ピクシブ百科事典

コラボ超究極

こらぼちょうきゅうきょく

コラボ超究極とはmixi発のソーシャルゲーム『モンスターストライク』、通称モンストが他作品とコラボした際のコラボクエストで難易度、超究極と名の付く降臨クエストである。
目次[非表示]
  • 1 概要
  • 2 コラボの超究極クエスト一覧
  • 3 攻略
  • 3.1 戸愚呂100%の恐怖!
  • 3.2 仙水・解き放たれた聖光気
  • 3.3 大総統の帰還
  • 3.4 全宇宙の覇者
  • 3.5 ブノツヨミ×ト×ブノキワミ
  • 3.6 仇
  • 3.7 命運尽きず!闘志、今よみがえる
  • 3.8 真の支配者
  • 3.9 バトルシティ終結!
  • 3.10 死闘決着!白き誇りと黒き想い
  • 3.11 始動、パルナッソス計画
  • 3.12 オールフォーワン
  • 3.13 兄妹
  • 3.14 センコウ×ト×ハツドウ
  • 3.15 育手・鱗滝左近次
  • 3.16 世界崩壊
  • 3.17 誓いの扉
  • 3.18 始まり、そして終わり
  • 3.19 ぼくの英雄
  • 3.20 オーバーホール
  • 3.21 完全試合
  • 4 性能
  • 4.1 戸愚呂弟100%中の100%
  • 4.2 聖光気の使い手 仙水忍
  • 4.3 大総統 キング・ブラッドレイ
  • 4.4 メテオリックバースト ボロス
  • 4.5 キメラアントの王 メルエム
  • 4.6 最も危険な男 高杉晋助
  • 4.7 復讐の悪鬼 志々雄真実
  • 4.8 闇マリク&ラーの翼神竜-不死鳥
  • 4.9 六番隊隊長 朽木白哉
  • 4.10 終景・白帝剣 朽木白哉
  • 4.11 プロメポリスの司政官 クレイ&クレイザーX
  • 4.12 悪の象徴 オール・フォー・ワン
  • 4.13 夜兎の血 神威
  • 4.14 唯一無二の存在 メルエム
  • 4.15 竜の王 アクノロギア
  • 4.16 白魔道士 ゼレフ・ドラグニル
  • 4.17 カヲル&リリス
  • 4.18 理の破壊者 オーバーホール
  • 4.19 獣の巨人 ジーク
  • 5 採用基準の考察
  • 6 余談
  • 7 関連タグ
  • 概要


    コラボ超究極とは一言で表すとモンストにおけるみんなのトラウマである。
    本来のモンストにおけるクエスト難易度の超究極は究極の上であり、超絶の下に位置している難易度であるのはずなのだがコラボにおける超究極の内容はその超絶はおろかモンスト内でも最強クラスの難易度を誇る降臨クエストである爆絶、後に登場した轟絶をも越える程非常に難しいクエスト難易度を誇る

    どのクエストも凄まじく高い難易度やインパクトのある内容ばかりであり、入手できるモンスターが非常に優秀であることも相まってモンストの超究極といえば大抵はこちらの方を連想させるほど印象に残りやすいクエスト揃いである。
    それ故か、コラボが発表される都度今回の超究極はどれ程の難易度になるか、キャラの性能はどうか等特に注目されやすいのもあってかコラボの内容の中でもコラボ超究極は一番の目玉とも言える。
    そして元の超究極と同じくコンティニュー不可+ミラクルミン使用不可な為、負けてしまえばそこでゲームオーバーであるのも攻略難易度の高さに拍車をかけている。

    尚、クエストの形式としては大別して2種類存在し、基本的には1回クリアすれば良いクエスト(ミッション報酬)と何度も周回が保証されるクエスト(通常ドロップや複数回クリアでのミッション報酬等)に分けられている。主に前者の形式はコラボ超究極の中でも難易度が高い傾向にある。

    コラボの超究極クエスト一覧


    • 「戸愚呂100%の恐怖!」 
     幽遊白書コラボ第1弾
    初降臨日 2016年11月18日
    ボスモンスター:戸愚呂弟100%中の100% [水属性]

    戸愚呂(弟)



    • 「仙水・解き放たれた聖光気」 
     幽遊白書コラボ第2弾
    初降臨日 2017年5月3日
    ボスモンスター:聖光気の使い手 仙水忍 [闇属性]

    黒い。。。



    • 「大総統の帰還」 
     鋼の錬金術師コラボ
    初降臨日 2017年7月13日
    ボスモンスター:大総統 キング・ブラッドレイ [光属性]

    KING



    • 「全宇宙の覇者」
     ワンパンマンコラボ ※台湾版モンストのみコラボ、日本版モンストでのコラボは未定
    初降臨日 2017年11月4日
    ボスモンスター:メテオリックバースト ボロス [闇属性]

    Boros 特写



    • 「ブノツヨミ×ト×ブノキワミ」 
     HUNTER×HUNTERコラボ
    初降臨日 2017年11月18日
    ボスモンスター:キメラアントの王 メルエム [木属性]

    メルエム



    • 「仇」 
     銀魂コラボ第1弾
    初降臨日 2018年5月3日
    ボスモンスター:最も危険な男 高杉晋助 [闇属性]

    シャフト風高杉。



    • 「命運尽きず!闘志、今よみがえる」 
     るろうに剣心コラボ
    初降臨日 2018年8月16日
    ボスモンスター:復讐の悪鬼 志々雄真実 [火属性]

    この俺が無限刃を手にしている限り・・・



    • 「真の支配者」 
     セーラームーンコラボ
    初降臨日 2018年11月18日
    ボスモンスター:クイン・メタリア [闇属性] ※ボスはドロップ無し

    センシティブな作品


    ※イラストはクイン・ベリルのもの。


    • 「バトルシティ終結!」 
     遊戯王コラボ
    初降臨日 2019年2月16日
    ボスモンスター:闇マリク&ラーの翼神竜-不死鳥 [光属性]

    闇マリク



    • 「死闘決着!白き誇りと黒き想い」 
     BLEACHコラボ
    初降臨日 2019年5月4日
    ボスモンスター:六番隊隊長 朽木白哉 [火属性]

    無題



    • 「始動、パルナッソス計画」 
     プロメアコラボ
    初降臨日 2019年6月3日
    ボスモンスター:プロメポリスの司政官 クレイ&クレイザーX [水属性]

    プロメア観ました



    • 「オールフォーワン」 
     ヒロアカコラボ第1弾
    初降臨日 2019年7月19日
    ボスモンスター:悪の象徴 オール・フォー・ワン [闇属性]

    All For One



    • 「兄妹」 
     銀魂コラボ第2弾
    初降臨日 2019年9月4日
    ボスモンスター:夜兎の血 神威[木属性]

    センシティブな作品



    • 「センコウ×ト×ハツドウ」 
     HUNTER×HUNTERコラボ第2弾
    初降臨日 2019年11月17日
    ボスモンスター:唯一無二の存在 メルエム[木属性]

    メルエム覚醒



    • 「育手・鱗滝左近次」
     鬼滅の刃コラボ
    初降臨日 2020年2月18日
    ボスモンスター:鱗滝左近次 [水属性]
    ※ボスドロップはなし

