ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

解説

CV:井上喜久子

劇中の設定年齢:20歳。


ジオンの名門サハリン家再興のため、技術将校である兄・ギニアスを献身的に支える健気で優しい女性で、本作のヒロイン。

その一方で、窮地に追い込まれても挫けない強い意志も併せ持っている。

サハリン家に仕えてきたノリス・パッカードの見立てでは、彼女は父に似ているという。

正規軍人ではないが、ギニアスの意向により実質士官待遇で作戦に参加している。

主にテストパイロットの担当だが、操縦技術は悪くなく、専用のノーマルスーツ、ヘルメットが用意されている。

メインヒロインだが3話のみ未登場で、アイキャッチのみの出演だった。


劇中での活躍

宇宙で高機動試験型ザクに搭乗し、稼動実験中にテリー・サンダースJr.が所属する連邦軍の哨戒部隊と遭遇。

サンダース機以外を殲滅後、更にシロー・アマダの乗った先行量産型ボールと交戦、双方大破して宇宙で遭難する。

お互い漂流していたマゼラン艦の残骸に辿り着き、残骸内での銃撃戦を行い一時拘束され死を選ぶが、二人で協力し生還するように説得され和解。合図を送りそれぞれ友軍に救助され難を逃れる。

聞いていた連邦兵と印象と違い、風変わりな敵の士官シローへの恋心が芽生える。


地球降下後は、ギニアスを支えるため、ギニアスが完成を目指すアプサラスのテストパイロットに志願、テスト飛行を行っていた。

08小隊とは遭遇の度に交戦していたが、この時はシローの存在は知らなかった。


しかし、ノリス不在で射爆場をテスト飛行中、「謎の巨大兵器」捕獲のため罠を張っていたシローの第08小隊の策に嵌まったアプサラスⅡは、被弾の影響でミノフスキークラフトが暴走、機体に張り付いたシローの陸戦型ガンダムもろとも遠方へ飛び去り、雪山に不時着。遭難してしまう。

凍死しそうなシローを救い出し、互いに想いを告白。

両手が凍傷にかかったシローに代ってガンダムを操縦し、出力最弱のビームサーベルで雪を溶かして沸かした即席の露天風呂に一緒に入浴するなど、この頃から2人は完全に恋人関係になる。


ノリスの捜索により救助され帰還。

この時、兵士から連邦兵のシローについて聞かれた際は「消しました」と素っ気ない態度を見せていたが、実際は想いを捨て切れずにはいられなかった。


帰還後は遭難中に連邦兵シローと共にいるところを撮影されていたため、兄ギニアスから詰問を受ける。

アイナは奇しくも同時刻に審問会で証言するシローと同じ言葉を主張。ギニアスの冷笑を浴びると共に兄妹で互いに不信感を抱くようになる。

兄への疑念と嫌悪感はラサ基地内の兵に対する投薬治療の杜撰さ、アプサラス開発スタッフ全員の殺害を知るに至りピークに達する。

ユーリ・ケラーネの主張するアプサラス計画の中止が命令されて以降はそれに同調してギニアスに訴えるが、敢えなく却下される。


物語終盤、オデッサから多くの敗残兵が逃げ込んできたことによってラサに存在していた秘密基地の所在が露見し、地球連邦軍の物量にモノを言わせた総攻撃が始まる。

アイナは完成したばかりのアプサラスⅢのパイロットとして病状の悪化したギニアスと共に乗り込み出撃する。

優しい性格のアイナには威嚇以上の意思は無く、ただ傷病兵の乗った病院船ケルゲレンが宇宙へ脱出するまでの時間稼ぎのつもりで一時休戦を連邦軍のイーサン・ライヤー大佐へ呼びかける。

突然の休戦の申し出に困惑する連邦軍を信用させるため、彼女はアプサラスのコックピットを開け身を挺しての説得を試みた。

それが功を奏しライヤー大佐は休戦に応じたかに見えたが……実のところ全く信用されておらず、ジム・スナイパーを準備させていた。

一方、アイナが操縦席を離れた隙に、アプサラスの全てのコントロールを支配下に収めたギニアスは自らアプサラスを操縦、連邦MS隊を焼き払ってしまう。

その報復措置として病院船もジム・スナイパーにより撃墜。


アイナは怒りに燃えて復讐せんとするが、メガ粒子砲を放つ寸前にシローのEz8が視界に入り我に返る。

自身のおかれた立場を改めて理解して遂には投降を迫る。

しかし、ギニアスの狂気の銃弾に倒れ、そのまま開放したアプサラスのコクピットから転落してしまう。


だが、アイナが胸に忍ばせていた懐中時計で銃弾が防がれ、更にシローの乗るガンダムEz8の手に受け止められた事で奇跡的に一命を取り留める。

シローから「兄さんを殺す」と主張されてギニアスと決別。そして、シローと共にEz8で特攻をかけ、ギニアスもろともアプサラスを撃破。

もつれ合って火口に落下した際にアプサラスの爆発炎上に巻き込まれ、二人はMIA(戦闘中行方不明)になる。


後日談が描かれた『ラスト・リゾート』にて、キキとミケルによる捜索の末に、ラストで片脚を失くしたシローと彼の子を身籠ったアイナが2人でひっそりと山奥の小屋で生活を営んでいる姿が描かれている。

なおこの時の彼女を臨月とすると、身ごもった時期は雪山で遭難した時になる。


主な搭乗機体

高機動試験型ザク

アプサラスⅠ〜Ⅲ


関連イラスト

なんかザクの日って聞いたんでセンシティブな作品

センシティブな作品アイナさん


関連タグ

機動戦士ガンダム第08MS小隊 08小隊 シロー・アマダ ギニアス・サハリン ノリス・パッカード

アプサラスⅡ アプサラスⅢ


メインヒロイン 善人 ガンダム三大聖女


カップリングタグ

シロアイ


関連人物

土田晃之:娘の愛日菜(あいな)の名前は彼女からとった。

アイラ・ユルキアイネン:素性を隠すため、偽名として「アイナ」と名乗ったことがある。

アイナブリッジ大佐某有名巨大掲示板発祥の下ネタ。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム第08MS小隊 きどうせんしがんだむだいぜろはちえむえすしょうたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1590491

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました