ピクシブ百科事典

フライルー

ふらいるー

フライルーとは、雑誌企画『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場する可変モビルアーマーである。本稿ではそのバリエーション機についても記載する。
目次[非表示]

概要

ティターンズ・テスト・チーム(T3部隊)がギャプランを改修した機体。型式番号は諸説あるが、ORX-005 TR-5とされる。
主なパイロットはウェス・マーフィー(1号機)、エリアルド・ハンター(2号機)。

ギャプラン本体は、基本的にベース機と変わらない仕様だが、姿勢制御用スラスター(アポジモーター)が各部に増設され、頭部がヘイズル同様ガンダムタイプ(ただし1号機のカメラ・アイについては、モノアイが採用されている)の物に換装されている。
また、両腕のムーバブル・シールド・バインダー(推力36,000kg/基)を廃し、ヘイズルなどが装備するシールド・ブースター(推力22,000kg/基)へと換装する事によるデチューン(総推力24,000kg低減)を行う事で、強化人間でなくても操縦可能となった。

武装面においても、ムーバブル・シールド・バインダーに備わっていたジェネレーター直結型ビームライフルメガ粒子砲)を廃し、メインウェポンをロング・ブレード・ライフルへと変更している。

名称については、元々はTR-5[ファイバー]のコアユニットとして配備された機体であり、当初はTR-5本来の愛称である「ファイバー」や、ブレードアンテナが装備された頭部ユニットの形状から「ファイバーガンダム」などの愛称で呼ばれていたが、ファイバーから大気圏離脱・再突入用のパーツを外した機体の区別を明確にするため、メカニックマン達からの要望に応えてメインパイロットであるウェス・マーフィが「フライルー」と命名している。

1号機、2号機とも最終的には宇宙世紀0088年2月のコロニーレーザー攻防戦におけるエゥーゴとの決戦に投入され、乱戦の最中に中破。部隊の母艦であるアレキサンドリア級[アスワン]への帰還は果たしたものの、同艦の轟沈と共に失われた。

武装

ロング・ブレード・ライフル

ガンダムTR-1[ヘイズル]でテストされた複合武装。
Eパックを試験的に採用したショートバレルタイプのビームライフル(ビームピストル)に、ヒートブレードを有するロングバレルとストックを装着した形態。
ヒートブレードは余剰熱を使用して刀身を加熱するが、あくまで予備兵装であり、過度な運用は銃身の歪みが発生する為、フェールセーフティとしての運用が主となる。

シールド・ブースター

ガンダムTR-1[ヘイズル]でテストされた複合兵装。
シールドに22,000kgの出力を有するスラスターと、低可燃性プロペラントのタンク機能を持たせた装備。
本機では、ベース機であるギャプランの加速性能を下げるために用いられている。

ビームサーベル

本来の接近戦用武装。2基がマウントされており、MA形態ではサブ・ウェポンのビームガンとして使用される。

腰部スプレッドビーム砲

両腰に増設されたビーム砲。
上述のジェネレーター直結型ビームライフルを廃した事で生じた余剰出力を利用していると推察される。

バリエーション

ギャプラン TR-5[ファイバー]

「弾道軌道による敵拠点への超音速侵攻」をコンセプトにギャプランTR-5をコアユニットとし開発された拠点侵攻用可変MA。ガンダムTR-6の大型オプションパーツ「ファイバーⅡ」の前身となる試験装備。
センサー・弾道ユニット、機首ユニット、耐熱フィールドユニット、スラスターユニットと二つの複合バインダーユニットから成る追加パーツで構成されている。
旧世紀に開発された大陸間弾道ミサイル(ICBM)に類似した運用コンセプトを有しており、MA形態で地上から打ち上げられ、一度大気圏を離脱後、大気圏に再突入し地球の引力を利用することで敵が迎撃不能な速度まで加速して敵軍の拠点を強襲する。
ICBMと異なり、敵地に進入後、可変MAの利点を活かしたピンポイント攻撃が可能である。

特徴的な大型バインダーは、スラスターとプロペラントタンクの他、敵拠点の迎撃システムから機体を守るためにIフィールド・ジェネレーターや拡散ビーム砲といった能動的な防御装備が内蔵されている。また、このバインダーは拠点強襲時に機体を減速させる為のエアブレーキやMSの搭載スペースとしても利用され、2機のMSを搭載し敵地にて展開することで小隊規模での拠点制圧も可能となっている。