    鬼狩り時代の鱗滝左近次



    • 「世界崩壊」
    FAIRYTAILコラボ
    初降臨日 2020年3月16日
    ボスモンスター:竜の王 アクノロギア [闇属性]

    Acnologia



    • 「誓いの扉」
    FAIRYTAILコラボ
    初降臨日 2020年3月21日
    ボスモンスター:白魔道士 ゼレフ・ドラグニル [光属性]
    ※超究極クリアのミッションでスライド神化解放
    通常のゼレフは「皇帝スプリガン」でも入手可能

    Zeref Dragneel



    • 「始まり、そして終わり」
    エヴァンゲリオンコラボ第4弾
    初降臨日 2020年5月5日
    ボスモンスター:リリス [闇属性]
    ※道中ではヱヴァンゲリヲン新劇場版:破に出演した、第7の使徒第8の使徒第9の使徒第10の使徒がボスラッシュ形式で出現。
    ※ドロップするモンスターは仕組まれた運命の少年カヲル。進化後はリリスを背にして立っているイラストに変わる。右下のイラストが構図としては近い。(ただし、リリスのデザインはTVアニメ版のもの)

    リリス
    おお友よ、この調べではない!そうではなくもっと気持ちのよい調べを



    • 「ぼくの英雄」
     SAOコラボ第2弾
    初降臨日 2020年7月21日(ギガスシダーの天命が0になった翌日に初降臨)
    ボスモンスター:《絶対支配》アドミニストレータ [光属性]
    ※初回クリアミッションでアスナ&キリトのスライド進化が解放

    センシティブな作品



    • 「オーバーホール」 
     ヒロアカコラボ第2弾
    初降臨日 2020年9月3日
    ボスモンスター:理の破壊者 オーバーホール [火属性]

    八斎會系詰め②



    • 「完全試合」 
     進撃の巨人コラボ
    初降臨日 2020年10月5日
    ボスモンスター:獣の巨人 ジーク [木属性]

    獣の巨人



    攻略

    戸愚呂100%の恐怖!


    「それでは...はじめ!」

    「勝負だ!ヌウオアァーーーッ!!!」

    記念すべきコラボクエスト初の超究極。挑戦するためには先に戸愚呂弟80%がボスモンスターとして登場する「宿命の対決!嵐の大将戦開始」の全ての難易度をクリアしなくてはならない。
    出現するギミックはダメージウォールとワープ、そして魔法陣。
    ワープの展開量は非常に少なく、敵を処理する際にわずかではあるが利用できることと、ダメージウォールは1触れ18,600ダメージだが4面やL字に張られることはなく上下の一面のみ張られる為、対策するに越したことはないが最悪対策しなくてもいい。出現する敵は全て魔族な為、火力を出す為にもギミック対策キャラよりも魔族キラー、及び魔封じを持つキャラを優先的に編成するとある程度有利に立ち回ることが出来る。

    ...だが、そのクエスト内容は初降臨時、モンスト史上最高の難易度のクエストとして君臨していたエデンを越えんとする程の尋常ではない難易度であり、挑んだ多くのストライカー達を阿鼻叫喚に陥れ、トラウマを残し震撼させるに至った

    その難易度の原因としては、

    • まず、「全てのステージ」で大量に出現するHP40万と高HPでかなり硬い上に攻撃ターンにどちらも非常に厄介な行動を行う雑魚敵の存在。
      • 青鬼は各ステージに複数体出現し、2~3ターン毎で自身含めた青鬼以外の敵を大幅に回復してくるだけでなく6~7ターンの長い攻撃は全体に98,280ダメージの白爆発の即死級攻撃を放ってくる。
      • 黄鬼は各ステージに1体だけだが、初回1ターンで次回から2ターン毎に1発1,600ダメージの衝撃波を4方向に2回放ってくる上に3ターン後に中ボス、ボスの攻撃力を大幅にアップさせる。特にこの中ボス、ボスの攻撃力を大幅にアップさせた状態の中ボス、ボスの攻撃は「全て即死級攻撃と化す」。
        • それに加え全ての鬼がレーザーバリアを張っているため当時強力であったレーザー系の友情コンボのダメージを通さない。
      第1ステージでssを貯めをしようとしてもそれを阻止するように端に配置されている即死攻撃持ちのビットン
    • 単騎だけでも超火力攻撃を連発してくる中ボスの戸愚呂弟80%とボスの戸愚呂弟100%中の100%
      • 戸愚呂弟80%は初回1ターンで次回から2ターン毎に放ってくる約10,000ダメージの気弾に加え、5ターン毎に1体当たり約5,600ダメージと高威力の白爆発。9ターン後には1体に約14,000ダメージの反射クロスレーザーを放つ
      • ボスの戸愚呂弟100%中の100%は2ターン毎に全体に20,000以上のダメージの指弾に加え、中ボスと同じく5ターン毎に1体当たり約3,600ダメージと高威力の白爆発に4ターン毎に鬼を3体蘇生させてくる。そして9ターン後には即死のスクランブルレーザーを放ってくるので中ボスと違い必ず9ターン以内に倒さなくてはならない
      更に中ボス、ボスのどちらとも4ターン毎と早すぎる鬼3体の蘇生
    • ボス戦からのボスのHPの増加に加えて難易度が一番高いボス最終戦に突如として登場するもはや嫌がらせというべき程の「大量の魔法陣」。

    などがある。
    中ボス、ボスのHP自体は特別高い方わけではないのだが全ステージで大量に出現する青鬼がボスのHPを大幅に回復させてくるので青鬼の処理が遅れてしまうとせっかくダメージを与えてもボスのHPを回復させ続けられボスのHPはほぼ満タンなのにも関わらず即死攻撃がすぐそこまで迫っている状況に陥ってしまっている事が非常に多い。
    その為、青鬼の処理は必須であり同時に出てくる黄鬼が行ってくる攻撃力アップが中ボス、ボスに発動させてしまえば勝ち目がなくなるため黄鬼の処理も最優先にする必要がある。しかしその青鬼と黄鬼も弱点や直殴り倍率が上がっているわけでもないにもかかわらずHPが40万と非常に高く中々処理出来ない為、雑魚敵の早期処理が攻略の糸口にして最大の難所でもある(当時非常に強力であったガブリエル(進化)の友情コンボである電撃の初撃をもってしても1発では倒すことが出来ない程)。

    ちなみに黄鬼は中ボスを倒す、ボスが逃げると撤退させることができるが対する青鬼は中ボスを倒す、ボスが逃げても撤退しない」ので注意。
    ボス最終戦ではボス自身のHPが510万もある上、上記の通り大量の魔法陣があるためひよこになってしまうとボスのHPを削りにくくなるだけでなく鬼の処理も間に合わなくなる可能性が非常に高くなる為、魔法陣に注意しながら鬼の処理、及びボスにダメージを与えるように立ち回らなくてはならない。

    そう、このクエストの1番の難しいところはボスは9ターン後に即死攻撃のためその前までにHPを削り切らなければいけないのにボスのHPを回復させる非常に硬い青鬼が大量に出現し、攻撃力アップさせてくる黄鬼に加え鬼の処理にターンを掛け過ぎると4ターン毎に3体鬼が蘇生されまた鬼の処理をしなければならず、「中々ボスに火力を出せる場面が非常に少なく、それでいて火力を出し辛い点にある

