ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
フィオナ・フロスト(Fiona Frost)とは、漫画『SPY×FAMILY』の登場人物である。

「次の任務で私の有能さを示し証明してみせる」

「黄昏(あなた)の妻にふさわしいのはこの私以外いないと…!!」


概要

概要

SPY×FAMILY』に登場する女スパイ。西国の諜報機関「WISE(ワイズ)」に所属しており、表向きはバーリント総合病院で事務員「フィオナ・フロスト」として働き、東国に潜入中。

暗号名(コードネーム)は〈夜帷〉。暗号名〈黄昏〉は彼女の先輩に当たる。


プロフィール

本名不明
異名夜帷
婚姻歴不明
家族不明
年齢不明
身長172cm
CV佐倉綾音
山口乃々華

人物

人物

容姿

肩まで切り揃えられた銀髪に、すらっとした体型。この漫画の成人女性キャラ全般に言える事だがかなり背が高くスタイルも抜群。

間近で見たヨルがまじまじと見つめてしまうほどには、美しい容姿の持ち主。

だが、鉄のように硬いポーカーフェイスと、非常に冷静かつ淡々とした性格により、何を考えているのか全く読めないという理由で、同じくスパイの同僚からは「毒婦」だの「冷血」だのと恐れられ、気味悪がられている。

フランキーからは「キレーな顔してエゲツねーぜ」と評されている。


執着

オペレーション〈梟〉への執着が激しく、自分こそが任務に相応しい存在だという主張が強い。意識的な無表情も相まってその様相はどこか不気味。それを見たWISEの同僚からは「出世のために黄昏の手柄を横取りしようとしている」「味方の背中も刺しかねん奴」と評され、気味悪がられて美人でありながら遠巻きにされている。


本性

「先輩 す き

すぅ――――――きぃ――――――――♡


普段こそ表には出さないものの、黄昏に対して心底ベタ惚れしており、アーニャが彼女の心を読んだ時も頭の中は黄昏への恋心で埋め尽くされるほど。その超重量ぶりは6巻カバー裏が顕著であり、明朝体でデカデカと「す」の一文字が紙面にはみ出すレベルで表現されている(5巻カバー裏のユーリの数々の思いとは対照的である)。

また彼女が持つ野望とは同僚が想定しているような組織内での出世ではなく『黄昏のお嫁さんになること』(原作では「彼女の野望」に「しょうらいのゆめ」とルビが振られている)。オペレーション〈梟〉に(黄昏の奥さん役としての)参加を希望するのも、自身の有能さを(任務の面でも家庭の面でも)証明することで黄昏に自分を受け入れてもらいたいから。任務を通してゆくゆくは本物の夫婦になれればとも夢想している。そのため黄昏のことは(盲信スレスレのレベルで)信じ抜き、危機が迫れば全力で守り抜く。

一方で、黄昏をスパイとしても非常に尊敬しているため、自身の想いは今は任務の邪魔になると苦渋ながらも理解し、東西の冷戦が終わるまでは想いは告げないと決めている。


黄昏の奥さん役を現在こなしているヨルには敵意にも近い対抗心を抱いており、隙あらば妻の座を乗っ取ろうとまで考えを巡らす。

なお、心が読めるアーニャにはそんな彼女の内心は見透かされており、もしも母親になったらロイドの比ではないスパルタ教育を施すということで非常に警戒されている。とはいえ心底嫌われているわけではなく、内面を読んだアーニャに「賑やか」「愉快」と評されたりもしている

また、上司である管理官には黄昏への思慕を見抜かれており、指摘されると赤面し狼狽えるなど年頃の女性らしい反応も見られる。


他にもヨルのイメージシーンでは「え、いいんすか。じゃあ今度お宅に伺います」と言った感じにやたらと軽い口調で登場しており、アニメ版ではその時の声のトーンも高くなっている。


能力

能力

全体的な能力

WISE所属のスパイだけあって、頭脳や身体能力は諜報員としてはかなり優秀であり、事実としてロイド(黄昏)を間近で補佐する役を担っている。

黄昏との共同作戦では、彼に遅れや引けを取ることもなく、敵の仕掛けに気付いたり、協力して目的物のすり替えに成功するといった場面が見られた。また、ベテランの上司でも気づけなかった敵スパイを動向で察知し、特定するなど、ロイドには及ばないにせよスパイとしての実力は確かなもの。

単純な身体能力だけとっても呼吸を10分ほど止めておけたり、筋肉が大きく膨れ上がるようなドーピングをした選手をテニスで圧倒したり、果ては音速を超え地面を抉る衝撃波を放つショット柳田理科雄氏によるとマッハ1.51)を眼前まで迫ってから打ち返したりと、常人では比較にもならない。

