ピクシブ百科事典

ハイザック

はいざっく

ハイザック(HI-ZACK)とは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

型式番号RMS-106
所属ティターンズ地球連邦軍ネオ・ジオンジオン共和国など
開発地球連邦軍グラナダ基地、アナハイム・エレクトロニクス
生産形態量産機
全高21.2m
頭頂高18.0m
本体重量38.7t
全備重量59.6t
出力1,428kW
推力64,800kg
センサー有効半径8,900m
装甲材質チタン合金セラミック複合材
固定武装ヒート・ホークまたはビーム・サーベル、シールド、3連装ミサイル・ポッド(オプション)
携行武装ザク・マシンガン改、ビーム・ライフル、メガ・ランチャー、オプション・シールド


概要

型式番号RMS-106デラーズ紛争後に開発された地球連邦軍の汎用量産型モビルスーツ
一年戦争時に鹵獲された後期生産型ザクⅡをベースに連邦軍の開発した試作型(RX-106)を、アナハイム・エレクトロニクス社が量産向けにシェイプした機体であり、連邦系とジオン系の技術の融合を図った機体となっている。

連邦軍の機体であるにも関わらずザクに似ているのは、「モビルスーツのデザインによる敵味方に対する心理的影響」の実証を行う為…というのは建前で、実際はデラーズ紛争やガンダム開発計画の頓挫、ジム・クゥエルの開発失敗等で資金難に陥っていたため、ザク系の流用MSを発注した方が安上がりで済むからである。
連邦軍がザクの後継機を運用する事実はジオン残党軍への心理的揺さぶりに繋がったが、ハイザックの姿を見て逆に強固な姿勢を取ったジオン兵もおり、事実ネオ・ジオンはこの機体をザクの後継機と認めずにザクⅢを開発した経緯がある。
配備開始当初はその外観からパイロットの不評を買う事が多かったが、ジムⅡよりも優秀な基本性能もあって次第に受け入れられていった。

しかし、初期の機体は駆動システムをジオン由来の流体パルス方式と連邦由来のフィールド・モーター方式を無理やり併用する形にまとめてしまったため、機体稼動には問題無いレベルではあったものの、エネルギー経路の複雑化からジェネレーターの定格出力を発揮しきれないという不具合が発生。
更にそのジェネレーターについても、本来はアナハイム社がジオンと縁の深いグラナダ工廠で開発していた専用品を搭載する予定であったが、連邦軍と地球系企業の癒着によってタキム社製の連邦純正規格の物を採用せざるを得なくなり、ビーム・ライフルとビーム・サーベルを同時に運用できないという問題が生じてしまった(タキム社製ジェネレーター自体はジムシリーズやRXシリーズにも採用された実績のある高性能な物なのだが、連邦・ジオンの両方の技術が混在したハイブリッドマシンである本機とは相性が良くなかった。なお、『Z』放送当時のプラモデルでは『装備質量比』の問題としている)。
後に量産された機体でこの問題は解消されたが、装備選択の幅を狭めたという意味では汎用機として致命的とも言えるものであった。

その一方で、技術更新によって従来の機体よりもバーニアやスラスターが強化改良されただけでなく、構造材に当時最新の素材を採用したことで機体の軽量化にも成功しているため、推進剤の積載量が増加し有効稼働時間と機動力が増しており、操縦性もマイルドで機体挙動が素直だったことから現場での評価は高かった。ジェリド・メサからは「MK-Ⅱより使い易い」と評され、サラ・ザビアロフも上位機種であるマラサイから本機に乗り換えている。
また、ザクⅡをベースとしているだけあって生産性も高く、量産機としては初めて全天周囲モニター・リニアシートが採用された機体でもある。

戦後の軍縮政策によってジム系MSを使い続けた結果、性能の陳腐化や技術力の停滞・機体の経年劣化等に悩まされていた連邦軍は、前述の操縦性や機動力の高さに目をつけ、本機を主力機の1つとして量産する事を決定。ティターンズにおいても後述の先行量産型のテスト結果を踏まえて、ジム・クゥエルの後継機種として採用している。

上記の欠陥や汎用型ゆえにこれといった長所はないとされながらも、グリプス戦役において使用され続けた。

ティターンズ崩壊後は同組織で開発された機体が姿を消していく中、その機体の評価の高さからアクシズに接収された機体も多数存在しており、第一次ネオ・ジオン抗争下ではザクⅡと肩を並べた機体も存在する。
第一次ネオ・ジオン抗争後はジムⅢジェガンの導入によって一線を引いた機体が払い下げられ、ジオン共和国軍では主力機として運用、ホビー・ハイザックのように民間に売られた機体もあった。特にジオン共和国の右翼政治結社風の会」ではその外見はジオンの直系として賞賛されている。
また、ジオン系の外見からは模擬戦の仮想敵として扱い易く、『アクロス・ザ・スカイ』登場のピコ・アルティドール率いるアグレッサー部隊で運用されるなどグリプス戦役後も一定のニーズを保っている。

武装

ヒート・ホーク

ザクシリーズが使用していた近接戦用の兵装。ブレード部分を加熱することで金属を溶断する威力を発揮する。
ビーム・ライフルを使用する場合、近接戦用の武装はこちらを使用する。

ビーム・サーベル

出力は不明。腰部のラッチに1基づつ装備される。
前述の通り、本兵装を使用する場合、射撃武装はザク・マシンガン改を使用することになる。

ザク・マシンガン改

本機の主兵装の1つ。ザク・マシンガンの改修型。口径120mm。
センサーを連邦規格に変更するなどのマイナーチェンジが行われており、威力等を改善している。

ビーム・ライフル

型式番号BR-87A。出力は2.2MW。Eパック方式を使用した短銃身型のライフルで、マラサイなど他の機種の使用も可能。Eパックは増設型シールドの裏にマウントされる。

3連装ミサイル・ポッド

選択型のオプション兵装。サーベルをマウントするラッチに装備して運用される。

シールド

ザクⅡと同じく右肩に装備される固定型と左腕のラッチに装備される増設型の2種類がある。増設型のシールドは本機以外にも転用可能で、マラサイジム・ナイトシーカーの他、強行偵察型ザク百式も使用している。

メガ・ランチャー

長距離狙撃用高出力メガ粒子砲。
ハイザックのジェネレーター出力の低さから二機一組での運用が基本となり、一機が砲手を担当し、もう一機が電源としての役割を担う。
二機一組での運用の他、ハイザックの胴体部をパッケージングしメガ・ランチャーに搭載する事で単機での運用も可能となっている。
また、バーザムやマラサイなどによる運用も可能。

カラーリング

グリプス戦役では、地球連邦軍正規軍とその独立部隊ティターンズそれぞれで運用された。

地球連邦軍正規軍カラー

連邦軍仕様ハイザック


青のカラーリングのハイザックが配備された(ただし、一部はドゴス・ギアに於いても配備されている)。

ティターンズのジオン軍残党討伐機カラー

ハイザック


緑のカラーリングのハイザックが配備された。

ティターンズの別部隊カラー

ティターンズ正規のカラーリングである紺色と黒を基調に一部黄色で染めた色となっている。
ゼダンの門に配備された機体には、ハイザック・カスタムと同色のものも確認される。

ジオン共和国軍(ネオ・ジオン鹵獲機カラー)

ジオン共和国軍はグリプス戦役当時、ティターンズの傘下に置かれていたため、同軍配属機はティターンズのジオン軍残党討伐隊のものと同色である。
ダカール基地に配備されていた機体は、ダカール制圧の際にネオ・ジオンに接収されてしまい、ジオン残党への威圧のためのそのカラーリングは、皮肉にもジオン残党によって本来の意味で使用されることになる。

ジオン共和国軍カラー(宇宙世紀0096年時)

小説版のみ登場。連邦軍からの規定によって白無垢のカラーが制式となっており、ジオン・カラーに塗り替えることは一切禁止されている。映像としては未登場。

バリエーション

ハイザック試作型

型式番号RX-106
ハイザックのプロトタイプ。後述するマリン・ハイザック(MS-06M)のベース機という文字設定のみが存在していたが、雑誌・Web企画『A.O.Z Re-Boot』にて数十年越しに登場。
一年戦争後、地球連邦軍が独自に開発した機体で、この時点で開発にアナハイム社は関与していない。
ジェネレーター出力などの諸性能は量産機よりも高く、生産された機体の内の数機は、後述のハイザック[ヴァナルカンド]やマリン・ハイザック(RX-106M)のベースになっている。