    よっていかに早く鬼を倒し、ボスに火力を出せるかが勝敗のカギとなる。
    そのため鬼の処理及びボスへの火力共に1手でもミスをしてしまうとその時点で既に敗色濃厚、詰むこともあり得る程の難しさで高度なプレイヤースキルを要求するだけでなくその場その場の状況で雑魚敵の鬼の処理、ボスへの火力をどうするかの判断能力も問うものであった。

    したがって時が経った今現在でもモンスト最難関クエストといえば真っ先に名の上がるクエストの一つである。


    仙水・解き放たれた聖光気


    「ウゥアァーーー!」
    「てめえ...誰だ!」

    「忍ですよ...はじめまして」

    前回の幽遊白書コラボに続き2弾で登場した2つ目のコラボ超究極。挑戦するためには先に「霊光裂蹴拳の使い手 仙水ミノル」がボスモンスターとして登場する「出撃!ダークエンジェル」の限定ミッション3つ(究極ステージをクリア、残りHP60%以上でクリア、水属性キャラを1体以上編成でクリア)を全て達成することによって解放されるクエスト、「幽助苦戦!決定的な差」で更にその「気硬銃の使い手 仙水カズヤ」がボスモンスターとして登場する「幽助苦戦!決定的な差」の限定ミッション3つ(究極ステージをクリア、最大ダメージ「1,100,000」以上でクリア、魔族のキャラを1体以上編成でクリア)を全て達成することによって初めて挑戦することが出来る
    出現するギミックは重力バリアとダメージウォール、それに加えて出現する全ての敵が直殴り倍率が3倍となっている。ダメージウォールは1触れ7,000ダメージであり、左右にしか展開されないため最悪対策しなくてもいいが重力バリアは展開数が多く行動が制限されてしまう為、重力バリアに対策しているキャラを優先的に編成しそれに加えてダメージウォールも対策されているキャラであるならなお適正である。
    ...ただ、こちらもやはりというべきかそのクエスト内容は前回の幽遊白書コラボに登場した「戸愚呂100%の恐怖!」に匹敵するほどの尋常ではない難易度であり、多くのストライカーに絶望を与えることとなった

    クエスト内容としては、

    • 魔導師とアビロッカーの「相互蘇生」(ステージによって魔導師、アビロッカーのみや相互蘇生雑魚が2~3体と数が変動)。同時処理しなければ永遠に蘇生で復活するだけでなく魔導士とアビロッカーのHPも40万と高い。
      • 魔導士の真ん中の数字(2~3ターン毎)は敵全体の攻撃力アップ攻撃力アップ状態での敵の攻撃は全て即死級攻撃と化す
      • 上記の蘇生に加えて高HPのアビロッカーからのアビリティロック攻撃。同時処理に手間取るとアビリティロック攻撃によりアビリティロック状態になってしまう。そうなってしまうと重力バリアに対応しているキャラでも動きが制限されてしまう。
      第1ステージを除く黄鬼の即死攻撃(BATTLE1の黄鬼も攻撃力アップ状態で即死攻撃となる)。HPも70万と高く倒しにくいだけでなく、中ボスを倒す、ボスが逃げても撤退しない
    • 端に配置されているガンクロスの11,700ダメージの十字レーザー
    • 中ボスとして登場する仙水ミノルは分身2体とHPリンクしている分HPが高く、3体が重なっている内に弱点を攻撃しなければ後に削るのが難しくなるだけでなく更に3体いるため重なっている時に拳攻撃を一斉に受けると28,000以上のダメージを受けるに加え7ターン後で1体約12,000ダメージの裂蹴紫炎弾を放つ等分身を倒すのが遅れるほどじわじわと追い詰められてゆく。
    • 中ボスとして登場する仙水カズヤは方向は固定であるが気硬銃で攻撃してくる。反撃モードの気硬銃は6,749ダメージ、初回4ターンで次回3ターン毎に放つ気硬銃は20,000以上のダメージと非常に火力が高い上に高確率で失心効果がある。それでいて8ターン後には全体に即死攻撃の気硬銃を放つ
    • そしてどちらの中ボスも初回4ターンで次回3ターンに魔導師1体を蘇生」してくる為、相互蘇生雑魚を出現させないように蘇生されたら即刻処理しなくてはならない。
    • ボスの直殴り倍率が3倍にアップに伴う膨大なHPボス1で1500万、ボス2で1300万、ボス最終戦で1800万と各ステージでHP1000万越えであり非常に高いだけでなく聖光気の範囲攻撃により気鋼闘衣のオーラを纏うことによりボスが受けるダメージを軽減するため非常に削りにくくなるだけでなくその聖光気の範囲攻撃自体も21,000ダメージと高いのに加え吹き飛ばし効果がある。更には4ターン後に相互蘇生雑魚を呼び出す。そして10ターン後には即死の白爆発のためそれまでには倒さなければならない
    • ボス含め大半の敵がレーザーバリアを張っているため強力なレーザー系の友情コンボのダメージを通さない。

    などがある。
    特にボスの高HPの相互蘇生雑魚の呼び出しが厄介であり、この相互蘇生雑魚の処理をしなければならないのでボスに満足にダメージを与えられる猶予が少ない。それに加えボス戦の聖光気の範囲攻撃とガンクロスのコンボが非常に厄介であり、上記の聖光気の範囲攻撃で端に吹き飛ばされ高威力の十字レーザーをまとめて喰らってしまうことが多い。

    ただし黄鬼を倒すことによって敵から受ける攻撃をほぼ抑えることができる盾を壁のランダムな位置で出現させる。この盾を取りさえすればその取ったターン中の敵の攻撃をほぼ受けなくなるという効果がある。ボスのHPは膨大のため取るタイミングによってはボスの即死攻撃を凌ぐことが出来るのでボスにダメージを与えられる猶予が出来る。だがボスの即死攻撃は放った後は即死攻撃は3ターン後に再び放ってくるのでそれまでにはボスのHPを削り切らなくてはならない。
    よって大ダメージを与える原因となる雑魚を優先して処理し、いかに早くボスに火力を出せる状況を作れるか、盾を駆使していかにボスにダメージを与えられる猶予を作れるかが勝敗のカギとなる。

    その盾の存在もあり、前回のコラボ超究極である「戸愚呂100%の恐怖!」よりかはいくらか猶予があるという意見は多いがそれをもってしてもやはり適正キャラの少なさなども相まって非常に難易度が高く、更に盾の出現する位置がランダムであった為に安定性に欠けるのもあってか「戸愚呂100%の恐怖!」と並んでモンスト最難関クエストといえば真っ先に名の上がるクエストの一つである。


    大総統の帰還


    「私を討ち取って名を上げるのは、キミかね?」

    「ンエェィッ!!」

    鋼の錬金術師コラボで登場したコラボ超究極。コラボ超究極で初の1回クリアではなく複数回クリアを要する超究極。挑戦するためにはコラボクエストの難易度「極」以上をソロ及びマルチのホストでクリアした場合にクリア後確率でクエストが出現するというEXTRAステージ仕様となっている。クエストの出現率はかなり高めではあるがその代わり降臨した時から24時間限定の制限付きである。
    出現するギミックはワープとダメージウォール、そしてハートなし。ダメージウォールは1触れ10,000ダメージであり、ワープも展開数が多いためどちらも対策は必須。よってワープとダメージウォールに両方対策されているキャラが適正である。

