する。さらにオプションのダイダロスユニット(ミノフスキークラフト)を装備した形態は第5世代MSの先駆けでもある。

「ウーンドウォート」のバリエーションとしてGパーツ「フルドドⅡ」を装備したウーンドウォート・ラーⅡ形態があり、大型ユニットの接続具としてフルドドⅡのドラムフレームが利用される。

ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]

ウーンドウォートのほぼ全身にわたって、高速戦闘用の強化パーツを装備した形態。高速戦闘形態、ウーンドウォートEXとも呼ばれる。
エゥーゴの「Ζ計画」で開発された分離合体構造を持つ次世代可変機への対抗策であり、ティターンズ上層部が欲した「フラッグシップ機としてのガンダムタイプ」への回答でもある。
MS形態とMA形態の両方でガブスレイの形状をベースにした機体であり、脚部がクローアーム状になった中間形態を経てMA形態へと変形する。このためガブスレイ形態とも呼ばれ、事実上のガブスレイの後継機としての採用が予定されている。
肩部にはガブスレイと同様のメガ粒子砲を備える他、武器収納コンテナを有し、ミサイルやガトリングなど様々な装備を収納可能。
腰部にはウーンドウォートの胸部とドラムフレームの間にもう1基ドラムフレームが追加され、二つのドラムフレームによって上半身と下半身が接続されており、後のバウVガンダムのようにトップ・ファイター、ボトム・ファイターに分離・変形する事が可能となっている。ブースターポッドのスペースにプリムローズⅡを搭載することで、ボトム側もパイロットが搭乗できるようになる。
また、脚部強化パーツには設地面を増加させるヒール・ギアが装備されており、着艦時や地上任務での安定性を増すことができる。

本形態にGパーツ「フルドドⅡ」および強化ウインチキャノンを装備する事によって「ハイゼンスレイⅡ・ラー」となる。
火星ジオン残党軍「レジオン」によって運用された機体はリアスカートがジェネレーター搭載型のテールスラスターに換装されており、機体出力・機動力が強化されている。
グリプス戦役中に運用されたのはこの形態。

キハールⅡ

決戦兵器インレの護衛機として開発された形態。アッシマー系の形状を模した円盤状の小型可変機で、空戦用のオプションを装着している。
機種統合計画におけるアッシマーとバイアランの後継機であり、ウーンドウォートに試作アッシマーTR-3[キハール]のデータを基に開発された強化パーツを装着し、MA形態やMS形態、中間形態への変形も可能。
他のMSを乗せて航行するサブ・フライトシステムとしての機能も有しており、ハイゼンスレイⅡとはクローアームを介してドッキングする事が出来る。
また、キハール以外のT3部隊で運用されたTRシリーズのデータも反映されており、中間形態ではヘイズル改のイカロス・ユニットによるMS単体での空中戦闘能力のデータが、MS形態ではロゼットのホバリング・スカート・ユニットを元にした高速制圧戦闘能力のデータが活かされている。

バリエーションとしてブースター・ポッドをレドーム・ユニットに換装したEWAC仕様の機体も存在する他、拠点防衛形態とのドッキング用形態であるアドバンスド・キハールⅡがある。
火星ジオン残党「レジオン」に於いて量産され、サイコミュを追加して同組織のアリス親衛隊の専用機として運用された。

ファイバーⅡ

コアとなるMSにTR-5[ファイバー]の運用データを基に開発された「ファイバーⅡ」ユニットを装着した形態。ガンダムTR-6[インレ]の上半身を構成する事から、「インレの翼」とも呼ばれている。
「侵攻・制圧兵器システム(invasion and subdue weapon system)」というカテゴリーを与えられており、超音速侵攻と圧倒的な火力、攻撃ユニット「キハールⅡ」の空間制圧能力による敵地制圧を目的とする。
主武装のビームキャノンはTR-2[ビグウィグ]のビームキャノンをさらに強化したもので、精密射撃の命中精度と威力が向上しており、ビグウィグキャノンⅡ、またはビグウィグキャノン改と呼ばれる。
バインダー基部のIフィールド発生器は変形時も分割されず、自由にIフィールドを展開できる。拡散ビーム砲は基部ごとウィンチユニットとして射出可能。また、頭部に相当するユニットには複数のウェポンコンテナが搭載可能となっている。
[ファイバー]と同様にバインダー内にモビルスーツを収納可能となっており、搭載可能数はキハールⅡで六機、通常サイズのMSで二機である。

