ピクシブ百科事典

ムーンガンダム

むーんがんだむ

ムーンガンダムとは、漫画『機動戦士MOONガンダム』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

型式番号AMX-123X-X
全高21.7m
本体重量不明
全備重量不明
ジェネレーター出力不明
スラスター総推力不明
武装
  • 60mmバルカン
  • ビーム・ライフル
  • ビーム・トマホーク
  • バタフライ・エッジ×2
  • サイコプレート×8
パイロットユッタ・カーシム


概要

サザビーのプロトタイプにあたるネオ・ジオンのニュータイプ専用モビルスーツ「バルギル」の改修機。
ロンド・ベル所属のラー・ザイム隊との戦闘で頭部を損傷したバルギルに、コロニー「ムーン・ムーン」に漂着したティターンズの「サイコガンダムMk-IV G-ドアーズ」の頭部を解析する為にすげ替えた機体。
ムーン・ムーン内で戦闘行為を行うネオ・ジオンのシュランゲ隊に対抗するため、負傷したアゴス・ラガートに代わりユッタ・カーシムが機体を操縦し、彼の乗機となった。

当初は頭部はG-ドアーズのティターンズカラー、ボディがバルギルのパープルだったが、後にトリコロールに改められた。
最大の特徴としてG-ドアーズが装備していたサイコミュ兵装「サイコプレート」を装着しており、バルギルのファンネルラックはこれを懸架する為のアームに変更されている。
サイコプレートは三日月状に装着され、それが「ムーン(月)」の名の由来となった。

武装

60mmバルカン

頭部に内蔵されている機関砲。
頭部をガンダムタイプのものにしたことで、結果的に増設された。

ビーム・ライフル

グレネード・ランチャーを内蔵したバルギルの携行射撃兵装。
サザビーのビーム・ショット・ライフルのプロトタイプでもあり、ビームを拡散させて発射することも可能。

ビーム・トマホーク

バルギルの格闘用ビーム兵器。出力を変更して刃の形状を変更することが可能であり、ビーム・トマホーク、ビーム・サーベル、ソード・トマホークの3種類が存在する。

バタフライ・エッジ

両腕に装備されている格闘用ビーム兵器。サイコミュによる遠隔操作でブーメランとして使用できるが、サイコミュで遠隔操作できる時間は短い。

ロング・ライフル

サザビー用のものと同型の長砲身ビーム・ライフル。
下部にグレネードランチャーなどのオプションを装備可能。

サイコプレート

バックパックに連結されている8基のサイコミュ兵器。分離させて射出し、パイロットの脳波でコントロールすることで攻撃や防御に用いることが可能。
待機形態はプレートを重ね合わせて発光部を隠した形態と半月状に連結して発光部を露出させた形態が存在する。
サイコフレームとは近縁種に当たるとされているが、詳細は謎に包まれている。
開発にはサイコガンダムMk-IIのレフレクター・ビットの技術を基礎に、攻撃能力を排除した防御兵装として開発、「サイコフレームで構成されるファンネル」とも言える武装として完成した。

バルギル

ネオ・ジオンの開発したサザビーのプロトタイプ。パイロットはアゴス・ラガート。
肩部や頭部、リアアーマーなどにサザビーとのつながりを見ることができる。
ジェネレーター出力はギラ・ドーガの1.5倍に相当し、ガンダリウム合金装甲を採用しつつ多数の推進器を配置しすることで軽量化を促しつつ他の実験機よりも高い運動性能を実現した。
しかし、機体に搭載された次世代サイコミュシステムは要求スペックを満たしておらず、偽装貨物船「アタラント3」に配備された機体はシステム周りが通常の物に戻され、いくつかの武装も取り外されている。
バックパックにはサザビーと同様のレイアウトでファンネルも搭載されているが、システムの不安定さとアゴスの感応波の弱さから起動もままならず、シータプラスとの戦闘ではラックごとパージして機雷代わりに使用している。
その後、中破した頭部の代わりにG-ドアーズの頭部を搭載し、サイコミュの解析が行っていたが、紆余曲折を経てムーンガンダムとして生まれ変わることになった。

サイコガンダムMk-IV G-ドアーズ

ティターンズの残党部隊が開発したサイコガンダムMk-IVの3号機。型式番号MRX-013-3。
系列機。
本体はサイコガンダムの系列機でありながら19m級のMSまで小型のサイズであり、ガンダムMk-Ⅱに似たオーソドックスなデザインを持ち、バックパックには独自の装備である全16基のサイコプレートを装備している。このサイコプレートが扉に見えたことに由来して「G-ドアーズ」の名を与えられている。
搭載されているサイコミュやサイコプレートの出自など不透明な部分が多く、何らかの外的要因によって開発が促されたことが示唆されている。

宇宙世紀0091年にロンド・ベル隊と交戦し、アムロ・レイの乗るリック・ディジェによって撃墜され、頭部とサイコプレートがムーン・ムーンに漂着した所から物語が始まることになる。
戦闘中にアムロによってサイコプレートの半分を破壊されており、結果ムーンガンダムの装備するサイコプレートも8基となっている。

ガンプラ

1/144スケールのものがHGUCで登場。関節はポリキャップレス、色分けは形成色だけでほぼ再現されているため、シールも付属しない。

関連タグ

機動戦士MOONガンダム
バルギル サイコガンダムMk-IVG-ドアーズ
ユッタ・カーシム
シナンジュ:当機とは正反対に、ガンダム系MSがジオン系MSに改修された機体。
ガンダムX:同じく「月」と関わりがあるガンダムで、背部に左右非対称のプレート(こちらはマイクロウェーブを受信するためのリフレクター)を背負っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ムーンガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3273

コメント