    ...しかし複数クリアを要するクエストでありながらその難易度はやはりコラボの超究極というべきか凄まじいものであった。後述するが修正前の初期の難易度は後に出てきた多くの複数クリアを要するコラボ超究極の中でも圧倒的に難易度が高かった

    まずクエスト内容としては、

    • HP35万と硬めであり高威力の反射レーザーを放ってくるハンシャイン
    • HP21万で友情コンボロックや4ターン後には全体に24,000ダメージの電撃を放つ魔導士
    • クロスドクロマーク持ちで倒すと唯一の回復手段であるヒーリングウォールを展開するがHP40万であり、毎ターン中ボス、ボスのHPを回復するだけでなく2、3ターン後に攻撃力ダウンで妨害をするダウンザー
    • 中ボスは即死攻撃はないものの、2ターン毎に12,000ダメージの斬撃や7ターン毎に1体につき8,000ダメージの中距離拡散弾、そして直殴り倍率が3倍に上がっているとはいえHPが非常に高い

    そして複数クリアを要するコラボ超究極の中でも最も難易度が高いと言われる原因
    • ボスが初手の攻撃で「全体に80,000ダメージ」の白爆発を行ってくる
    というもの。初手の攻撃の為HPが前のステージである程度減っている状態でボス戦に来る、初手でボスを怒らせてしまうものなら初手で即死攻撃が来るというトチ狂った状況に至る。よってボス戦からは突破する際HPが80,000以上確保しなくてはならない。
    それに加えボスは
    • 3ターン毎にサーベルの投擲で1体に必中の12,000ダメージに加え近くに見方がいればダメージが重複するのに「高確率で攻撃を受けたキャラは3ターン麻痺」するという運用素が絡む。
    • 7ターン後には広範囲でかつ1体につき6,000ダメージの薙ぎ払い
    • 中ボスもそうだが2ターン毎にダウンザーを呼び出す
    • これほどの猛撃に対して唯一の回復手段であるヒーリングウォールの回復量は1触れたったの1,350と雀の涙ほどしかない
    • 直殴り倍率が3倍に上がっている前提のボスのHP。ボス1で700万、ボス2で750万、ボス最終戦で1100万と高い為直殴りでないとあまりダメージを稼ぎにくい

    などである。
    特にボスの初手の即死級攻撃が厄介であり、それでいてボス自身の高HPに加えてダウンザーの処理が遅れるとHPを回復する手段が無くなる上に毎ターンHPを回復させられる為味方のHPの回復やダウンザー含めて周りの雑魚の処理を確実にしなければならないが処理に多くのターンを掛け過ぎるとボスのHPを削りに行きにくくなる。
    よって雑魚を最優先して処理し、いかに早くHPを回復できる環境に持ち込み、ボスの攻撃に備えられるか、突破時にHPを80,000以上残っている状況を作れるかが勝敗のカギとなる。

    ちなみに上記の大総統の帰還は初期の難易度であり、ボスの初手の攻撃である80,000ダメージの白爆発に関してはどうやら不具合だったらしく、後に26,664ダメージに抑えられた。それにより多少難易度が下がられたが、それでもクエストに対応できる適正キャラが非常に少ないでのお手上げ状態のプレイヤーも少なくはない。
    複数クリア前提のクエストとあり、先に出てきた2つのコラボ超究極に比べればまだ難易度は若干低いと目されるがあちらは1回クリアすればいいクエストであり、対してこのクエストは複数クリア前提の為多くのストライカーを長く苦しめることとなった。


    全宇宙の覇者


    「緊急避難警報、災害レベル竜」

    「ぐっそうだ! それでこそ倒しがいが」

    (後日追記)


    ブノツヨミ×ト×ブノキワミ


    「飛車角落ちと言ったところだな」

    「・・・まぁ、すぐに詰んでやろう」

    (後日追記)



    「お前はもう...」

    「俺から何者も守る事はできねぇよ」

    (後日追記)


    命運尽きず!闘志、今よみがえる


    「さあ、灼熱と化したこの俺の血肉の全てを」

    「もっと熱く、もっと愉しませてみろ!!」

    (後日追記)


    真の支配者


    「おろかな人間共...この星は」

    「全て私のもの」

    (後日追記)


    バトルシティ終結!


    「さあラーよ、地より蘇生し天を舞え!」

    「炎を纏いし不死鳥となりて!」

    遊戯王コラボで登場した超究極。クリアは一回だけで良く、クリアすることで闇マリクを神化させることができる。ただ、クリア一回でよい超究極は非常に難しいものばかりで、このクエストも例に漏れず難しい

    登場ギミックは重力と地雷。また、プ二が登場するため、貫通推奨。そして、ユーザー達を最も苦しめたであろうギミックは、ラウドラで登場したギミックバリアである。そしてニードルパネルまである。
    クエストの攻略としては、プ二を貫通で倒して、蘇生ペアの騎士と壁の間に撃種変換パネルを使って入って撃破する。そしてボスも同様パネルを使って壁との間でカンカンする。言葉にすると簡単そうだが、これが非常に難しい。
    まず、敵の属性は光のため、闇属性のキャラでないとプ二をワンパンしにくい。そして、このクエスト降臨時の闇の貫通重力地雷の適正キャラは、徳川家康、遊戯進化、ワールドくらいしかいない。無課金キャラで対応できないことはないが、無課金キャラを積みすぎるとボス削りが厳しい。また、このクエスト、加速が非常に便利だが、闇属性貫通重力地雷のキャラで、加速を持っているキャラはいなかったそのため、他属性のアップル等に頼るしかなかった。

    このクエストのもう一つの難しい点は、ニードルパネルである。
    ボスと壁との間でカンカンするという仕様上、多発するのがイレバンである。イレバンすればニードルの餌食となる。つまり紋章で対策ができるだけで非常に有利になる。

    さらにこのクエスト、敵の火力もヤバい。
    HP減少攻撃をしてくる上に、時々強力な落雷攻撃までしてくる。前述したニードルパネルに刺さりまくっていたならば、HPがあまり残っておらず、落雷に殺される


    死闘決着!白き誇りと黒き想い


    「見るがいい...」

    「これが敵を殺すことだけに全てを捧げた千本桜の真の姿だ!」

    「殲景・千本桜景厳」

    (後日追記)


    始動、パルナッソス計画


    「ガロめ...」

    「調子に乗るなよ...!!」

    (後日追記)


    オールフォーワン


    「全てを返してもらうぞオール・フォー・ワン!!」

    「また僕を殺すかオールマイト」

    「僕のヒーローアカデミア」コラボで登場した超究極。こちらは一回クリアすれば「雄英コイン」の引き換え対象として☆6モンスターにしてこのクエストのボス「悪の象徴 オール・フォー・ワン」が解禁される。

    クエスト内容としては、

    • 全敵弱点無し
    • ワープ
    • パワーアップウォール
    • エレメントエリア
    • 禁忌の獄で実装されたものの、あまりの高難易度により廃止された「マップクリアによるHP回復無し」
    • 追い打ちの「貫通制限」
    という、羅列すると凶悪なものばかりだが、超究極の中でも難しいものとして話題になることはあまりない。
    基本的にはパワーアップウォール3つに触れてその上で狭いエレメントエリアの中で攻撃しないと全くダメージが通らないという内容だが、あまり難しいと言われない理由は、