コアMSとの接続は大型アームをフルドドⅡに接続する形で行われるため、TR-1[ヘイズル]にも装備可能。
グリプス戦役中ではインレにドッキングした状態でアレキサンドリア級アスワンに駐機されていたが、ダンディライアンⅡ部分が被弾した為にパージ。無事だったファイバーⅡはヘイズル・アウスラが装備して使用された。

ダンディライアンⅡ

TR-4[ダンディライアン]と同様の大気圏突入モジュールを装備した形態。

変形・換装を行うことで、内部のコアMSを展開し、大気圏突入モジュールが巨大な脚部ユニットとなったMS形態となる。MA形態の頭部(MS形態のシールド)には拡散ビーム砲を備える。ミノフスキー・クラフトを装備し、飛行が可能なほか、大気圏突入の性質上堅牢な装甲を持つ。
また、MS形態から更に換装を行う事で侵攻・殲滅形態となる。
コアMSとの接続は腰部に装備したフルドドⅡを介して行う。

グリプス戦役終盤、最後の激戦にてインレにドッキングした状態でアレキサンドリア級アスワンに駐機されていたが、ダンディライアンⅡ部分は被弾し、誘爆を避ける為パージされた。

インレ

TR計画の集大成にして、TR-6の最高到達点。全長は100メートルを越えており、あまりにも肥大化した兵器構想から戦略兵器に分類されている。
TR計画は元々このインレの開発を目標としており、さらにインレ運用拠点である衛星軌道基地「スターシップダウン」の開発や、外惑星侵攻を想定した惑星間航行用の大型ブースター「フリス」の装備なども予定されていた。
ファイバーⅡを上半身に、ダンディライアンⅡを下半身とした両者のドッキング形態。機体管制にはコアとなるTR-6が二機必要であり、ダンディライアンⅡ側が機体操舵、ファイバーⅡ側が火器管制を担当する。
ファイバーⅡとダンディライアンⅡの全ての兵装(ビグウィグキャノンIIと拡散ビーム砲内蔵シールドは合体させて運用)、及びオプションの大型ミサイルポッド等を運用でき、さらに、頭部相当のユニットには各種オプションが装備出来る。
なお、異なる二種類のモビルアーマーを連結させ、小型随伴機の簡易母艦兼橋頭堡とするコンセプトは旧ジオンのビグ・ラングに通じるが、インレはTR-6の開発における到達点として設定されているので、兵器としての完成度はインレに分がある。
また、大型オプションである「インレのゆりかご」は、大気圏離脱用ブースターであると同時に惑星間航行ブースターでもあり、長距離航行を想定している。大出力ジェネレーター、大型格納スペースなどを備えた一種の牽引型拠点と言える代物であり、これ自体が独立したバイオスフィアとしても機能する。

この形態にサイコミュを組み込んだサイコ・インレと呼ばれるプランも存在したが、こちらはペーパープランに終わっている。

グリプス戦役に於いてはインレにドッキングした状態でアレキサンドリア級アスワンに駐機されていたが、エリアルドはインレを装備せずにハイゼンスレイⅡ・ラー形態で出撃した為戦闘には投入されなかった。
その後、ティターンズ残党と共に火星へ流れた実機が、火星ジオン残党軍「レジオン」によって運用れており、火星を根城とする複数のジオン残党軍をこの武力を以って併合している。

サイコ・ガンダムⅡ

TR-6の拠点防衛形態であり、サイコガンダム系の代替後継機。
サイコガンダムもしくはサイコガンダムMk-Ⅱの手足(ギガンティック・アーム/レッグ・ユニット)を接続。さらにサイコミュやビット・ファンネル、Iフィールド搭載型のウェポンカーゴを装備。
ギガンティックユニットはTR-1ヘイズル・アウスラやTR-5フライルーで実験された物で、TR-Sエルアライラーやサイコ・ギャプラン等の開発に繋がり、最終的にTR-6の拠点防衛形態に結実した。
火星レジオンでギガンティックユニットが複数生産されている。

クインリィ

インレの簡易形態。
ウェポンカーゴ5機とハイメガキャノンを装備しており、両サイドにTR-6アドバンスド・キハールⅡ形態を2機接続している。このウェポンカーゴが冠を連想させるため女王形態と呼ばれる。
戦略級のインレの投入は戦場によっては費用対効果が見合わず、政治的影響も考えられるため、代替兵器として用意された。
ガンダム試作3号機の事実上の後継機であり、GP計画が抹消されなかった場合デンドロビウムⅡと呼ばれていた可能性があった。