しかし、さすがに作中きっての身体能力の持ち主であるヨルには及ばず、運動能力を見るという名目で彼女とテニスで勝負した際には、上記の超音速ショットでガットを木端微塵にされ、アイデンティティである無表情が崩れるほどの決定的敗北を味わうこととなった(よくよく考えるとヨルの超音速ショットをラケットが壊れるまでの間だけある程度踏ん張っている辺りやはりフィオナのスペックも大概である)。その後、自身の敗北を認め、巨岩を括りつけたテニスの素振りをわざわざ山に籠って猛練習したりなど、潔さと諦めの悪さを兼ね備えている。

公式ガイドブックによれば全体的な戦闘力はロイド未満、ユーリと五分五分。


夜帷の無表情(ポーカーフェイス)は「スパイたるものどんな時でも感情(ほんね)を表に出すな」「心を殺せ隙を見せるな」という黄昏の教えを愚直なまでに守った結果である……のだが、上記のテニスの勝負やヨルとの対戦、その後の猛練習の流れではさまざまな表情披露している


ロイドと同様、表向きの職場であるバーリント総合病院の同僚や看護師からの評判は良いようで、ロイドを妬んでいる部長ジェラルドからは密かに目をつけられている。

弱点

黄昏への気持ちが強すぎるばかりに、彼が絡むと途端にいつもの冷静沈着さを崩してしまうのが何よりの弱点。

愛や敬慕一色に思考が染まった際は、ヨルに唐突にテニス勝負を持ち掛けるなど、猪突猛進な一面を見せている。偽造書士が相手の時の巧妙な搦手を使う狡猾さと比べるとその差は歴然である。そもそも忘れ物を届けるという名目でフォージャー家に行ってヨルに接触する事自体が、今のところ上手くいっている「オペレーション〈梟〉」を不安定にさせかねない行為であり、帰ってきたロイドこと黄昏もフィオナが家にいた時は、何を考えているなどと怒りの表情を見せていた。

しかし、その愛の力ゆえに、黄昏が絶体絶命のピンチの際にブチ切れ、自身の肉体的なリミッターを解除、満身創痍で敵をボコボコにし、黄昏を救った。

自身も身体の何ヶ所かを骨折をするなど怪我を負うが、ヨルとのテニス対決で敗北(?)した悔しさで、巨岩を括りつけたラケットの素振りを山に籠って身体を鍛えていたおかげか、比較的軽傷で済んだ。(本人はこれを歯がゆく、皮肉に思っているようだが)

彼女の重すぎる愛がゆえに暴走という、欠点と思われた部分が、初めてプラスとなって動いた出来事となった。愛する人が関わると理性が飛ぶところは誰かさんにとても似ている。

果たして彼女の恋の行く末はいかに…。


関連イラスト

関連イラスト


余談

余談

  • 妻役になれない理由

もともと彼女が妻役になれなかったのは、オペレーション〈梟〉始動時点では別任務に就いていた為。それ以来何度も妻役の交代を提言しているものの、バツイチやもめ設定のロイドの妻が何度も変わるとイーデン校側に怪しまれてしまうという理由で、ハンドラーには却下されている。

ちなみに黄昏は彼女のことを「アーニャに対する(スパルタ)教育はできても育児のスキルはない(=母親としての愛情が無い)」と断言しており、幼い頃から弟の面倒を見てきたヨルのようにはなれない事を見透かされている。


  • ノットレディ

テニス大会の控室で黄昏に迫られたと彼女が勘違いした際、表情こそ大きく崩れなかったものの内心では大きく動揺して『先輩私まだノットレディ(テニス用語で、準備できていない相手にサーブを打つ行為)です』などの珍発言をしていた。


  • タグ

黄昏とセットでタグを付ける際はテニス大会での実況で使われた“フォニー夫妻”や“フォニーペア”、ナレーションで使われた“スパイコンビ”などが良いかもしれない。なお前述したように黄昏と夜帷は先輩後輩の間柄なため、そこを活かした名称も作れるかも。


  • デザインコンセプト

単行本6巻のおまけページによると、ヨルの「黒髪ロング」というコンセプトの対になるように「白髪ショート」というコンセプトになったとのこと。


  • 声優

テレビアニメMISSION:20で遂に登場し、声優は佐倉綾音に決まりこの回では名前ではなく『〈WISE〉工作員』名義でクレジット表記されている。根暗な主人公奉仕部の部長に加え、サッカー部マネージャーと同じ声優が出演し、SPY×FAMILYはどこかの青春ラブコメになりつつある。


  • アニオリ回

アニメ版Season2のMISSION:36のBパートでは「夜帷の日常」というタイトルのアニメオリジナルエピソードが描かれた。フォージャー家がクルーズ旅行に行っている間の出来事として自らの任務と兼任する形でロイドがこなす予定だった任務に奮闘する姿が描かれている。最後はロイドからお土産を貰って誰も見てないところでスキップをするほど上機嫌になっていた。