    コラボガチャの当たりキャラの1人である「緑谷出久」の高い攻撃力(パワー型×光属性による属性効果×カウンターキラー×バイタルキラー×超アンチワープ)により、それらの条件を満たさなくとも充分ではないが、しっかりとしたダメージを与えることができ、ボスステージに至っては上の条件を満たせばSSでボスの体力ゲージを全て吹っ飛ばすほどのダメージを与える事ができ、文字通りのワンショットキルができてしまう点である。そのため、出久を入れるだけで難易度が一気に下がり、「デクゲー」と呼ばれるようになってしまった。
    ワープ対応はしていないが、雄英コインの交換キャラ「オールマイト」でも(ワンパン以外は)似たようなことができ、オールマイトでオール・フォー
    ・ワンを倒す原作再現をするというロマンプレイも流行った。 

    緑谷出久によるワンパンが流行ったのもこのクエストがきっかけであり、結果的に公式の使ってみた動画であまり評価されなかった緑谷出久の強さを知らしめることとなった。


    兄妹


    「もう手遅れさ...お前の知ってる兄貴なんて」

    「もうどこにもいない!!」

    銀魂コラボで登場した超究極。ギミックは
    重力 ワープ ブロック 貫通制限 そしてシュリンガーラでプレイヤー達を苦しめた弱点移動である。
    クエストの攻略は、蘇生ペアのカチと弱点移動する道満法師の弱点を二回たたく。中ボスヴリトラの弱点をたたく。そしてバリアを纏ってくるボスの弱点を、ブーツ雑魚の加速を利用してたたく。あと、魔導師を挟まって処理する。
    言葉にすると簡単だが、非常に難しい
    このクエストの本当のボスと言っても過言ではないのがイレバンである。
    このクエストバリアの当たり判定によってイレバンすることが非常に多い。イレバンしてしまうと弱点を全く殴れなくなってしまう。

    そのため、超アンチ重力で加速できる上、短い貫通化SSを持つ獣神化神楽や、高倍率のSSを持つテキーラα、ワンパンできるデクなどが適正だった。


    センコウ×ト×ハツドウ


    「王は...」

    「王は生きていた...!」

    (後日追記)


    育手・鱗滝左近次


    「お前が鬼殺の剣士としてふさわしいのかどうか…試す」

    (後日追記)


    世界崩壊


    「我は全ての魔を喰らいし終焉のドラゴン...」

    「魔竜アクノロギアなり...!」

    (後日追記)


    誓いの扉


    「時は来た...」

    「これが、妖精の心臓(フェアリーハート)だ...!」

    (後日追記)


    始まり、そして終わり


    (後日追記希望)


    ぼくの英雄


    「何故だ...」

    「何故そうやって愚かにも運命に抗うのだ...!」

    (後日追記希望)


    オーバーホール


    「親父の宿願を果たすために...」

    「お前がいるんだ...壊理...!」

    (後日追記希望)


    完全試合


    「目指すは」

    「完全試合(パーフェクトゲーム)だ」

    (後日追記希望)


    性能


    戸愚呂弟100%中の100%


    「フルパワー...100%中の100%!!」

    種族魔族
    撃種反射
    戦型パワー
    ステータスHP攻撃力スピード
    1872621017184.23
    タス+3900+7175+65.45
    最大値2262628192249.68
    ゲージショット成功時-33830-

    アビリティ神キラー/聖騎士キラーアンチワープ(ゲージ)
    ストライクショット筋肉操作(ターン22)自身の力を一定期間増強&ふれた最初の敵を乱打し、ふっとばす
    友情コンボ反射クロスレーザーL【水属性】X字4方向の属性大レーザー攻撃が3回反射最大威力1775
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する

    「戸愚呂100%の恐怖!」をクリアするとコラボ限定ミッション報酬で1体のみ入手することができる。
    通常ドロップする「戸愚呂弟 80%」とステータス、アビリティは同じだが最初から英雄の証を取得している為、わくわくの実を付けることができるという違いがある。
    対応しているギミックはワープのみであり、パワー型ではあるが素アビリティに神キラーと聖騎士キラーがあるためパワー型のネックである低い友情コンボの威力も敵がキラー対象であれば友情コンボの威力がバランス型と同じくらいの威力になる。

    SSは乱打と同時に、攻撃力と防御力を次の自身のターンまで強化するというもの。乱打はキラー対象でなくとも弱点に当てれば100万以上のダメージを与えることが可能であり、それでいて自身の次のターン終了後まで紫色のオーラを纏うことで攻撃力が2倍になり、受けるダメージも半分になる為、ss使用後でも友情コンボで火力を出しやすくしたり被ダメージを軽減する等、非常に強力。

    よってワープ主体のクエストを中心にアタッカーとして大いに活躍できる性能のキャラといえよう。
    特に当時最高難易度の爆絶のアヴァロンの最適運枠でありボスにキラーが刺さることもあってか、多くのストライカーが戸愚呂弟100%中の100%を求め超究極クエストに挑み続けた。


    聖光気の使い手 仙水忍


    「本当のフィナーレはこれからだ」

    種族亜人族
    撃種貫通
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1968215069224.73
    タス+3900+5150+110.50
    最大値2358220219335.23
    ゲージショット成功時-24262-

    アビリティ神キラー/妖精キラーアンチワープ/魔族キラー(ゲージ)
    ストライクショット気鋼闘衣(ターン24)一定期間、自身の攻撃力と防御力がアップ
    友情コンボリワインドブラスター【闇属性】64発の往復属性弾で敵を攻撃最大威力4499
    ラックスキルシールド発動ターンは敵から受ける、ほぼすべての攻撃が1ダメージになる

    「仙水・解き放たれた聖光気」をクリアするとコラボ限定ミッション報酬で「聖光気の使い手 仙水忍」の進化が解放される。
    初の進化アイテムなしで切り替えることが可能であり、またタス値も全く同じなので進化/神化/獣神化の欄から自由に切り替えができる。
    神、妖精、魔族と3つのキラーを持つ。対応しているギミックはワープのみだがキラーが3種類もあるため数多くのクエストでキラーが刺さることが出来る。
    友情コンボもリワインドブラスターと火力が出やすい友情コンボとなっている。

    SSは攻撃力と防御力を次の自身のターンまで強化するというもの。自強化はスピードは上がらないが、攻撃力の上昇はSSを放った時から乗る為。金色のオーラを纏うことで攻撃力が2倍になり、受けるダメージも半分になる為、ss使用後でも友情コンボで火力を出しやすくしたり被ダメージを軽減する等、非常に強力。

    よって3つのキラーを持つため強力なアタッカーとして大いに活躍できる性能のキャラといえよう。
    特に当時最高難易度であり適性キャラが極めて限られる爆絶のエデンの最適運枠。3つのキラーが雑魚、ボス共に刺さり下手なガチャ限よりも強力な性能だったこともあって、多くのストライカーが難易度の高さに悲鳴をあげながらも仙水忍を求めてクエストに挑み続けた。


    大総統 キング・ブラッドレイ


    「この最強の目から逃れられると思っているのかね?」

    種族ホムンクルス
    撃種反射
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    2034316489269.00
    タス+3900+5625+95.20
    最大値2424322114364.20
    ゲージショット成功時-26536-