ギガンティックユニットを装備したフルアーマークインリィと呼ばれる形態も存在する。フルアーマークインリィ形態はTR-6の柔軟な換装のシンボル的要素が強いとされるが、後の火星レジオン建国戦争で実戦に投入されている。

リハイゼ

火星を拠点とするジオン残党軍「レジオン」が鹵獲したハイゼンスレイⅡを改修した機体。
ハイゼンスレイⅡを持ち込んだ元ティターンズメンバーをして「魔改造」と称される程の大幅な改修に伴う機体特性の変化に伴い、型式番号は「ARX-124R」に変更されている。
レジオンのフラッグシップ機であり、同組織の指導者アリシア・ザビの専用機。ジェネレーター直結型のハイパーメガ粒子砲とサイコミュを標準装備している為、第四世代モビルスーツに分類される。

装甲は総帥専用機としてサバイバビリティを高める目的でジオン規格の物が全身に渡って外装されており、ハイゼンスレイⅡの面影は殆ど見受けられない。
機体色の赤は火星の大地の色であり、組織のシンボルマークもジオン公国国旗に「火」を加えた物になっている(これは取り巻きとなるキハールⅡも同様)。
同時に機体各部に推進器が増設されており、これによって装甲増設をものともしない程の推力・機動力をリハイゼに与えている。これは火星圏では単独での飛行を可能とするだけの推力を生み出し、キハールⅡによるアシストを加える事で単独で大気圏離脱を可能とする。この改修に関しては、アリシアの「大空を飛び回る事で自身が火星の大地を支配している事を誇示する」思想が絡んでいる。

股関節部アーマーは当初他のTR-6バリエーションと同様にサブアームとしての機能を有していたが、パイロットであるアリシアの攻勢より守勢を重視する意向によりIフィールドジェネレーターに換装された。
可変機構はハイゼンスレイⅡからそのまま残されているが、機首部分にメガ粒子砲を装備する、一撃離脱戦法を強く意識した構成に改められている。
また、コンポジット・シールド・ブースターは推力の強化に加えつつ、搭載されたビーム・ライフルをヒート・ブレードを廃した連射型冷却バレルに換装しており、格闘戦装備としての機能を排除しながらも射撃兵装としての機能が強化されている。

バーザムⅡ

連邦系主力機の代替後継機として、TR-6の廉価版であったバーザムを模した形態。
四肢にはTR-1のパーツが装着されており、他のバリエーションと比較して統合性能で劣るが扱いやすく、練度の低いパイロットであっても運用が可能。同様のバリエーションとしてはハイザックの四肢を装備した「ハイザックⅡ」も存在する。
レジオンに於いては特務部隊の隊長ウェンディの乗機としてアリス親衛隊のダイアナ機を換装する形で建造された。
レジオン仕様の機体は四肢がバーザムの物に変更されているなど、細部がTR計画で想定されていた物と異なっており、地上走行用のグラン・ユニットを装備する事で砂漠地帯での運用も可能。
また、火星の対地監視衛星「エレノア」とのサイコミュリンク機構を持ち、その際には後のユニコーンガンダムと同じく頭部アンテナを展開する事でガンダム・フェイスが露出する。

ハイザックⅡ

TR-6をジオン系の代替後継にした形態。ハイザックの腕とマラサイの足を接続している。
バーザムⅡと同じく高すぎる性能を意図的にデチューンし、扱いやすいようにしたもので、第2世代モビルスーツに慣れた一般パイロットに向けたアセンブリ。
武装としてウィンチキャノンとアッシマー用のライフルを装備する。

フライルーⅡ

アドバンスド・フライルーⅡのパーツを組み込み、ヘイズル用の脚部を取り付けた形態。
両腕のコンポジットシールドブースターと機体中央のウインチキャノン、拡散ビーム砲などによる長距離射撃を主観に置いた射撃モードと、コンポジットシールドブースターをクロー形態にして一撃離脱戦法を行う格闘モード二つの形態に変形可能。

ギャプランⅡ

ガンダムタイプの主力量産機化を目的に、各種パーツの評価試験用に用意された形態。
ギャプランの腕とヘイズルの足を接続し、バックパックにはシールドブースターを二基装備する。
ギャプランの名称を冠しているが、ギャプランのように尖った性能は無く、過不足の無い戦闘が可能。機体特性はむしろガンダムやジムに近い。