ちなみにこの回はベッキーメインのエピソードとで2本立てであり、現状本編では関わりがない2人がED映像でセットで登場していたのはこの構成を示唆してのものだと思われる。


  • 演者

SPY×FAMILYの登場人物の中で唯一、アニメよりも舞台演者が先に公開された。


  • 元ネタ

上述した心の中のセリフである「すぅ――――――きぃ――――――――♡」は、日向坂46の1期生メンバー・齊藤京子が「日向坂で会いましょう」の企画内で発した「すぅきぃ♡」が元ネタ。作者である遠藤達哉先生が日向坂46の大ファンであるため、こちらも本作の至る所に散りばめられている小ネタの一つと思われる。


関連タグ

関連タグ

SPY×FAMILY 夜帷 女スパイ 本名不明 WISE


ロイド・フォージャー


フォージャー家 ヨル・フォージャー アーニャ・フォージャー


シルヴィア・シャーウッド フランキー・フランクリン


クールビューティー クーデレ ヤンデレ メカクレ 銀髪 残念な美人

「次の任務で私の有能さを示し証明してみせる」

「黄昏(あなた)の妻にふさわしいのはこの私以外いないと…!!」


概要

概要

SPY×FAMILY』に登場する女スパイ。西国の諜報機関「WISE(ワイズ)」に所属しており、表向きはバーリント総合病院で事務員「フィオナ・フロスト」として働き、東国に潜入中。

暗号名(コードネーム)は〈夜帷〉。暗号名〈黄昏〉は彼女の先輩に当たる。


プロフィール

本名不明
異名夜帷
婚姻歴不明
家族不明
年齢不明
身長172cm
CV佐倉綾音
山口乃々華

人物

人物

容姿

肩まで切り揃えられた銀髪に、すらっとした体型。この漫画の成人女性キャラ全般に言える事だがかなり背が高くスタイルも抜群。

間近で見たヨルがまじまじと見つめてしまうほどには、美しい容姿の持ち主。

だが、鉄のように硬いポーカーフェイスと、非常に冷静かつ淡々とした性格により、何を考えているのか全く読めないという理由で、同じくスパイの同僚からは「毒婦」だの「冷血」だのと恐れられ、気味悪がられている。

フランキーからは「キレーな顔してエゲツねーぜ」と評されている。


執着

オペレーション〈梟〉への執着が激しく、自分こそが任務に相応しい存在だという主張が強い。意識的な無表情も相まってその様相はどこか不気味。それを見たWISEの同僚からは「出世のために黄昏の手柄を横取りしようとしている」「味方の背中も刺しかねん奴」と評され、気味悪がられて美人でありながら遠巻きにされている。


本性

「先輩 す き

すぅ――――――きぃ――――――――♡


普段こそ表には出さないものの、黄昏に対して心底ベタ惚れしており、アーニャが彼女の心を読んだ時も頭の中は黄昏への恋心で埋め尽くされるほど。その超重量ぶりは6巻カバー裏が顕著であり、明朝体でデカデカと「す」の一文字が紙面にはみ出すレベルで表現されている(5巻カバー裏のユーリの数々の思いとは対照的である)。

また彼女が持つ野望とは同僚が想定しているような組織内での出世ではなく『黄昏のお嫁さんになること』(原作では「彼女の野望」に「しょうらいのゆめ」とルビが振られている)。オペレーション〈梟〉に(黄昏の奥さん役としての)参加を希望するのも、自身の有能さを(任務の面でも家庭の面でも)証明することで黄昏に自分を受け入れてもらいたいから。任務を通してゆくゆくは本物の夫婦になれればとも夢想している。そのため黄昏のことは(盲信スレスレのレベルで)信じ抜き、危機が迫れば全力で守り抜く。

一方で、黄昏をスパイとしても非常に尊敬しているため、自身の想いは今は任務の邪魔になると苦渋ながらも理解し、東西の冷戦が終わるまでは想いは告げないと決めている。


黄昏の奥さん役を現在こなしているヨルには敵意にも近い対抗心を抱いており、隙あらば妻の座を乗っ取ろうとまで考えを巡らす。

なお、心が読めるアーニャにはそんな彼女の内心は見透かされており、もしも母親になったらロイドの比ではないスパルタ教育を施すということで非常に警戒されている。とはいえ心底嫌われているわけではなく、内面を読んだアーニャに「賑やか」「愉快」と評されたりもしている

また、上司である管理官には黄昏への思慕を見抜かれており、指摘されると赤面し狼狽えるなど年頃の女性らしい反応も見られる。


他にもヨルのイメージシーンでは「え、いいんすか。じゃあ今度お宅に伺います」と言った感じにやたらと軽い口調で登場しており、アニメ版ではその時の声のトーンも高くなっている。