    アビリティアンチ重力バリアアンチ魔法陣(ゲージ)
    ストライクショット最強の眼(ターン23)自身のスピードがアップ&弱点ヒットで大ダメージを与える剣で攻撃
    友情コンボ次元斬【無属性】鋭い刃が弱った敵を攻撃最大威力4862
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する

    「大総統の帰還」をクリアすることでノーコンテニュー報酬で3体、クリアボーナスで10回まで追加で7体、そして通常のクリア報酬でドロップする。
    降臨キャラとしては非常に希少であるアンチ魔法陣を持っており、重力バリアにも対応している上ステータスも全体的に高い。
    友情コンボも次元斬とHPが低い敵を優先して狙う為、雑魚の討ち漏らしを減らすだけでなく味方の攻撃をボスに集中させることも出来る。

    ssは自身のスピードがアップ&弱点ヒットで大ダメージを与えるサーベルで攻撃というもの。ブラッドレイ自身の周囲に弱点特効のサーベル2本を展開し攻撃するため、弱点付近で縦カンや横カン等で直殴りをすることでボスに高火力を出すことができる。

    よって降臨キャラとしては非常に希少であるアンチ魔法陣を持つため他のキャラでは代用しにくい性能であり、友情、ステータス、ss共に高水準と隙のないキャラといえよう。


    メテオリックバースト ボロス


    「崩星咆哮砲!!」

    種族魔王
    撃種反射
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1811318572259.23
    タス+3900+5150+82.45
    最大値2201323722341.68
    ゲージショット成功時-28446-

    アビリティアンチワープアンチ重力バリア(ゲージ)
    ストライクショット崩星咆哮砲(ターン24)狙った方向に崩星咆哮砲を放ち、一定期間自身の攻撃力がダウンする
    友情コンボエナジーサークルM【闇属性】サークル状の属性中エナジー攻撃最大威力9471
    ラックスキル友情コンボクリティカル友情コンボによる敵へのダメージ量が増加する

    「全宇宙の覇者」をクリアするとコラボ限定ミッション報酬で1体のみ入手することができる。
    通常ドロップする「力の解放 ボロス」とステータス、アビリティは同じだがssの波動砲の演出と威力、効果に違いがある。
    多くのクエストで出現するギミックである重力とワープに対応しており、ステータスも全体的に高め。友情コンボのエナジーサークルMは火力としては物足りないが友情コンボクリティカルを持つので発動の際は威力が約3倍に上がる為、特定の条件下でのみだが火力として使うことが可能となる。

    ssは狙った方向に崩星咆哮砲を放つというもの。一定期間自身の攻撃力がダウンしてしまうが、200万を越えるダメージを安定して出す為、ボスへの決定打として有効であり更に高確率で麻痺を付与することができる。

    よって重力とワープの頻出する2つのギミックに対応しており、連れていけるクエストが非常に多い。友情の威力と範囲こそ低いものの同じギミックを持つキャラの中でも非常に高水準な性能をしている為、幅広いクエストで活躍できるキャラといえよう。


    キメラアントの王 メルエム


    「余が壊して...そして与えよう」

    種族キメラアント
    撃種反射
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1804417610252.33
    タス+3900+6025+89.25
    最大値2194423635341.58
    ゲージショット成功時-28362-

    アビリティアンチ重力バリア(ラック)/アンチウィンドカウンターキラー(ゲージ)
    ストライクショット全てを照らす光(ターン22)スピードアップ&自身のラックに応じてパワーがアップ
    友情コンボ三反射分裂弾【木属性】5発の壁に当たると分裂する属性弾で攻撃最大威力12400
    ラックスキルクリティカル敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する

    「ブノツヨミ×ト×ブノキワミ」をクリアすることで初の全ての宝箱報酬で確定ドロップする。
    初のアンチ重力バリア(ラック)を持つキャラであり、アンチ重力バリア(ラック)とはメルエム自身のラックが低いと重力バリアに触れた際に、減速してしまうのだがラックが高くなるにつれ、重力バリアにふれた際に減速率が低くなり、運極時は超アンチ重力バリアに変化するという新アビリティ。降臨キャラに超アビリティが付いたのはメルエムが初となる。そしてこちらも降臨としては初のカウンターキラーを持ち合わせており、上記の運極時のアンチ重力バリア(ラック)と組み合わさることにより、直殴りに関しては他の降臨キャラとは一線を画す絶大な威力を叩き出すことが出来る。というかそこらのガチャ限よりも高火力を叩き出すことが可能という降臨キャラの中でも頭一つ抜けた性能をしている。友情コンボの三反射分裂弾も壁に反射させなければ火力が出にくいとはいえそれを差し引いても火力としては十分な強さを誇る。

    ssはスピードアップ&自身のラックに応じてパワーがアップというもの。文字通りラックが高ければ高いほど自身のパワーがアップするだけでなく、運極時には最初に触れた敵に追撃が追加で発動する。そのため、ラックが高いほど高火力のSSを使うことができる。

    よってラックの恩恵を大きく受けるキャラであり運極でなければ本当の強さが発揮できないが、逆に運極にさえすれば超アンチ重力バリアに加えてカウンターキラーを持つ非常に強力なキャラであり、その際立った強さから降臨の木のアンチ重力バリアを持つキャラの内でも右に出るキャラがいなかった程。高難易度含めて非常に多くのクエストにアタッカーとして連れていくことが出来、重力バリア対応の降臨キャラの中でもトップクラスの性能を誇るキャラといえよう。

    このアンチ重力バリア(ラック)やssの自身のラックに応じてパワーがアップなどのラックの恩恵を受けるキャラは後に同じコラボの超究極キャラ達に多く実装されることとなる等、コラボ超究極キャラの性能の方向性を決定づけることになった。


    最も危険な男 高杉晋助


    「踊ってくれよ...派手にな!!」

    種族サムライ
    撃種貫通
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1637615252278.43
    タス+3900+5200+98.60
    最大値2027620452377.03
    ゲージショット成功時-24542-

    アビリティマインスイーパーM/レーザーストップアンチ重力バリア/SSターン短縮(ゲージ)
    ストライクショット踊ってくれよ...(ターン24)仲間たちを率いて敵へ撃ちこむ&ラックに応じてパワーがアップ
    友情コンボクロスレーザーEL【闇属性】X字4方向に属性特大レーザー攻撃最大威力12312
    ラックスキルクリティカル敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する

    「仇」をクリアするとコラボ限定ミッション報酬で1体のみ入手することができる。
    通常ドロップする「鬼兵隊 高杉晋助」とステータスは同じだが素アビリティにマインスイーパーMとレーザーストップが追加され、友情コンボがクロスレーザーLからELに強化されているだけでなく英雄の証を最初から取得している為、わくわくの実を最初から付けることができる違いがある。
    スピード以外のステータスは低めだが、多くのクエストで出現するギミックである地雷と重力バリアに対応しておりマインスイーパーMの為、地雷回収時は非常に高い直殴りを行うことが出来る。レーザーストップもあるため配置によっては強力なレーザーや多く反射するレーザーの攻撃を止められる為、レーザーに対しては総合的にダメージを少なくする盾としても運用が可能。ゲージ重力もワザとゲージを外す事により配置が可能と使い方次第では更に幅広いクエストで連れていくことができる。
    友情コンボはクロスレーザーELだが威力範囲ともに火力としてはそこそこ。

    ssは仲間たちを率いて敵へ撃ちこむ&ラックに応じてパワーがアップというもの。運極時にすることで自身と味方の強化倍率が1.2倍になる為、雑魚処理とボス共に高火力を出すことが出来る。更にSSターン短縮もあるためターン数以上に早くssを打つことが出来る

    よって頻出する2つのギミックに対応できるため、幅広く活躍できる。またSSターン短縮を持つことで、より短いターンで号令SSが使える為火力、ギミック対応力共に高水準に留まっている性能であり爆絶クエストエルドラドでも運枠として活躍することが出来る。友情コンボの火力やステータスこそ低いもののそれを差し引いてもアビリティが豊富であり高難易度含めた幅広いクエストで活躍できる強力なキャラといえよう。


    復讐の悪鬼 志々雄真実


    「終の秘剣...火産霊神!!!!」
    「強ければ生き、弱ければ死ぬ...生きるべき者はこの俺!!」

    種族サムライ
    撃種貫通
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1769816819263.60
    タス+3900+5750+93.50
    最大値2159822569357.10
    ゲージショット成功時-27082-

    アビリティアンチ重力バリア(ラック)アンチワープ/SSターン短縮(ゲージ)
    ストライクショット火産霊神(ターン25)スピードとパワーがアップ&最初にふれた敵に火産霊神で攻撃
    友情コンボ拡大貫通ロックオン衝撃波【無属性】無属性の拡大貫通衝撃波で攻撃最大威力61500
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する

    「命運尽きず!闘志、今よみがえる」をクリアすることで全ての宝箱報酬で確定ドロップする。
    そしてミッションで「命運尽きず!闘志、今よみがえる」マルチプレイでクリアすると、性能は同じだが初のイラストとボイスが異なる「業火の化身 志々雄真実」に進化できるようになる。1度このミッションをクリアすれば、その後はアイテム無しで自由に進化形態を切り替えられる為、艦隊編成の天敵である伝染霧にもある程度対応が出来る
    メルエムに続いて2体目となるアンチ重力バリア(ラック)を持つキャラであり、運極にすることで超アンチ重力バリアに変化する。超アンチ重力バリアになることで1度加速することが出来るため他の同じギミック対応キャラよりも動きやすくなっている。それに加えてワープにも対応している等性能面に対しては隙が無い。
    友情コンボの拡大貫通ロックオン衝撃波もかなりの高火力を出すことが可能。

    ssはスピードとパワーがアップ&最初にふれた敵に火産霊神で攻撃というもの。追撃ssとしては長めの25ターンであるが、SSターン短縮を持っているため実際よりも早くssを放つことが可能になっている。自身の強化倍率が1.1倍と少し低めのように思えるが超アンチ重力バリアをもっているため倍率以上の火力を出すことが出来る上このssの真価は最初にふれた敵に火産霊神での攻撃にある。火産霊神の攻撃範囲は非常に広く、ボス相手だと判定全てに火産霊神を当てれば、火産霊神だけで140万ダメージは安定して与えられることが出来る。

    よって同ギミック対応キャラと比べても超アンチ重力バリアになるアビリティを持っている上、ワープにも対応している為、あまり完全ギミック適性キャラがいなかったクエストのクシナダカナンの最適運枠であり、数多くのクエストに連れていくことが出来る。友情もssも全てにおいて高水準であり高難易度や普段使い含めた活躍の幅が広い強力なキャラといえよう。


    闇マリク&ラーの翼神竜-不死鳥


    「敵を焼き払え!ゴッド・フェニックス!!」

    種族
    撃種反射
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1723222570260.40
    タス+3900+5500+81.60
    最大値2113228070342.00

    アビリティ超アンチワープ(ラック)/飛行
    ストライクショットゴッド・フェニックス(ターン24)スピードとパワーがアップ&すべての敵にゴッド・フェニックスで攻撃
    友情コンボワンウェイレーザーEL【光属性】近い敵に属性特大レーザー攻撃最大威力24255
    副友情コンボスピードアップs【無属性】仲間がスピードアップ最大威力0
    ラックスキルクリティカル敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する


    六番隊隊長 朽木白哉


    「卍解...千本桜景厳」

    種族死神
    撃種反射
    戦型スピード
    ステータスHP攻撃力スピード
    1676616624293.77
    タス+3900+5675+103.70
    最大値2066622299397.47
    ゲージショット成功時-26758-

    アビリティマインスイーパーアンチダメージウォール(ゲージ)
    ストライクショット千本桜景巌(ターン24)スピードとパワーがアップ&すべての敵に千本桜景巌で攻撃
    友情コンボ超強貫通ホーミング8【火属性】強力な8発の貫通属性弾がランダムで敵を攻撃最大威力3345
    ラックスキルクリティカル敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する


    終景・白帝剣 朽木白哉


    「卍解...千本桜景厳...終景・白帝剣」

    種族死神
    撃種貫通
    戦型スピード
    ステータスHP攻撃力スピード
    1786617926329.23
    タス+3900+5675+103.70
    最大値2176623601432.93
    ゲージショット成功時-28321-

    アビリティリジェネ/アンチダメージウォールアンチ重力バリア(ゲージ)
    ストライクショット千本桜景厳 終景・白帝剣(ターン16)超反バリア、超反ダメ壁、超反ワープ、飛行状態になる
    友情コンボ反射衝撃波6【火属性】6発の属性反射衝撃波で攻撃最大威力31555
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する


    プロメポリスの司政官 クレイ&クレイザーX


    「まさかこんなところで使う羽目になろうとはなぁ......」

    種族亜人
    撃種反射
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1895417289232.23
    タス+3900+5900+82.45
    最大値2285423189314.68
    ゲージショット成功時-27826-

    アビリティマインスイーパーM/アンチウィンド光属性キラー/弱点キラー(ゲージ)
    ストライクショット滅殺開墾ビーム(ターン24)狙った方向に、滅殺開墾ビームを放つ
    友情コンボ反射クロスレーザーEL【水属性】X字4方向の属性特大レーザー攻撃が3回反射最大威力4005
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する


    悪の象徴 オール・フォー・ワン


    「最高・最適の"個性"たちで君を殴る」
    「君には可能な限り醜く 惨たらしい死を迎えてほしいんだ」
    「さぁて...やるか。」

    種族亜人
    撃種貫通
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1715318139255.43
    タス+3900+6200+90.95
    最大値2105324339346.36
    ゲージショット成功時-29206-

    アビリティアンチワープ/友情コンボ×2アンチ重力バリア/アンチダメージウォール(ゲージ)
    ストライクショット最高・最適の”個性”たち(ターン20)ふれた最初の敵を乱打し、最高・最適の”個性”たちで追い打ち
    友情コンボ超強メテオ【無属性】1発の強力なメテオがランダムで敵を攻撃最大威力199071
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する