ハイザック先行量産型

型式番号YRMS-106
雑誌企画『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場。
ティターンズへの正式採用に向けた評価試験を行う為に配備された機体。
詳細はハイザック先行量産型を参照。

バイザックTR-2[ビグウィグ]

型式番号YRMS-106+BL-85X
『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場。
ハイザック先行量産型に巨大なビーム・キャノンユニットを装着した実験機。
詳細はバイザックTR-2を参照。

ハイザック・カスタム

型式番号RMS-106CS
ハイザックを狙撃用モビルスーツとして改良した機体。
なお、ジオン共和国の「風の会」は本機をザクの直系としている。
詳細はハイザック・カスタムの項目を参照。

ハイザックキャノン

型式番号RMS-106C
『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場。
複数のビーム兵器を併用できないという問題を抱えていたハイザックの火力増強を目的として、バックパックをキャノン・パックに換装した機体。
詳細はハイザックキャノンを参照。

ロゼット

型式番号RX-107
『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場。
ハイザックを元にアナハイム社が開発した後継発展機。マラサイの試作機に当たる。
詳細はロゼット(ガンダム)を参照。

ハイザック[ケラウノス所属機]

型式番号RMS-106
雑誌企画『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』に登場。
アナハイム・エレクトロニクス社が反ティターンズ組織「ケラウノス」へ提供したハイザック。
主なパイロットはフォルカー・メルクス、ダニカ・マクガイア。
右肩のシールドはスパイクアーマーに換装され、白色に塗装されている他、胸部ダクトの廃止や冷却装置の増設など、作戦活動時間の延長を目的とした改修が行われた。
後に頭部が損傷した際に光学系が強化された試作パーツを取り付け改修。[アイリス]のコードネームで呼ばれ、更にジム系のセンサーを装着した頭部に換装した[エピテンドルム]へと再改修された。
武装携行武装として専用の155mmマシンガンランチャーを装備する。

ハイザック[ヴァナルガンド]

型式番号RX-106E
『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』に登場。
オークランド研究所で開発された、強化人間用次世代機の為のテストベッド。
詳細はヴァナルガンド(ガンダム)を参照。

マリン・ハイザック

水中用ザク


型式番号MS-06MMSM-01)。
連邦軍が接収したザク・マリンタイプの改修型。
詳細はマリン・ハイザックを参照。

マリン・ハイザック(RX-106M)

型式番号RX-106M
『A.O.Z Re-Boot』に登場。
ハイザック試作型をベースにザク・マリンタイプと同規格の水中用装備を装着した機体。
アクア・ハンブラビIIと合体することで「アクア・ハイザック」(型式番号RMS-106M2)と呼ばれる形態も取ることができる。
詳細はマリン・ハイザックを参照。

ハイザック・サウスポー

型式番号RMS-106
ムック『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』に登場。
地球連邦軍で運用された、サウスポーのシステムを持つハイザックの改修機。
基本的には連邦軍仕様のハイザックと同仕様だが、腕が左右逆に取り付けられた「左利き」仕様となっている。

アイザック

型式番号RMS-119
アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』及び『機動戦士ガンダムUC』に登場。
ハイザックの偵察用仕様。頭部と一体化したロト・レドームが特徴。
詳細はアイザック(ガンダム)を参照。

ハイザック レジオン所属機

型式番号ARZ-106HZ
『A.O.Z Re-Boot』に登場。
火星ジオン残党軍レジオン」が運用するハイザック。ティターンズから脱走した部隊が同組織に持ち込み、火星環境下での運用に則した改修を施した上で主力機として運用された。
型式番号はレジオンで運用されるにあたり更新され、機体のカラーリングも組織のシンボルカラーである赤と黒を基調とした物に変更されている。
火星のアルカディアプラントで新たに生産された機体も多く運用されている。
不具合の改修だけでなく近代化改修も行われ、ビーム兵器の複数運用が可能となっている。
また、フルドドⅡやグランユニット等のTR強化パーツを装着しての運用も行われている。
レジオン所属機の最大の特徴は通常型と軽装型の二種類が存在する点があげられ、軽装型はマラサイのバックパックを装備し脚部外装ユニットを取り外し運用する。
軽装型はレジオン総統アリシア・ザビの意向によって火星での飛行行動が禁止されている事から用意された機体であり、主に暴徒鎮圧や「ウサギ狩り」後の機体回収任務などに使用される。
また、通常型はバックパックのスラスターユニットを取り外し、ヒート・トライブレードを装備している。