能力

能力

全体的な能力

WISE所属のスパイだけあって、頭脳や身体能力は諜報員としてはかなり優秀であり、事実としてロイド(黄昏)を間近で補佐する役を担っている。

黄昏との共同作戦では、彼に遅れや引けを取ることもなく、敵の仕掛けに気付いたり、協力して目的物のすり替えに成功するといった場面が見られた。また、ベテランの上司でも気づけなかった敵スパイを動向で察知し、特定するなど、ロイドには及ばないにせよスパイとしての実力は確かなもの。

単純な身体能力だけとっても呼吸を10分ほど止めておけたり、筋肉が大きく膨れ上がるようなドーピングをした選手をテニスで圧倒したり、果ては音速を超え地面を抉る衝撃波を放つショット柳田理科雄氏によるとマッハ1.51)を眼前まで迫ってから打ち返したりと、常人では比較にもならない。

しかし、さすがに作中きっての身体能力の持ち主であるヨルには及ばず、運動能力を見るという名目で彼女とテニスで勝負した際には、上記の超音速ショットでガットを木端微塵にされ、アイデンティティである無表情が崩れるほどの決定的敗北を味わうこととなった(よくよく考えるとヨルの超音速ショットをラケットが壊れるまでの間だけある程度踏ん張っている辺りやはりフィオナのスペックも大概である)。その後、自身の敗北を認め、巨岩を括りつけたテニスの素振りをわざわざ山に籠って猛練習したりなど、潔さと諦めの悪さを兼ね備えている。

公式ガイドブックによれば全体的な戦闘力はロイド未満、ユーリと五分五分。


夜帷の無表情(ポーカーフェイス)は「スパイたるものどんな時でも感情(ほんね)を表に出すな」「心を殺せ隙を見せるな」という黄昏の教えを愚直なまでに守った結果である……のだが、上記のテニスの勝負やヨルとの対戦、その後の猛練習の流れではさまざまな表情披露している


ロイドと同様、表向きの職場であるバーリント総合病院の同僚や看護師からの評判は良いようで、ロイドを妬んでいる部長ジェラルドからは密かに目をつけられている。

弱点

黄昏への気持ちが強すぎるばかりに、彼が絡むと途端にいつもの冷静沈着さを崩してしまうのが何よりの弱点。

愛や敬慕一色に思考が染まった際は、ヨルに唐突にテニス勝負を持ち掛けるなど、猪突猛進な一面を見せている。偽造書士が相手の時の巧妙な搦手を使う狡猾さと比べるとその差は歴然である。そもそも忘れ物を届けるという名目でフォージャー家に行ってヨルに接触する事自体が、今のところ上手くいっている「オペレーション〈梟〉」を不安定にさせかねない行為であり、帰ってきたロイドこと黄昏もフィオナが家にいた時は、何を考えているなどと怒りの表情を見せていた。

しかし、その愛の力ゆえに、黄昏が絶体絶命のピンチの際にブチ切れ、自身の肉体的なリミッターを解除、満身創痍で敵をボコボコにし、黄昏を救った。

自身も身体の何ヶ所かを骨折をするなど怪我を負うが、ヨルとのテニス対決で敗北(?)した悔しさで、巨岩を括りつけたラケットの素振りを山に籠って身体を鍛えていたおかげか、比較的軽傷で済んだ。(本人はこれを歯がゆく、皮肉に思っているようだが)

彼女の重すぎる愛がゆえに暴走という、欠点と思われた部分が、初めてプラスとなって動いた出来事となった。愛する人が関わると理性が飛ぶところは誰かさんにとても似ている。

果たして彼女の恋の行く末はいかに…。


余談

余談

  • 妻役になれない理由

もともと彼女が妻役になれなかったのは、オペレーション〈梟〉始動時点では別任務に就いていた為。それ以来何度も妻役の交代を提言しているものの、バツイチやもめ設定のロイドの妻が何度も変わるとイーデン校側に怪しまれてしまうという理由で、ハンドラーには却下されている。

ちなみに黄昏は彼女のことを「アーニャに対する(スパルタ)教育はできても育児のスキルはない(=母親としての愛情が無い)」と断言しており、幼い頃から弟の面倒を見てきたヨルのようにはなれない事を見透かされている。


  • ノットレディ

テニス大会の控室で黄昏に迫られたと彼女が勘違いした際、表情こそ大きく崩れなかったものの内心では大きく動揺して『先輩私まだノットレディ(テニス用語で、準備できていない相手にサーブを打つ行為)です』などの珍発言をしていた。


  • タグ

黄昏とセットでタグを付ける際はテニス大会での実況で使われた“フォニー夫妻”や“フォニーペア”、ナレーションで使われた“スパイコンビ”などが良いかもしれない。なお前述したように黄昏と夜帷は先輩後輩の間柄なため、そこを活かした名称も作れるかも。