    「オール・フォー・ワン」クリアで「雄英コイン」100枚と交換できるようになり、また、その雄英コイン入手クエストは難易度がかなり低い上に常駐しているため、この中では運極難易度はかなり低いと思われる。
    それなのにも関わらず性能は大量の個性を持つ(正確には他人の個性を奪う)という原作設定の通り、かなり万能。 何より他にはあのアーサーしかいない反重力バリア、反ダメ壁、反ワープを揃えたモンスターであり、多くのクエストに運枠として投入が可能。また、友情コンボ+2によって超強メテオを2発撃てるという特性もある。SSは乱打系であり、上手いこと弱点に当たることができれば高い火力も期待できる。難点は万能であるが故の器用貧乏な感じなところだろうか。

    夜兎の血 神威


    「フウゥゥッ...ヴウゥアァァ!!」

    種族亜人
    撃種反射
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1907217971241.37
    タス+3900+5575+78.20
    最大値2360223546319.57
    ゲージショット成功時-28255-

    アビリティアンチダメージウォール超アンチワープ(ラック)(ゲージ)
    ストライクショット名前を忘れた夜兎(ターン20)スピードとパワーがアップ&近くの敵に連続蹴りを放つ
    友情コンボ全敵ロックオン衝撃波3【木属性】画面上のすべての敵に向かって属性衝撃波を放つ最大威力20848
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する


    唯一無二の存在 メルエム


    「以前の余とは一味違うぞ...幾多の敗北を覚悟しておけ」

    種族キメラアント
    撃種反射
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1867517874265.43
    タス+4900+6025+89.25
    最大値2357523899354.68
    ゲージショット成功時-28678-

    アビリティアンチ重力バリア(ラック)/アンチウィンド飛行/カウンターキラー(ゲージ)
    ストライクショット以前の余とは一味違うぞ(ターン14+8)スピードアップ&自身のラックに応じてパワーがアップ
    友情コンボ三反射分裂弾【木属性】5発の壁に当たると分裂する属性弾で攻撃最大威力12400
    副友情コンボ拡大貫通ロックオン衝撃波【無属性】無属性の拡大貫通衝撃波で攻撃最大威力61500
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する

    竜の王 アクノロギア


    「滅せよ人間ども...」

    「エターナルフレア!!」

    種族ドラゴン
    撃種貫通
    戦型パワー
    ステータスHP攻撃力スピード
    2213524046207.50
    タス+3900+8225+73.10
    最大値2603532271280.60
    ゲージショット成功時-38725-

    アビリティ飛行/超アンチウィンド/ドラゴンキラーアンチブロック/ダッシュ/ドレイン(ゲージ)
    ストライクショットエターナルフレア(ターン23)スピードとパワーがアップ&すべての敵にエターナルフレアで攻撃
    友情コンボウォールスルーバレット【闇属性】壁をすり抜ける貫通属性弾を触れたキャラの進行方向に発射最大威力25625
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する

    白魔道士 ゼレフ・ドラグニル


    「暗黒爆炎陣!!」

    種族亜人族
    撃種反射
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    2045018862243.63
    タス+3900+5675+75.65
    最大値2435024537319.32
    ゲージショット成功時-29444-

    アビリティリジェネM(ラック)/アンチ重力バリア超アンチワープ(ラック)(ゲージ)
    ストライクショット暗黒爆炎陣(ターン20)ふれた最初の敵に暗黒爆炎陣を放つ
    友情コンボ全敵毒メテオ【無属性】全ての敵に1発の毒メテオで攻撃最大威力12288
    副友情コンボ防御ダウンブラスト【無属性】自分を中心に敵を防御力ダウンさせる範囲攻撃最大威力26147
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する

    カヲル&リリス


    「また会えるよ、シンジ君……」

    種族エヴァパイロット
    撃種貫通
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1983017509259.77
    タス+3900+5975+91.80
    最大値2373023484351.57
    ゲージショット成功時-28180-

    アビリティシンクロ/アンチ重力バリア(ラック)バイタルキラー/連撃キラー(ゲージ)
    ストライクショットまた会えるよ…(ターン19)スピードとパワーがアップ&ふれた味方をリジェネ状態にする
    友情コンボ超落雷【無属性】6発の超落雷がランダムで敵を攻撃最大威力51250
    ラックスキルクリティカル稀に敵に触れたとき敵へのダメージ量を増加する

    理の破壊者 オーバーホール


    「最低の気分だが...さっきよりいくらかましだな...」
    「全て無に帰した...」
    「どいつもこいつも対局を見ようとしない...!」

    種族亜人
    撃種貫通
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1877717507274.40
    タス+3900+6750+96.90
    最大値2267724257371.30
    ゲージショット成功時-29108-

    アビリティアンチダメージウォール/ドレインアンチワープ/亜人キラー(ゲージ)
    ストライクショットオーバーホール(ターン23)スピードとパワーがアップ&近くの敵に地面を変形させて攻撃
    友情コンボ状態異常回復ブラスト【無属性】自分を中心に味方の状態異常回復効果を持つ範囲攻撃最大威力51250
    ラックスキルシールド発動ターンは敵から受ける、ほぼすべての攻撃が1ダメージになる

    獣の巨人 ジーク


    「何事も楽しまなくちゃ、みんなを誇り高き肉片にしてあげようぜ」

    種族巨人
    撃種反射
    戦型バランス
    ステータスHP攻撃力スピード
    1912618107243.90
    タス+3900+6176+85.85
    最大値2302624282329.75
    ゲージショット成功時-29138-

    アビリティアンチダメージウォール/友情ブースト(ラック)アンチ魔法陣(ゲージ)
    ストライクショット投石(ターン20)狙った方向にいる全ての敵に、投石で攻撃
    友情コンボ超強ショットガン【木属性】100発の強力な属性弾が近くの敵を攻撃最大威力3933
    ラックスキル友情コンボクリティカル友情コンボによる敵へのダメージ量が増加する


    採用基準の考察

    ここまで読んでもらえばわかると思うが、やたらとジャンプ作品の敵キャラが多い。

    要因としてはやはり、ジャンプ作品の敵キャラが圧倒的な力を持ち、かつ読者からの人気も高い人物が非常に多いことが挙げられるだろう。(ブラッドレイも、ジャンプ出身ではないものの、この条件に当てはまっている)

    逆に言うと、登場前は超究極で出ると噂されていた、ソードアート・オンラインユウキは、確かに圧倒的な力を持ち、読者からの人気も高いが、そもそも敵キャラじゃないから、究極枠で降臨したとも考えられる。

    また、鬼滅の刃コラボではアニメ版準拠のためか最有力視されていた鬼舞辻無惨どころか上弦のメンバーも採用されず、放映内での関門である鱗滝左近次が抜擢された。

    FAIRYTAILコラボが開催、アクノロギアが降臨したことでモンスト史上初のマガジン作品からのコラボ超究極実装、さらに白魔道士ゼレフ降臨により現状唯一の複数種の超究極が1度の期間内に降臨したコラボイベントとなった。

    余談

    コラボ超究極クエストには道中&中ボス3ステージ、ボス3ステージという内容で全てクエストのステージが6つという共通点がある(一部あり)。

    よく勘違いされやすいのだが、かのモンスト史上最高難易度と言われているコラボクエストの光属性のサガ(光サガ)の難易度は超究極、ではなくEXTRAである。

    関連タグ

    モンスト コラボ みんなのトラウマ

    関連記事

    親記事

    超究極 ちょうきゅうきょく

    兄弟記事

    pixivに投稿された作品 pixivで「コラボ超究極」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 555

    コメント