ピクシブ百科事典

陸戦型ジム

りくせんがたじむ

RGM-79[G] 陸戦型ジム(りくせんがたジム)は、OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』、『機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線』に登場する架空の兵器(モビルスーツ・MS)。 本項では当機のバリエーション機についても解説する。
目次[非表示]

機体データ

型式番号RGM-79[G]
所属地球連邦極東方面軍第1機械化混成大隊(コジマ大隊)MS第1中隊第02小隊、03小隊、同MS第2中隊05小隊、07小隊など
地球連邦・陸軍省
生産形態量産機
全高18.0m
頭長高18.0m
本体重量53.8t
全備重量66.0t
出力1,250kW
推力49,000kg
センサー有効半径6,000m
装甲材質ルナ・チタニウム合金
固定武装ビームサーベル2振
携行武装ビームライフル、100mmマシンガン、ラージシールド、ショートシールド、ロケットランチャー、6連装ミサイルランチャー


機体説明

地球連邦軍の先行試作量産型モビルスーツ先行量産型ジムの陸戦仕様。
ガンダムの実働データが入手できる以前に陸軍主導で開発された機体で、地球連邦軍におけるMSの量産化計画では最初期に開発された。
量産ラインは陸戦型ガンダムのものを流用しており、外見も似ている。このため、後にガンダムの稼働データが入手できてから開発・量産されたジムとは、名前は同じとはいえ仕様が大きく異なっている。
ある程度限定された環境での運用しかできなかったため、最前線とは言い難い東南アジア戦線において主に投入されたが、戦争終盤においてはオデッサ作戦などにおいても投入された。
シールドは基本的に陸戦型ガンダムと同型のショートシールドを装備しているが、オデッサ作戦に投入された機体の多くはジムと同型のものやその十字紋章が無い廉価モデルといった所謂ラージシールドの類を多く装備していた。

陸戦型ガンダムとの差異は、問題があった胸部バルカン砲およびマルチランチャーのオミット、バックパックがガンダム型(サーベルラックの箇所には蓋がされている)になっていること(陸戦型ガンダムと同じフォーク式バックパックを装備した機体も存在し、ゲームではウェポンラック仕様と呼ばれる事も)など。携行武装は陸戦型ガンダムと同じ物が全て使用できるが、ビームライフルだけは劇中で使用しているにも関わらずゲーム作品では使用できないと設定されている事が多い。
資料によってはジェネレーターが低出力な物に変更された、あるいはビームサーベルのみにジェネレーターの使用を限定されていると記載されている。
装甲材はガンダムと同じルナ・チタニウム合金を採用し、地上用にチューンされた仕様も相まって東南アジア戦線やオデッサ作戦などに投入され、高い戦果を挙げる。
しかし、装甲の高いコストが生産性を低くし、後の正式量産機であるジムでは装甲をチタン系合金へ変更する事になる。

陸戦型ガンダムとは生産ラインや設計を共有しているという事もあって装備規格に互換性があり、また陸戦型ガンダムとは違い連邦軍初の本格的に量産された機体という事もあり予備パーツも豊富に存在した。その為、専用パーツのストックの少ない陸戦型ガンダムに部品を提供することもあった。
代表的なものとして、カレン・ジョシュワ搭乗の陸戦型ガンダムがアッガイとの戦闘で頭部を破壊されて以降、代わりに陸戦型ジムのそれを取り付けた例が挙げられている。

なお、本機は「ジム陸戦型」とも呼称されるが、RGM-79F陸戦用ジムとは別種の機体である。

バリエーション

ジム・スナイパー

陸戦型ジムのスナイパー仕様。
詳細はジム・スナイパーを参照。

宇宙戦仕様

空間戦闘用にチューンされているEタイプと呼ばれる機種。
詳細は先行量産型ジムを参照。

ブルーディスティニー0号機

コミカライズ版『機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー』に登場。
陸戦型ジムをベースにしたEXAMシステム稼働試験機。
詳細はブルーディスティニーを参照。

陸戦型ジム【ステルス】

コミカライズ版『機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー』に登場。
ブルーディスティニー1号機の胸部ユニット換装機能(漫画オリジナル設定)をフィードバックされており、ダクトに排熱を抑える蓋が設けられている。また、左側頭部にブレードアンテナが増設されているのも特徴。
塗装は黒いステルス塗料が用いられており、さらに遮音遮熱マントを羽織ることによりその隠密性を向上させることができる。