  • デザインコンセプト

単行本6巻のおまけページによると、ヨルの「黒髪ロング」というコンセプトの対になるように「白髪ショート」というコンセプトになったとのこと。


  • 声優

テレビアニメMISSION:20で遂に登場し、声優は佐倉綾音に決まりこの回では名前ではなく『〈WISE〉工作員』名義でクレジット表記されている。根暗な主人公奉仕部の部長に加え、サッカー部マネージャーと同じ声優が出演し、SPY×FAMILYはどこかの青春ラブコメになりつつある。


  • アニオリ回

アニメ版Season2のMISSION:36のBパートでは「夜帷の日常」というタイトルのアニメオリジナルエピソードが描かれた。フォージャー家がクルーズ旅行に行っている間の出来事として自らの任務と兼任する形でロイドがこなす予定だった任務に奮闘する姿が描かれている。最後はロイドからお土産を貰って誰も見てないところでスキップをするほど上機嫌になっていた。

ちなみにこの回はベッキーメインのエピソードとで2本立てであり、現状本編では関わりがない2人がED映像でセットで登場していたのはこの構成を示唆してのものだと思われる。


  • 演者

SPY×FAMILYの登場人物の中で唯一、アニメよりも舞台演者が先に公開された。


  • 元ネタ

上述した心の中のセリフである「すぅ――――――きぃ――――――――♡」は、日向坂46の1期生メンバー・齊藤京子が「日向坂で会いましょう」の企画内で発した「すぅきぃ♡」が元ネタ。作者である遠藤達哉先生が日向坂46の大ファンであるため、こちらも本作の至る所に散りばめられている小ネタの一つと思われる。


関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • SPY×FAMILY二次創作

    いばら姫は深く眠る

    単品。ロイヨル。黄昏いばら姫。 一月頭くらいに頂いたリクエストに応えた一作です。↓ 黄いば正体バレのお話で、黄昏が夜帷との共同任務中にいばら姫に遭遇、目があってお互いが気づいて一瞬攻撃を躊躇ってしまった隙に夜帷が黄昏を守ろうと発砲していばら姫に当たってしまい瀕死の状態に…みたいなお話が見たいです〜!!ヨルさんは心臓近くを貫通しても意地でもその場には倒れず路地裏まで逃げたりしそうですが… 夜帷がWISEとして正しい行動をしたと理解しているものの、ロイドとして許せないと思ってしまう自分がいる…という葛藤が見たすぎて。最後はハッピーエンドだと泣いて喜びます。 夜帷ちゃんキャラとしては好きなんですが、ロイヨルが大好き過ぎるので妄想の中ではついつい当て馬のような立ち位置にしちゃいがちです…。笑 もし気が向いたら、よろしくお願いします。 ↑以上、こちらを踏まえて書きました。ご本人様に届きますように…!すっごく面白かったです。あなたの脳みそがなければこの話はありませんでした。ありがとうございます! 楽しんで頂けますよう、暇つぶしになりますよう。
    20,642文字pixiv小説作品
  • その想いの”正体”は誰そ彼知らず

    67話ネタのユリロイです! 本当は本編公開前に書き上げたくて頑張って書いてたのですが間に合わなくて今になってしまいました💦 ただ、まだ見ていないのでセーフです…!!← 公式がどうなったかは分かりませんが こんな可能性もあるんじゃないかと、希望と妄想増しましに書いてみました笑 フォロワーさんとこうなったら良いなとか 予想立ててたら何だかめちゃくちゃかわいいユーリを受信してしまいまして…! こんなの見たい!!と思ってすぐに筆を取っていました笑 もうユーリはロさんに出会うまで初恋もまだだろうし思春期みたいな無自覚恋心に振り回されてドキドキしたりしてて欲しいなと…! フィオナはちらちら、 最後の方にちらっとヨルさんとアーニャが出てくるので一応タグ付けときました!
  • 諜報員たちの日常

    戦闘服

    フォロワーさんがTwitterに投稿していた薄着で殲滅作戦に行こうとしていた夜帷が素敵すぎて、恐れ多くも許可を頂き話を書かせていただきました。 黄昏さん、無意識に夜帷を煽っていれば良いなぁとか思っている。 そして夜帷も夜帷でその所為で大暴走してくれればいいと思っている。 ご許可ありがとうございました。
  • シャル・ウィ・ダンス?