ギャプランと同様にMS形態への変形も可能となっているが、この状態では両肩の大型バインダーがIフィールド発生機ごと2基に分割されるため、ビームバリアを展開できなくなる。強大な推力により、このMS形態でも重力下における空中戦闘が可能なため、地上戦機を圧倒するが、総重量の大幅な増加とバインダーの干渉によって歩行はほぼ不可能になってしまう。加えて、空力学的に劣悪な形状も手伝い、空戦での運動性能はむしろ低い部類である。よって、可変機との戦いでは装備排除による[フライルー]への移行が重要となる。
ウェス・マーフィーもまた、カムチャッカのエゥーゴ基地跡において、小回りの利くアッシマーとの空中戦では不利と、素早く判断。ファイバー・パーツを惜しみ無く捨てることで、戦況の優位を取り戻している。

以上の他に、運用面での欠点として、ファイバーはは高い防御力と加速性を得た引き換えに、MAをも超える巨大な機体となってしまい、戦艦のMSデッキには入ることができず、宇宙での輸送の際には船外にワイヤーで牽引されて整備などが行われる。
加えて装備が大型、かつ推進剤容量の限界により、制圧に失敗した場合は出撃地点まで自力での帰還は不可能であり、更には仮に制圧に成功したとしても、専用の大がかりな回収部隊が必要となってしまう。
実際に運用するには非効率的な、事実上の特攻兵器であるため、試験運用の際にこれに同乗したカールをして「カミカゼアタック」と揶揄された。

バリエーション(作品外)

主に模型誌「電撃ホビーマガジン」(KADOKAWA単独刊行)において発表された機体。

ギャプラン TR-5[フライルー]フルドドⅡ装備型

カタログスペック

全高25.2m
本体重量50.8t
全備重量115.1t
ジェネレーター出力3,040kW(+410kW)
装甲材質不明
スラスター総推力不明


機体概要

ギャプラン TR-5[フライルー]にスプレット・ビーム砲とサブ・アーム・ユニットを配したスカート・アーマーと、ガンダム TR-1[ヘイズル]用の追加武装であるフルドドをベースに開発したサポートユニット「フルドドⅡ」(ジェネレーター出力410kW)を装備した「領域支配(エリア・ドミナンス)モビルアーマー」。
強化パーツ装着に対する重量増(原型機のギャプランと比較して20t増)に対応する為、シールド・ブースターをムーバブル・シールド・バインダーへと戻している。
なお、フルドドⅡはガンダムTR-6用の強化装備であり、フルドドのユニットと換装してヘイズルにも装備できる。

フルドドⅡはTR-6用大型オプションのジョイントハブでもあるので、サイコガンダムの腕部ユニットなどを接続するなど、高い拡張性を有している。

ギャプラン TR-5[アドバンスド・フライルー]

フライルーに新開発されたパーツを装着したTR-5の最終発展型。
当初これらのパーツはマーフィー搭乗の1号機に装着される予定だったが、戦線の激化による2号機の実戦配備に伴い、各々にパーツを分配した別仕様の機体として完成された。
もっとも、この計画変更も実際はエリア・ドミナンス仕様の一つであり、異なる2機の特性を活かしたフォーメーション戦術、同一機故の高い互換性による柔軟なパーツ換装等、様々な利便性をもたらす。

武装は、背部スラスターブロック上段に拡散メガ粒子砲とウェポンカーゴ、ムーバブル・シールド・バインダーに増加スラスターを、胸部中央に開放型バレルキャノンを装備。
フルドドⅡ同様、これらのパーツもTR-6との互換性を持つ。

また、1号機・2号機に分散装備された兵装を統合・装備した形態を「ギャプラン TR-5[アドバンスド・フライルー]フルアーマー形態」と呼称する。

関連項目

アドバンス・オブ・Z ティターンズの旗のもとに
ヘイズル キハール ダンディライアン ウーンドウォート
ギャプラン

関連記事

親記事

ティターンズの旗のもとに てぃたーんずのはたのもとに

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フライルー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41849

コメント