ピクシブ百科事典

ブルーディスティニー1号機

ぶるーでぃすてぃにーいちごうき

「機動戦士ガンダム外伝THEBLUEDESTINY」に登場するモビルスーツ「ブルーディスティニー」の1号機である。
目次[非表示]

機体概要

ブルーディスティニーシリーズの1番機。型式番号RX-79BD-1。
当初は陸戦型ジムをベースに開発されたが、稼働テストがテストが満足の行く結果を得られなかった事から、より高性能な陸戦型ガンダムをベースに開発された機体。その性能から「ジム・ブルーディスティニー」「蒼い死神」とも呼ばれる。
EXAMシステムが搭載されている頭部は、開発期間の短縮を目的にジムの物そのままになっている。
初期の試験では暴走を繰り返し、パイロットを機体に掛かる負荷で死亡させ、更に無人のまま連邦軍所属の「モルモット隊」と交戦するという事故も起こしている。
この事故の後、1号機のEXAMシステムにはリミッターを掛けられ、モルモット隊に配備。ユウ・カジマの乗機となった後はジオン軍ミサイル基地を単機で攻略する等の戦果を上げるが、キャリフォルニアベースでのイフリート改との戦闘で頭部を破壊され、行動不能となった。
なお、この際の状況は原作版(セガサターン)とリメイク版(PS3)では異なっており、原作版では沈黙したかと思われたイフリート改のグレネードによる最後の反撃を受けていたのが(ここで飛び立ったイフリート改も空中で爆散した)、リメイク版ではニムバスを庇う形で飛び込んできた彼の部下が搭乗していたドムのバズーカによる接射を頭部に受け(この時ドムもブルー1号機のマシンガンを間近で受けた)、これと相打ちになる形に変更されていた。

ガンダムエースでリメイクとして連載されている「ザ・ブルー・ディスティニー」では、EXAM発動時には赤い発光だけでなくバックパックや脚部スラスター・肩アーマーが展開、頭部バイザーが下がるというギミックが付け加えられている。またバイザーの下はツインアイで近年見られるガンダムタイプの機体と同じツインアイと高山版漫画などに見られる丸目の両方がデザインされた。
さらにモルモット隊に配備された際に頭部右側にシステムのモニタリングの為のアンテナ一体型ユニットが付加された。
これらのギミックはモノクロの漫画ゆえに色以外の変化として設定され、2回目となるHGUCにおいてはこのギミックが漫画版のものとして取り入れられた。
またHGUCではアンテナを装備しデュアルアイになっているものが漫画版とされている他、2号機、3号機にも同様のギミックがあるが「ザ・ブルー・ディスティニー」では2号機及び3号機の設定が大きく異なるためにこちらはガンプラ独自のギミックとなっている。

バリエーション

ブルーディスティニー1号機(ステルス)

リメイク漫画版「ザ・ブルー・ディスティニー」に登場。型式番号RX-79BD-1ST
鹵獲したイフリート・ナハトから得たステルス技術を応用した1号機の特殊仕様。周囲の景色に合わせて色を変える特殊塗装が施され、頭部にはセンサージャマーを追加。排熱を抑える胸部の追加装甲や消音機能を備えた特殊素材に加え、携行している100mmマシンガンもサプレッサーや新型センサーを備えている。

ブルーディスティニー1号機(フルアームド)

リメイク漫画版「ザ・ブルー・ディスティニー」に登場。型式番号RX-79BD-1FA
1号機の重装仕様。胸部を始め各部には換装型の追加装甲を装着、肩部にはガンキャノンIIのビームキャノンと多目的精密照準システム、肩部の側面には陸戦型ジムなどが使うミサイルランチャーを搭載、携行武器として両腕にジム・ドミナンスの二連装ビームキャノンを装備している。
ただし、装備の重装化のためEXAMシステムを活かせないことがネックとなっている。

ブルーディスティニー1号機GPBカスタム

ガンプラビルダーズに登場するガンプラ
ビルダーはボリス・シャウアーの部下であるマイスターズのサム。
1号機をベースにしているが、頭部以外は2号機に準じた改修が行われており、脚部スラスターやバックパックを換装した事で空間戦闘に対応している。
サカザキ・ケンタサザビーと互角のバトルを繰り広げ、サム本人の技量もあってEXAMを使わずにファンネルを撃破する芸当を見せた。

関連タグ

ブルーディスティニー

関連記事

親記事

ブルーディスティニー ぶるーでぃすてぃにー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルーディスティニー1号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28373

コメント