    フィオナの潜入捜査にフランキーがついてきて・・・という話。 フラ×フィにするつもりがフラ→フィになってしまいました。ロイド強すぎる ロイドとヨルさんはフィオナの回想のみ登場です。
  • morning glory

    真実に蓋を

    morning glory 11話。 ユーリとティファニー。 前半コメディです。ロッティに助けられるユーリ…からの後半はシリアスです。
    10,441文字pixiv小説作品
  • 眠りの森のいばら姫

    眠りの森のいばら姫 3/5

    〈ガーデン編〉 ロイド × ヨル 夢に苦しめられ続けるヨル。そんな中、ロイドとユーリは研究員アダムの尋問を行い、フランキーとフィオナはポルトガルで大きな手がかりを掴むことになる。任務完遂まであと少し。ロイドはヨルの看病に付きっきりになっているところ、ヨルへの気持ちに少しずつ違和感を抱き始めてーー。 『10ダルクと子守唄〈プロジェクトアップル編〉https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18138108』『秘密警察(SSS)編』に続く物語です。ハッピーエンド。 登場人物 WISE局長:アダム・シュナイダー MI6局長:ルーイ・エバンズ 爆弾作りの天才:ライアン・コネリー KGBの高官:ウラジーミル・イワノフ KGBエリート研究員:ロルフ・ニコチン SSSの少将:ヨナス・フックス SSSの少尉:ユーリ・ブライア ※注意書き 詳しくはhttps://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18811437のキャプションへ。 ・捏造のオンパレード。最新話までネタバレもあります。作中に登場する人物、国、地名、組織、道具などありとあらゆるもの全て著者の想像の産物です。拷問(描写は筆者なりに軽め)、人殺し他いろいろ要注意。なんでも許せる方向け。 ・好き!!こうなって欲しい!!を全力で詰め込んだ話になります笑笑 全て筆者の妄想ですが、是非読んでいただければ嬉しいです😊(矛盾している点やおかしな点があれば申し訳ないです) ロイドとユーリが共同で行う尋問、ヨルの看病など自分の性癖に刺さる(笑)シチュエーションを入れまくりました。ここから無自覚なロイドさんがどんどん甘くなっていきます。フランキーとフィオナの組み合わせも個人的には好きです。 ・内容等変更する可能性があります。
    12,459文字pixiv小説作品
  • morning glory

    sunset

    己が利のため――
    10,745文字pixiv小説作品
  • 諜報員たちの日常

    後輩諜報員は乙女な夢を見る

    Twitterのフォロワーさんが投下された絵に触発され書いたものです ご許可は頂いております 以下、必ず読んでね ------ タイトル通り、<夜帷>の夢オチです タソトバ的な描写が若干あるので苦手な方は回れ右 閲覧後の文句、非難等は一切受け付けません 自衛しましょう、お互いの為なので ------
  • 大好きで、大切で。

    職場の同僚から見合いを斡旋されたユーリにフィオナがとある提案を申し出るお話。ユーリが守りたいと願う大好きで大切な存在とは。ほぼこの二人しか出ませんがちゃんとロイヨルです。 素敵な表紙をお借りしました。https://www.pixiv.net/artworks/95382915#big_7
  • かえられるみらい

    夜中に思いついたので。
  • 諜報員たちの日常

    敏腕諜報員は家族に傷を隠す

    精神科医って本当に殴られたりしてるよねーって言うのを思い出した(https://twitter.com/orika_phoris/status/1631083741031571456)ので、ロッティも任務中じゃなくて診察中に患者に殴られたり罵倒されたりきっとしてるよねー、という事で。 書きました。 尚、この話は次週ヨル編へと続きます -------------------------- 最近とても同人誌を作りたい衝動に駆られていて、支部に載せた話に加筆修正したものを出そうと計画中です。 話を一つに絞るか、複数ネタ入れてlog本的なのにするかは不明
  • 諜報員たちの日常

    愛と狂気は紙一重

    Twitter(現X)にて前にフォロワーさんと話してた時に残しておいたネタメモ(タイトルと内容少々)を引っ張り出して書いたフィオナの話 だってネタにしても良いって言ってたもん 今回はルビとかに気を使いました、どうすれば狂気と言えるかとか考えつつこんな感じ、みたいな あと、ラストのシーンはアニメオリジナルの「<夜帷>の日常」のラストのスキップを思い描いて貰えればいいなぁ きっと「すーき、すーき」とか脳内で言ってるはず 他作でのアニオリ話って微妙なの多いけど、スパファミのは結構好き って言うか、内心「好き好き」言いながらスキップしてるフィオナ可愛いよ(無表情だけど)
  • 大切なあなた

    ぶっ飛んでいるユーリ君と夜帷さんが好きで書いたお話です。 どうぞよろしくお願いいたします。
  • SPY×FAMILY_イーデンパロ

    番外編 それぞれの先

    イーデンパロこれが本当のラストです フラフィオ(というかフラ→フィオ)とロヨいちゃいちゃ(のはず) ぶっちょさん、どうして店長の下で働いている設定にしちゃったのだろう 原作通り市役所勤務で良かったじゃんとか書いていて思った そう、続き物だとこういうことがあるから苦手なんだよ ( ノД`)シクシク… さてさて、一年以上週一更新を頑張っていたのですがそろそろ本気で薄い本の方に手を付けなければ六月に間に合わないので暫く支部更新はないと思います。 ふとネタと気力が沸いたら載せるかもですが、更新されたら「こいつ原稿から逃げやがった」と思ってください( ´艸`)
  • 聖夜の灯は静かに灯る

