ピクシブ百科事典

イフリート(ガンダム)

いふりーと

SFCゲーム『機動戦士ガンダムCROSSDIMENSION0079』に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

機体解説

型式番号の通りグフドムの中間に位置するモビルスーツ
ジオン軍で唯一計画立案から生産まで全てが地上で行われたMSである。
開発はツィマッド社が担当し、設計の段階から地球侵攻軍の意見が反映されている。
特に陸戦での機動力と格闘性能を追求しており、近距離戦用の機体であるグフにホバリングによる高速移動能力を付与しているなど、そのコンセプトもグフとドムの中間にあると言える。
しかし、機体性能は良好であったが制式採用には至らず、生産数も8機のみにとどまっている。
量産されなかった理由としては、ジオン軍官僚が宇宙至上主義であったためとも、カスタムメイドに近い設計から生産性が低かったからとも言われている。
なお、「MS-08」という型式番号を持つ機体にはイフリートとは別に高機動型試作機が存在しているが、これらとは直接の関係はない。

主なパイロットはヘンリー・ブーン中尉、ダグ・シュナイド大尉。
ヘンリー機は青、シュナイド機は紫で塗装されている。
なお、ヘンリー機はイフリート8機のうち4番機、シュナイド機は5番機とされているが、その他バリエーション機が何番機かは語られていない。

武装

ヒートサーベル

ヘンリー機が使用した本機の専用装備。グフの物と似ているが、鍔など細部の形状が異なり実際には別モデルとなる。
日本刀に近い形状を持ち、非使用時は左腰に懸架されたホルスターに収められる。
バリエーション機であるイフリート改はこれを二本装備する。

ショットガン

ダブルオーバックシェル42mm散弾を発射する散弾銃。
一説にはケンプファーの使用した物と同一モデルとも、専用に設計された装備とも言われている。

頭部バルカン砲

ジオン系モビルスーツとしては珍しい、頭部に搭載されているバルカン砲。
戦闘ではあまり使用される機会は無かった。

ジャイアント・バズ

シュナイド機が使用。
ドムリック・ドム等が使用した物と同一モデル。
ロケット推進の360mm実体弾を発射するモビルスーツ用のバズーカ。

3連装35mmガトリング砲

シュナイド機が使用。
グフカスタムが装備していたものと同一の中・近距離戦用武装。

ヒート・ランス

シュナイド機が使用。
シュナイドの戦闘スタイルに合わせる形で装備された長斧状の大型格闘兵装。
非使用時は折りたたんで携行出来る為、射撃戦に於いても行動を妨げない。
ドム高機動試作機の武装に「ヒート・ランサー」なる酷似した武器があるが、関係は不明。

スモーク・ディスチャージャー

各部に装備されている発煙弾発射機。
搭載数は四基。

機体データ

型式番号MS-08TX
所属ジオン公国軍
生産形態試作機
全高18.1m(頭頂高:17.2m)
重量50.4t
出力1,072kw
推力67,000kg


バリエーション

イフリート改

EXAMシステムを搭載した試作機。
詳細はイフリート改を参照。

イフリート・ナハト

各種ステルス機能を強化したバリエーション機。
詳細はイフリート・ナハトを参照。

イフリート・シュナイド

一年戦争後、残存したシュナイド機を16年の歳月をかけて改修を加え続けた機体。
詳細はイフリート・シュナイドを参照。

関連項目

グフ ドム イフリート改 イフリート・ナハト イフリート・シュナイド
死にゆく者たちへの祈り:初出作品

pixivに投稿された作品 pixivで「イフリート(ガンダム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5779

コメント