ガンプラ

OVA展開当時に発売された1/144旧HGの08小隊シリーズにおいて「陸戦型ジム」として単品で販売。武装はマシンガン、ビームサーベル、ショートシールド、ロケットランチャー、6連装ミサイルランチャー。
後に成形色変更を変更しロングレンジ・ビームライフルを追加したジム・スナイパーが販売された。

1/100では2001年に陸戦型ガンダムの仕様変更でMGが発売された。武装はマシンガン、ビームサーベル、ショートシールド、6連装ミサイルランチャーの他にビームライフルとロングレンジ・ビームライフルが付属する。
こちらも仕様変更でジム・スナイパーが発売されたが、既にロングレンジ・ビームライフルが付属しているのでただの成型色変更…という訳でもなく、ロングレンジ・ビームライフル用の設置型ジェネレーターと新規設定の増加ジェネレーター内蔵式大型バックパックが付属する。

HGUCでは当初陸戦型ガンダムから追って商品化されることはなく、HGUCHG(ハードグラフ)の『陸戦型ガンダム地上戦セット』にジムヘッドを再現する頭部パーツが付属するのみであったが、2017年にようやくHGUC化と相成った。武装はマシンガン、ビームサーベル、ショートシールド、ロケットランチャー、ネットガンが付属。
このキットの関節構造は後にリバイブ版の陸戦型ガンダムブルーディスティニーシリーズ、更には初キット化となるピクシーにも流用されていくこととなる。
しかしこのキットはトリガーに指をかけたハンドパーツが無い他、ムック『マスターアーカイブ』の画稿に合わせた(当時の世代には見慣れない)ハイディテールかつ小顔な造形が顕著に目立っており、賛否の分かれるキットとなっていた。それを受けてか陸戦型ガンダムは設定画上陸戦型ジムと同じパーツもディテールを減らされており、パーツ追加キットの『陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)』には6連装ミサイルランチャーの他にアニメに寄せた新規造形のジムヘッドが付属している。
過去にプレミアムバンダイ限定で成形色を変更しロングレンジ・ビームライフルを追加したジム・スナイパーが発売されていた。

ゲーム出演

地球連邦軍のMSとしては早期に開発されたことから外伝作品など多くのゲームに参戦している。
ストーリーなどでは初期機体として登場することも多い。
連邦vsジオンDX〜ガンダムvsZガンダム間のVSシリーズにも陸戦型ガンダムと共にゲスト出演した。

ガンダムオンライン

最初は低コストの支援カテゴリの機体として登場。初期機体のジム・トレーナーと比較するとミサイルランチャーを持つことで前線支援を担えるようになっているが、装備するとその分支援機固有の兵装は持てなくなってしまう。
のちに強襲装備とスレイヴ・レイス隊仕様(強襲)のバリエーションが登場。前者はミサイルランチャーや180mmキャノン、後者は二刀流サーベルを持つのが特徴。

バトルオペレーション

低コストの汎用機として登場。射撃補正が優れているが反面格闘を補助するスキル「高性能バランサー」を保有せず、格闘戦は苦手。
基本的にはロケットランチャーとハンドグレネードでダメージを出していく機体となる。
支援機としてWR装備の機体も登場。こちらはスキルや機体性能では陸戦型ガンダムのWRの低コスト互換機となるが、火力だけは同等かそれ以上のものを持つ。

続編のバトルオペレーション2ではコスト150から汎用機として登場。
高性能バランサーが付与されてバズ格のコンボがやりやすくなったので前線での運用も可能になった。
実装当初からはルナ・チタニウムの使用を無視したような低耐久力とスピードの遅さがネックだったが、調整によりHPと対実弾補正、スピードが向上。加えて「強化タックル」のスキルが追加され、元よりタックル火力増加の効果を持つシールドと合わせて高いタックル火力を持つようになった。

関連イラスト

陸戦型GM
RGM-79〔G〕



関連タグ

機動戦士ガンダム第08MS小隊
ジム 陸戦型ガンダム ガンダム

もしかして

陸戦用ジム

関連記事

親記事

ジムシリーズ じむしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「陸戦型ジム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「陸戦型ジム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 260686

コメント