ローザック

型式番号ARZ-106
『A.O.Z Re-Boot』に登場。
レジオンの運用するハイザックの中で、老朽化して戦闘に適さなくなった機体を作業用に改修したもの。
詳細はローザックを参照。

ホビー・ハイザック

型式番号RMS-116H
アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するレジャー用ホビー・モビルスーツ。
用途廃止となり民間に払い下げられたハイザック。
詳細はホビー・ハイザックを参照。

ガンダムTR-6[ハイザックII]

型式番号RX-124ARZ-124HZ2)。
『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場。
ハイザックなどの後継機として計画された、ガンダムTR-6の形態のひとつ。
腕部はハイザックのものをそのまま装着している。
詳細はガンダムTR-6を参照。

にせガンダムMk-II

型式番号RMS-178
SDV』に登場。
バーザム開発のための実験機として、ハイザックにガンダムMk-IIのデータをインプットしたもの。
元はにせガンダムの仲間として設定されたキャラクター。

G・ザック(グランド・ザック)

型式番号PCX-005
雑誌上のパロディ企画『機動戦士Oガンダム 光のニュータイプ』に登場。
大型アタッチメント・パックを装備したハイザックの重武装強攻型。
宇宙空間での機動性はハイザックの1.5倍に達し、装甲材もガンダリウム合金に更新されている。
その性能が高く評価され、ティターンズなき後に新生エゥーゴ、スーパー・ジオンの二大陣営双方で主力機として用いられた。

関連する機体

ゼク・アイン

形式番号RMS-141
モデルグラフィックス」誌の雑誌企画『ガンダム・センチネル』に登場。
ザクⅡを参考に設計思想をもう一度採用することで、汎用性を取り戻し、新世代の汎用量産機を目指すというコンセプトで開発されていた次世代MS。
この機体を参考に、ハイザックⅡが開発される事となった。
詳細はゼク・アインを参照。

ザクⅢ

型式番号AMX-011
『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場。
ネオ・ジオンが運用したザク系MS。
開発動機のひとつにハイザックの存在があり、連邦製のハイザックに反感を抱いたアクシズのジオン系技術者によって、「ザクの正当な後継機」として開発されたという。
詳細はザクⅢを参照。

ガンプラ

放送当時に1/1441/100が発売(旧キット)。1/100にはジェリド・メサのミニフィギュアが付属。何れも緑主体のティターンズカラーでの発売。
当時発売されたキットの上腕部ケーブル部分は組みにくく、また立体整合性もあやしげなことから、後年発売のHGUCMGでは処理や解釈が大幅に異なる。
また、放送当時発売の武器セットにはハイザック用のビームライフル、ビームサーベル、ヒートホーク、ミサイルポッドが付属している(成型色はグレー)。
1/144のHGUCでは緑主体のティターンズカラーの他、青主体の連邦軍カラーも発売。何れも武器はザク・マシンガン改とシールドのみ、MGではティターンズカラーのみ発売だが、各種武器が付属している。
一方、SD関係のガンプラはSDガンダム成立以前のひょうきんモビルスーツ時代のロボチェンマンカワルドスーツのみであり、SDガンダムとしてはBB戦士元祖SDガンダムでは発売されていない。

玩具フィギュア

ハイコンプリートモデルではティターンズカラー(緑)と、遅ればせながら「新約Z」上映時に連邦軍カラー(青)が発売。
ハイコンプリートモデルプログレッシヴでは、緑のティターンズカラーのみ発売だが、サラ・ザビアロフ投降時の白旗やヒルダ・ビダンが入れられたカプセル等の変化球が入った付属品がある。
モビルスーツインアクションでは、ティターンズカラーと連邦カラーが通常で発売。MG同様に各種武装が全種類付属という充実ぶりだった。


関連イラスト

ハイザック
ハイザック


関連項目

機動戦士Ζガンダム
ジェリド・メサ カクリコン・カクーラー

原型機

ザク ザクⅡ

後継主力量産機

マラサイ

関連機(ジオン純製)

ザクⅢ ギラ・ドーガ

宇宙世紀外シリーズ

ストライクダガー アヘッド グレイズ
レギンレイズ:ハイザックの後輩

関連記事

親記事

ティターンズ軍のMS てぃたーんずぐんのもびるすーつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイザック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212284

コメント