ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:速水奨

人物像

ジオン公国の技術将校で、階級は少将。27歳。アジア方面軍新兵器開発秘密基地指令。
かつてのジオンの名家「サハリン家」の当主で、アイナ・サハリンの兄。

かつてのサハリン家は政治的な発言力も高い高名な貴族であり、ギニアスが15歳の頃までかなりの勢力を持っていたが、何らかの理由により急激に没落した。繁栄期には何不自由ない裕福な暮らしを送っており、ザビ家とも縁が深かったと思われる。

ギニアス自身は深刻な病に冒されていて、一説によると12歳の頃に宇宙線を浴びる爆発事故に遭い、それによって不治の病に冒されたという。それが妹アイナを庇う形であったことから、アイナは兄に負い目を感じて献身するようになった。劇中では服薬している姿が見られ、終盤には精神をも蝕むものだったようである。この病もサハリン家没落の原因と考えられている。
また、ギニアスが最終話で母親が何らかの恋愛事情で自分たち兄妹を捨てた、と受け取れる発言をしている事から、この事もサハリン家の没落とギニアスの人格の歪みに影響していると思われる。彼のアイナに対する異常な感情はそれを物語っている。

地球連邦軍総本部・ジャブロー強襲を目的としたモビルアーマーアプサラス」の開発責任者であり、チベットのラサ近郊に存在する秘密基地にて開発に打ち込んでいた。アプサラスを完成させる事がサハリン家再興の夢を叶える唯一の手段と考え、常軌を逸した執念を見せる。

軍務は不得手で、副官であるノリス・パッカード大佐にほぼ任せきって、自らはひたすらアプサラスの開発に専念していた。また、実妹のアイナを自分の夢(サハリン家再興)成就のための「道具」と見ている節もあり、アイナをテストパイロットとして高機動型ザクやアプサラスに搭乗させている。しかし、アイナが連邦兵シロー・アマダと行動を共にしていた事実を知り、あまつさえ自分の前で臆せず理想論を語るに及び、実妹アイナに対し疑惑と憎悪の念を募らせていく。

物語終盤、ついにアプサラスⅢを完成させ、開発停止を上層部に申し出ようとした旧友ユーリ・ケラーネ爆弾で謀殺、更に開発スタッフを完成パーティーの席で全員毒殺し、基地の全てを自分の管理下に置く。そして、ノリスを失った悲しみに囚われたアイナの操縦するアプサラスの後部座席に乗り込み、秘密基地を取り囲んでいた地球連邦軍部隊の迎撃に当たるが、一時休戦を連邦軍へ呼びかけるアイナに業を煮やし、自らの操縦によって攻撃を開始。投降を勧めるアイナを拳銃で撃って機体の外に放り出した。

だがアイナは、懐中時計が銃弾を防ぎ生存しており、また連邦軍は即座に報復に転じ、ジム・スナイパーの狙撃で完成したばかりのアプサラスⅢは早くも航行不能に陥った。
最後はシローとアイナの乗るガンダムEz8と相討ちになり、コクピットをEz8の右腕で潰されて死亡した。
しかし寸前に放ったメガ粒子砲により、ガンダムEz8は大破。また、山肌を焼いて貫通したビームは連邦軍の指揮官イーサン・ライヤーの乗るビッグトレーを直撃した。

Gジェネレーションアドバンスにおけるギニアス

原作どおりアプサラスⅡを開発、アイナを乗せる。
続いてアプサラスⅢを開発し、ジャブロー殲滅の夢を叶えるべく自らアプサラスⅢに乗り込み、ジャブローへ突入。
迎撃に赴いた主人公たちの部隊によって撃破されたが、しれっと生存。
アプサラスⅢは自分が設計したのだから脱出も容易だったらしい。
その後、アプサラスⅢを発展させ60メートル級の巨大兵器『グロムリン』を開発。同時にアプサラスⅢを量産するという偉業をやってのけた。戦いは数だよ兄貴!
それだけでなく、グロムリンをさらに発展、グロムリン・フォズィルを開発。
そこにナノマシンDG細胞による自己修復能力に、Iフィールドソーラ・レイ並みの火力を持った最強のモビルアーマーで、ア・バオア・クー一撃で粉砕。
しかし、彼の暴走は止まらず、傘下に入ってきたシーマの海兵隊とともに地球を支配するべく動き始める。
グロムリン・フォズィルの高性能さと搭乗者であるギニアス自身の能力の高さが相まって非常に強力なラスボスとなっている。

関連タグ

08小隊 マッドサイエンティスト ラスボス
アイナ・サハリン ノリス・パッカード シロー・アマダ アプサラス
グロムリン

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム第08MS小隊 きどうせんしがんだむだいぜろはちえむえすしょうたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギニアス・サハリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15559

コメント