ピクシブ百科事典

サザビー

さざびー

サザビーとは、劇場版アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するモビルスーツ。型式番号MSN-04
目次[非表示]

「私、シャア・アズナブルが粛清しようというのだ!アムロ!」

機体データ

頭頂高23.0m
全高25.6m
本体重量30.5t
全備重量71.2t
ジェネレータ出力3,960kW
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター推力133,000kg
武装
  • ビームショットライフル
  • ビームトマホーク
  • 予備ビームサーベル
  • 腹部メガ粒子砲
  • シールドミサイル
  • ファンネル


概要

新生ネオ・ジオン総帥シャア・アズナブルの専用機として開発されたモビルスーツ
シャアの専用機として開発されたということもあり、全身が赤を基調としたカラーリングで彩られている。
既存のジオン系MSの全ての技術を投入した全長26mの大型機であり、事実上シャアが搭乗した最後の機体である。

設計は旧ネオ・ジオン(アクシズを前身とするハマーン・カーン指揮下のネオ・ジオン)の技術者が呼び集められ、彼らを中心として行なわれた。また、『機動戦士ガンダムTwilightAXIS』において、その中にはフラナガン機関接触時代に、シャア自身がエンジニアの才を見出だして引き抜いてきたアルレット・アルマージュもメインスタッフとして参画していた事が、語られている。

当初はギラ・ドーガをベースとして開発が進められていたが、ギラ・ドーガのムーバブルフレームはサイコミュ関連の装備を内部に組み込むのにはサイズが不足しており、総帥専用機として開発部から要求された通りのスペックを満たす事は出来なかった。
その後、何度かの試行錯誤を経た結果、より大型の機体を新規に開発する事が決定される。
開発の際にはモビルアーマー 級のサイズを持つ機体も考案されたが、サイコフレームの採用により25m級という現在のサイズに落ち着いた。
尚、この際に開発された機体はヤクト・ドーガとして完成し、2機が実戦に投入されている。
一方、新規設計の際に考案されたMA級の機体は開発プロジェクトが別の部署に移管され、後にα・アジールが完成している。

新生ネオ・ジオン軍内では基礎設計は可能であったが、実機の製造・試験の為の施設が不十分であったため、開発自体はアナハイム・エレクトロニクス社に委託される事となり、かつての旧公国軍指揮下にあり、現在も影響が強いグラナダ工場において製造が行われた。

サザビーはMSとしての基本性能を高いレベルでまとめた上でニュータイプ専用機としての機能を付加させていくという理念の下開発され、その結果MS単体での基本性能とニュータイプ専用機としてのサイコミュ関連の性能が共に高く、双方のバランスが取れた優秀な機体として完成した。
本来搭載に膨大なスペースを必要とするサイコミュ関連装置は、サイコフレームの採用により小型化されている。
従来の重MSの様な多数の武装は施されておらず、大型化による内部スペースの余裕を利用して機体性能の総合的な向上が計られている。

コクピットは頭部にあり、緊急時には機体から分離させる事が可能。
更にコクピットブロックには小型スラスターも内蔵されており、戦線を早急に離脱する事が出来る。
また、他のMSと同様にリニアシートを標準採用している。
本機のメインカメラにはモノアイが採用されているが、これはリック・ディアスに採用されていたものに改良を加えたものであり、性能も向上している。
コクピットを頭部に置いた事による胴体部の内部スペースの大きな余裕を利用して高出力のジェネレーターとサイコミュのメインユニットを装備している。

ネオ・ジオンの指導者が自ら搭乗する機体である事を鑑み、可能な限り破壊され難い事が要求された為、機体の耐久性は非常に高い。
装甲に用いているガンダリウム合金は技術発展により従来型よりも強度が増している為、機体の耐弾性を低下させる事無く装甲厚を削減する事が可能となり、軽量化と同時に運動性の向上ももたらした。
更に装甲自体に姿勢制御スラスターやプロペラント等各種機器を内蔵する余裕も生じた。
バックパックのスラスターは機体の大きさと比べると小型で3基しか装備されていないが、この3基でリック・ドム1機分に相当する推進力を持ち、肩部にはフレキシブルショルダースラスター、機体全体に多数の姿勢制御用スラスターを装備する。
また、オプションとして2基のプロペラント・タンクを装着する事が可能であり、最大戦闘出力の継続時間を90秒以上延長する事が可能。
これにより大型の重MSでありながらも従来機を越える高い機動性・運動性を誇り、稼働時間も通常のMSを大きく上回る。
アクチュエーターを始めとする機体制御システムも高性能なものを採用し、サイコフレームの装備により追従性も高い。
手足の稼動範囲も広く、武装を使わずにマニピュレーターや脚部で直接敵を攻撃する事も可能。

ヤクト・ドーガと同型のファンネルを6基装備しているが、ヤクト・ドーガが肩アーマーに直接ファンネルを搭載していたのに対し、こちらはバックパックに設けられたファンネル・コンテナに収納されている。
コンテナにはファンネルのエネルギー及びプロペラントの補給機能が備わっている為、連続使用が可能となり、ファンネルの運用能力の向上と使用可能時間の延長に貢献している

劇中の活躍

機動戦士ガンダム逆襲のシャア

U.C.0093、新生ネオジオン軍総帥となったシャア・アズナブルの乗機として登場。
5thルナ地球投下作戦で苦戦するギュネイ・ガスのヤクト・ドーガを救援の為出撃、リ・ガズィに乗ったアムロ・レイの前に現れる。
全力を出さずファンネルを1基しか使わないという戦い方で、リ・ガズィを圧倒。ギュネイを無事救出して、5thルナから離脱する。