ヘイズルⅡ

大気圏突入能力を必要としないミッションでの運用を想定した形態。
本体の基本構成はほぼウーンドウォートだが、腰部ブースターポッドはハイゼンスレイⅡのメガ粒子砲型に換装され、そこにコンポジットシールドブースターを2基懸架している。
コンポジットシールドブースターは増速用のブースターの他、2門の高出力ビームキャノンとして使用される。

劇中での活躍

ティターンズテストチームの開発したTRシリーズの集大成として開発され、当初はエゥーゴに対する抑止力として用意されていた。
だが、グリプス戦役終盤において戦況がエゥーゴ有利に傾く中で焦りを見せたティターンズ上層部から実戦投入を命令されるが、このタイミングにおける「ガンダム」の実戦投入は疲弊した前線を更に混乱させるとして、これ以上の戦火の拡大を恐れたオットー・ペデルセンが独断でエリアルド・ハンターに同機の破壊命令を下し、エリアルドはその命令を実行すべくハイゼンスレイⅡ・ラー形態で出撃。ガンダム打倒に燃えるガブリエル・ゾラと共同でこれを破壊した。
ただし結果は同じだが、メディアによってそこに至るまでの過程が異なり、小説版では暗礁宙域へ向かい、そこでネモ三機とサラミス改一隻と偶発的に戦闘を行った後、ゾラと共に機体を破壊したが、漫画版ではペデルセンの命令に従わずグリプスⅡ奪還の為に戦線へ復帰するが、コロニーレーザー発射とガンダムが存在する事で混乱する友軍を見てエリアルドは本機を破壊する事を決意。友軍を逃がす為に奮闘し、その後小説版と同じ結末を迎えている。

戦後はティターンズによるガンダム開発の事実を隠蔽するべく連邦上層部によって機体データは抹消され、当機の詳細を知るエリアルドは口封じの為に当機に纏わる二つの罪状と、グリプス戦役開戦前に犯したとされる二つの罪状を理由として軍法会議にかけられる事になる。

ティターンズテストチームの集大成であり、三年掛りで完成した同隊の努力の成果であるが、その結末は「時代に否定される」というものであった。
しかし、グリプス戦役終結より三年が過ぎた宇宙世紀0091年、時代の闇に葬られた筈のその機体は、かつてティターンズが狩るべき対象としていたジオン残党軍の手に渡り、火星において再起動する。

備考

当機の高い性能については複雑化した機体制御を簡略化すべく搭載された準サイコミュ「強化人間人格OS」による所が多いとされる。強化人間人格OSの出自については月刊ガンダムエースに掲載された藤岡建機の読みきり「OVER THE MIND」にて語られている。
また、ハイゼンスレイ及びハイゼンスレイⅡ・ラーⅡのデザインモチーフは「ZZガンダム」および「Sガンダム」であり、「悪役の作り出した偽者」というコンセプトが織り込まれている。

外部作品での扱い

SDガンダム Gジェネレーションシリーズ

「オーバーワールド」よりハイゼンスレイⅡ・ラーが参戦。ティターンズ系モビルスーツの最終系の一つとして、ヘイズル系、ギャプラン系、ガブスレイの三つの系統から開発可能。
変形・換装、一部武装などは実装されていないが、閃光のハサウェイ以前の宇宙世紀系ガンダムでは珍しく単独で飛行が可能であり、最大射程が長く、貫通BEAM・特殊格闘武器によって防御アビリティを持つ敵に対しても対応が可能となっている。

「ジェネシス」ではウーンドウォート、インレ、クインリィ等もDLCで参戦している。
キハールⅡ、ダンディライアンⅡ、ファイバーⅡは武装やパーツ扱いの為、ユニットとしては使えないが一応参戦したことになる。

ガンダムビルドファイターズトライ

最終回にて初の映像作品へ出演。
同作の本編に登場する機体を決定する「モビルスーツ総選挙」に於いて上位10機の内に入っての出演となった。
公式では本編登場機は一機のみとして、同じく上位にノミネートされたΞガンダムの登場がアナウンスされたが、その後サプライズ的に登場し、Ξガンダムらと並び立つ姿が描かれている。

関連イラスト

RX-124  TR-6 [ウーンドウォート]

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]

ウーンドウォート



関連項目

アドバンス・オブ・Z
ティターンズ ガンダム ヘイズル キハール ダンディライアン フライルー
Sガンダム F90

pixivに投稿された作品 pixivで「ウーンドウォート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148136

コメント