ピクシブ百科事典

ユーリ・ケラーネ

ゆーりけらーね

ユーリ・ケラーネとは機動戦士ガンダム第08MS小隊に登場するジオン公国の将校である

概要

声優は上恭ノ介
機動戦士ガンダム第08MS小隊にて、ガルマ・ザビ大佐率いる地球方面軍所属、欧州方面制圧軍の
指揮官として登場、階級は少将

地球降下作戦最初期の攻撃目標であるオデッサ攻略作戦より参戦、
欧州方面制圧軍としてヨーロッパ一帯の制圧に貢献する。
その後、ジオン軍は地球上の主要都市の大半を手中に収めるも、連邦軍のV作戦による新型モビルスーツガンダムの活躍や、急速的に行われた地球侵攻作戦が裏目に出てしまい、
ジオン軍は序々に押されてゆく。

そしてこの戦争のターニングポイントであるオデッサ作戦が実行され、ヨーロッパが再び戦場になると、
ジオン軍指揮官として防衛線に参加する。
敗北が決定的になると、旧友であるギニアス・サハリンを頼るべく欧州を脱出する。
この際に追撃する連邦軍を振り払う為に南極条約で禁じられた核兵器を用いたという説がある。
(本人曰く「ただの気化爆弾」と言っているが、モビルスーツが蒸散するほどの爆発力とその後の衝撃波の規模から核兵器であることは確定的である)

欧州を脱出するも逃亡先のギニアスには自軍の位置を悟られるとして難色を示され、ギニアスの本拠地であるラサ基地に向かっているということからギニアスの怒りを買い決別される。
それでもなお旧友の自分を助けてくれると信じ、欧州からギニアスの軍がある東南アジアへと移動、別働隊のガウ攻撃空母が第08MS小隊と遭遇する・シロー・アマダの搭乗するガンダムEz8に追撃されるなどのアクシデントがあるが、前者は先手を取っていたためシローとの駆け引きで離脱、後者は奇襲と心理戦をしかけて時間を稼ぎ離脱したため、人員・兵器共に軽微な損害で離脱することに成功している。

無事にラサ基地へとたどり着くも、ギニアスは先行していた秘書への尋問を行い、ユーリがアプサラス開発計画の中止命令の要請を行おうとしていることを聞き出し、その口封じの為に基地入り口に仕掛けられた爆弾により謀殺される(皮肉にも、この時の爆煙によってラサ基地の位置を知られてしまう)

人物

細かい事を気にせず、軍服を着崩すなど豪快な性格で豪放磊落という言葉が似合う人物である。
部隊では部下思いの司令官で隊員からの信頼も厚く、指揮官としての能力も高い。
またこの戦争に対して自分なりの考えを持っており、地球圏を奪還しようとする連邦軍に対して、
「未来の無い玉ッコロにしがみ付いていろ」と漏らしている。
また彼には女性秘書(愛人とも)が付いている。当時指揮官に秘書が付く事は高位の指揮官しか
許されてはおらず、彼がジオン軍の中でも上位の指揮官であったと言われている。

もっとも、旧知のギニアスには悪く言えば「無遠慮」なその性格を疎ましく思われていたようで、結果として友人扱いはほぼケラーネの側のみの一方通行であった。
また、ギニアスの妹であるアイナもケラーネのことは苦手であった模様。

pixivに投稿された作品 pixivで「ユーリ・ケラーネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 407

コメント