    フィオナとユーリが出会ったらイメージのうちの1つで今回はクリスマスの夜 ユーリとアニャの服はジャンフェスのあの冬服のイメージです! いや〜…あのユーリかわいいですよね〜 もとから可愛いけどさらにかわい子ちゃん度upしててもうなんとも言えない…!! 秘密警察、恋敵(ヨル・ブライア)の弟、先輩(黄昏そしてロイド)の義弟 なユーリを見かけてハニトラモーション仕掛けて落としたら先輩に褒められるのでは!!? と思った夜帷がユーリを落とそうとするけど 全然上手く行かないしなんならスルーされてるし逆におじめいとユリロイを見せつけられちゃって夜帷大爆発!みたいな話です笑笑 今回、ロさんは居ないですが雰囲気とかが 絶妙にユロなので一応タグ入れときました。 あとロさんがユーリ大好きお義兄ちゃんで ユーリがツンデレ義弟な感じの左右がここだけだとはっきり見えない感じなので ユロもロユも入れました。 関係性萌えオタクなのでぶっちゃけユーリがツンデレでかわいくてロさんに甘々されて 真っ赤になって「ロッティーーーー!(><)」てなってれば満足なのでどっちでもいいかなと笑← タイトルは夜帷の静かな戦いの炎のイメージ 対象的にこの話は全体的にわちゃわちゃしてるので騒がしいですが笑
  • フィオナと〈夜帷〉の「バーリント・ラブ」

     6月10日。〈ロイド〉と〈夜帷〉の日?   フィオナちゃんは、恋に恋する乙女ね。〈黄昏〉先輩を美化しすぎよ、フィオナちゃん!  現在〈ロイド・フォージャー〉と名のる〈黄昏〉氏は、〈ローランド〉君や〈参謀〉くんを内に抱えている複雑な人間よ。優秀素敵かっこいいだけではないのよ。美化しすぎの末の結婚は不幸なだけよ。  愛と執着は似てるわね。キッツイこというけど、きっと耳に入らないと思うし受け入れないだろうけどあえていうわ。あなたが「愛」と言っているものは「妄執」じゃないかしら?深呼吸して周りを見渡してごらんなさいな。もっといい男はいくらでもいるわよ。  あ、アタシ?通りすがりのお節介オバちゃんよ!  とばり~、恋は盲目過ぎて任務に私情を交えたらあかーん!   「バーリント・ラブ」のワンシーンは11巻に収録してあります。アニメ派の方に配慮していませんが、お読みいただいてもネタバレにはならないと思います。
  • 2つの強奪戦

    ロイドを巡るヨルとフィオナの女同士の戦いです。 誤字脱字等あったらごめんなさい
  • Case Report:医師ロイド・フォージャーとその周辺

    こちらバーリント総合病院精神科医局秘書室

    フィオナ・フロストとその同僚。 こういう化け物みたいなベテランどこの職場にもいるよね。 最後にうっすらロヨ。夜帷がかわいそうかもしれない…すみません… Twitter初出:20230407
  • 黄昏のハートを奪取せよ 〜夜帷のお誕生日プレゼント大作戦〜

    フィオナ・フロストが、ロイド・フォージャーの誕生日プレゼントをめぐって悪戦苦闘する話です。 ヨルがロイド・フォージャーの誕生日プレゼントをひそかに用意している。そんな情報をフランキーから入手したフィオナは、彼女からそのプレゼントを盗み取る計画をたてる。しかし計画は思うとおりに進まず、ヨルと接するうち、フィオナの心に変化が……。 あくまでフィオナ視点のお話なので、ヨルさんの内面にはあまり深く踏み込んではいません。ちょっとヨルさんが、純真無垢すぎる人物になってしまったかも。フィオナに対する複雑な感情は、そう簡単に整理できるものではないかもしれない。ただ、間違いなく彼女は心の綺麗な人だと思うのです。そしてフィオナにもまた、純なものがある。こんな二人がいつか、対立を乗り越えて手を取り合える日がくればいいな……などと、思ったりしています。
    23,037文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

フィオナ・フロスト
59
フィオナ・フロスト
59
フィオナ・フロスト(Fiona Frost)とは、漫画『SPY×FAMILY』の登場人物である。

「次の任務で私の有能さを示し証明してみせる」

「黄昏(あなた)の妻にふさわしいのはこの私以外いないと…!!」


概要

概要

SPY×FAMILY』に登場する女スパイ。西国の諜報機関「WISE(ワイズ)」に所属しており、表向きはバーリント総合病院で事務員「フィオナ・フロスト」として働き、東国に潜入中。