スウィート・ウォーターでの演説後、地球へのアクシズ投下を開始。ロンド・ベルによるアクシズへの核ミサイル攻撃をファンネルを使って瞬時に撃破するなど高い能力を見せつける。

終盤では、アクシズでνガンダムに乗り換えたアムロと再び対峙する。
ファンネル同士のドックファイト、アクシズ坑道内における生身での戦闘など、激しい死闘を繰り広げる。
最終的に互いの武装の全てを使い尽くした所でMS同士の肉弾戦に移行。
ほぼ互角の戦いを繰り広げるが左腕をνガンダムのビーム・サーベルにより破損し、形勢不利の状態に追い込まれる。
この状態でもかなり粘っていたが、心配したナナイの思惟に気を散らした隙を突かれ、背部から攻撃を喰らいアクシズの岩盤に激突、機体が大破した衝撃で頭部のコックピット・コアが射出された。 そこをνガンダムのトリモチランチャーで勢いを失速させられ捕縛。
ブライト・ノアを含めたラー・カイラム一員の作戦で寸断されたアクシズだったが、爆発の勢いがありすぎて後部部分が地球に落下を始めてしまった。その事をコンピューターで計算し勝ち誇るシャアだったが、アムロは諦めきれず押し返しにかかり、この時サザビーのコックピット・コアはアクシズに埋め込まれる。

アクシズを押し返しにかかるνガンダムと連邦軍のジェガンジムⅢ、ネオ・ジオンのギラ・ドーガ、そして地球圏の人々の想いを受け、νガンダムとサザビーのサイコフレームが共振し緑色の光が発生。
虹色の光へと転じたその超常的な力場は、アクシズは地球への落下コースから押し戻した。
この際、ギラ・ドーガやジェガンは光が発生した際に弾き飛ばされ、νガンダムに乗っていたアムロ、サザビーに乗っていたシャアは行方不明となった。

機動戦士ガンダムTwilightAXIS

U.C.0096、シャアの反乱から3年が経過したこの時期、サイコ・フレームの精製法が地球連邦政府により厳重に管理されていた。地球へ落下しなかった片割れのアクシズ内部には、サイコフレームの研究資料が残されている可能性があり、地表にはサザビーの本体部分がそのまま放置されていた。

バリエーション

サザビー・プロトタイプ

小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 前編』、小説『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー 1 アムロ編』で登場した機体。劇中、サザビーとしか表記されていない。 パイロットは、シャア・アズナブルナナイ・ミゲル
この状態のサザビーはテスト中の段階にあった為、本来なら頭部に設置される正式なコックピット・コアを装備しておらず、腹部に複座のコックピット・コアを取り付けていた。この仮設コックピットに使われている360度モニターは、ギラ・ドーガの流用だが性能は悪くなかった。
戦場で、ジェダに乗ったアムロと遭遇した際にシャアは性能は圧倒的にこちらの方が上だという旨の警告を行い、アムロはサザビーの火力も出力も圧倒的だからジェダでは簡単に敗北すると理解して、二人が戦うことは無かった。
そしてシャアはアムロへ宣戦布告を終えると、サザビーに急速加速をかけて、星々の光の間に消えていった。

模型誌『B-CLUB』に掲載された出渕裕によるサザビーの初期デザイン稿では武装や外観について小説よりも詳細に書かれている。
右腕に大型ハンド式メガ粒子砲が装備、腹部アーマー(後方)にはキュベレイ式の試作型ファンネル・コンテナを装備している。背面にはプロペラントタンクを搭載。頭部はシャアのヘルメット、フェイスマスクは百式に似ている(決定稿ではフェイスデザインは変更されている)。
『B-CLUB』30号ではこの初期デザインを「MSN-04X サザビー・プロトタイプ(試作型)」として立体化した。同作例では、MSN-04Xは小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 前編』に登場するテスト中のサザビーに相当するものと位置付けており、小説の設定と同様にコックピットは腹部に複座型を仮設しているという設定。

ナイチンゲール

小説・漫画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に登場するサザビーに該当する機体。
同作に登場するHi-νガンダム(小説版νガンダム)のライバル機として激しい戦いを繰り広げた。
詳細はナイチンゲール(MS)を参照。

陸戦型サザビー

近藤和久作のガンダム作品に登場するサザビーの量産型。型式番号MSN-04B。
通常指揮官用MSとして実験的に量産され地上戦に投入された機体であり、一般パイロットにも扱えるようファンネルポッドは廃されている。
ウェイトバランスを調節した事で地上での走破性は向上しているが、シャア専用機と比較して性能面で劣る。
主なパイロットはクルツ大尉。

サザビー(GPBカラー)

ガンプラビルダーズ』に登場するサザビーのガンプラ。
サカザキ・ケンタが使用し、塗装も赤から二種類の白に変更されている(これはケンタが赤は女の子の色だからと嫌っている事に起因する)。
変更点がカラーリングのみであるという事もあり、基本的なギミックは原作基準となる。

ミスサザビー

ガンダムビルドファイターズ』に登場するサザビーの改造ガンプラ
詳細はミスサザビーを参照。

関連イラスト

Char's Counterattack
粛清


私、シャア・アズナブルが粛正しようと云うのだ、アムロ!
サザビーだって伊達じゃない!



関連項目

機動戦士ガンダム逆襲のシャア / 逆シャア
シャア専用 シャア・アズナブル

ミスサザビー...「ガンダムビルドファイターズ」に登場したサザビーがベースのガンプラ。
サカザキ・ケンタ アイラ・ユルキアイネン

pixivに投稿された作品 pixivで「サザビー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1094075

コメント