ピクシブ百科事典

グフカスタム

ぐふかすたむ

OVA『機動戦士ガンダム第08MS小隊』に登場する、架空の機動兵器。
目次[非表示]

型式番号:MS-07B3 から設定資料によってはB3グフと呼称する事もある。
搭乗者はノリス・パッカード
ちなみに、公式表記は「グフ・カスタム」と中黒が入る。

機体説明

ジオン地球侵攻の要として投入されたグフだったが、配備が進むにつれ、白兵戦を重視したコンセプトのため攻撃範囲が狭い、また白兵戦を想定してのバルカンの固定武装化が災いし、汎用性に欠けるなど前線での運用に不便な点が浮上した。
そこでグフを全面的に見直し、固定武装を廃して射撃武装を着脱式とし中近距離射撃能力を向上させた機体として再設計した機体がグフカスタムである。
開発にはMS-07H-8グフフライトタイプと同じパーツを用いて行われたとも言われ、外観にも共通点が多く見られる。

グフでは左手に5連装75mmフィンガーバルカンを装備していたが、グフカスタムでは通常のマニピュレーターとし、前腕部に脱着可能な3連装35mmガトリング砲を装備した。
また、小型化されたシールドには6銃身75mmガトリング砲を追加することで中距離の射撃能力を強化するとともに、近接戦時には排除することで白兵能力の低下を補った。
更にグフの特徴的な装備である右腕のヒートロッドは材質を強化しワイヤー型とすることで小型化し射程距離を延長(最長17.5m)、それに伴い溶断機能を廃し放電のみとし、先端を鈎爪(アンカー)状とした(これらの変更点からヒートワイヤーとも呼ばれる)。
シールド裏には格闘戦用のヒートサーベルが装備されている。

劇中での活躍

劇中では、ジオン東南アジア方面軍アプサラス基地所属のノリス・パッカード大佐が搭乗し、ヒートワイヤーを用いてジェット・コア・ブースターと空中戦を演じた。
その後ザンジバル級の病院船ケルゲレンの脱出を支援するため、本機を駆って再度出撃。
陸戦型ガンダム量産型ガンタンク3機ずつを単機で相手にするという不利な戦いであったが、建造物とヒートワイヤーを最大限に利用した立体的な戦法で、瞬く間に量産型ガンタンク2機を撃破
陸戦型ガンダム2機を手玉に取り、一時はガンダムEz8を戦闘不能に陥らせるなど、圧倒的な強さを見せる
最終的には再起動したEz8と一騎打ちの状況になり、ビームサーベルの一閃を受けて撃破されるものの、ひきかえにバルカンで最後の量産型ガンタンクを撃破。ケルゲレン脱出の障害となり得る長距離火器を全て沈黙させることに成功。
その鬼神の如き活躍の描写は作品中でも際立っており、主人公のシローをして「負けた…」と言わしめた。

尚、本機は一定数量産がなされていたようであり少なくともオデッサ防衛戦とジオン本国にて勃発した首都防衛大隊クーデター軍にて確認されている。
前者はダブデ級陸上戦艦の護衛に就いており、連邦軍の陸戦強襲型ガンタンクとの戦闘で撃破されている。
後者は一年戦争末期、連邦軍がア・バオア・クー攻略戦を展開中にアンリ・シュレッサー少将麾下の首都防衛大隊がジオン本国首都にて突如武装蜂起を開始。少将麾下のエースパイロットであるランス・ガーフィールド中佐が白く塗り替えたグフカスタム、通称「ヴァイス・ローゼ」を運用しているのが確認されている。
ランス中佐自身は過去の戦闘で片腕を失っているにも関わらず、MS戦ではヒートサーベル二刀流というスタイルであり、元来の操縦技術も卓越している事から模擬戦にて当時最新型のザクFZ型を戦闘不能に追い込んでいる。
本機は首都防衛大隊の主力として行動し、ジオン親衛隊所属のエリック・マンスフィールド中佐麾下のMS部隊と交戦。親衛隊のリックドム2機を撃破した後ガルバルディαと死闘の末撃破されている。

関連イラスト

MS-07B-3 グフ・カスタム
「怯えろ!!竦めぃ!!」のとこw
怯えろォッ!竦めェッ!MSの性能を活かせぬまま死んでゆけェッ!!
グフカス


関連タグ

グフ ノリス・パッカード グフフライトタイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「グフカスタム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 464541

コメント