暗号名(コードネーム)は〈夜帷〉。暗号名〈黄昏〉は彼女の先輩に当たる。


プロフィール

本名不明
異名夜帷
婚姻歴不明
家族不明
年齢不明
身長172cm
CV佐倉綾音
山口乃々華

人物

人物

容姿

肩まで切り揃えられた銀髪に、すらっとした体型。この漫画の成人女性キャラ全般に言える事だがかなり背が高くスタイルも抜群。

間近で見たヨルがまじまじと見つめてしまうほどには、美しい容姿の持ち主。

だが、鉄のように硬いポーカーフェイスと、非常に冷静かつ淡々とした性格により、何を考えているのか全く読めないという理由で、同じくスパイの同僚からは「毒婦」だの「冷血」だのと恐れられ、気味悪がられている。

フランキーからは「キレーな顔してエゲツねーぜ」と評されている。


執着

オペレーション〈梟〉への執着が激しく、自分こそが任務に相応しい存在だという主張が強い。意識的な無表情も相まってその様相はどこか不気味。それを見たWISEの同僚からは「出世のために黄昏の手柄を横取りしようとしている」「味方の背中も刺しかねん奴」と評され、気味悪がられて美人でありながら遠巻きにされている。


本性

「先輩 す き

すぅ――――――きぃ――――――――♡


普段こそ表には出さないものの、黄昏に対して心底ベタ惚れしており、アーニャが彼女の心を読んだ時も頭の中は黄昏への恋心で埋め尽くされるほど。その超重量ぶりは6巻カバー裏が顕著であり、明朝体でデカデカと「す」の一文字が紙面にはみ出すレベルで表現されている(5巻カバー裏のユーリの数々の思いとは対照的である)。

また彼女が持つ野望とは同僚が想定しているような組織内での出世ではなく『黄昏のお嫁さんになること』(原作では「彼女の野望」に「しょうらいのゆめ」とルビが振られている)。オペレーション〈梟〉に(黄昏の奥さん役としての)参加を希望するのも、自身の有能さを(任務の面でも家庭の面でも)証明することで黄昏に自分を受け入れてもらいたいから。任務を通してゆくゆくは本物の夫婦になれればとも夢想している。そのため黄昏のことは(盲信スレスレのレベルで)信じ抜き、危機が迫れば全力で守り抜く。

一方で、黄昏をスパイとしても非常に尊敬しているため、自身の想いは今は任務の邪魔になると苦渋ながらも理解し、東西の冷戦が終わるまでは想いは告げないと決めている。


黄昏の奥さん役を現在こなしているヨルには敵意にも近い対抗心を抱いており、隙あらば妻の座を乗っ取ろうとまで考えを巡らす。

なお、心が読めるアーニャにはそんな彼女の内心は見透かされており、もしも母親になったらロイドの比ではないスパルタ教育を施すということで非常に警戒されている。とはいえ心底嫌われているわけではなく、内面を読んだアーニャに「賑やか」「愉快」と評されたりもしている

また、上司である管理官には黄昏への思慕を見抜かれており、指摘されると赤面し狼狽えるなど年頃の女性らしい反応も見られる。


他にもヨルのイメージシーンでは「え、いいんすか。じゃあ今度お宅に伺います」と言った感じにやたらと軽い口調で登場しており、アニメ版ではその時の声のトーンも高くなっている。


能力

能力

全体的な能力

WISE所属のスパイだけあって、頭脳や身体能力は諜報員としてはかなり優秀であり、事実としてロイド(黄昏)を間近で補佐する役を担っている。

黄昏との共同作戦では、彼に遅れや引けを取ることもなく、敵の仕掛けに気付いたり、協力して目的物のすり替えに成功するといった場面が見られた。また、ベテランの上司でも気づけなかった敵スパイを動向で察知し、特定するなど、ロイドには及ばないにせよスパイとしての実力は確かなもの。

単純な身体能力だけとっても呼吸を10分ほど止めておけたり、筋肉が大きく膨れ上がるようなドーピングをした選手をテニスで圧倒したり、果ては音速を超え地面を抉る衝撃波を放つショット柳田理科雄氏によるとマッハ1.51)を眼前まで迫ってから打ち返したりと、常人では比較にもならない。

しかし、さすがに作中きっての身体能力の持ち主であるヨルには及ばず、運動能力を見るという名目で彼女とテニスで勝負した際には、上記の超音速ショットでガットを木端微塵にされ、アイデンティティである無表情が崩れるほどの決定的敗北を味わうこととなった(よくよく考えるとヨルの超音速ショットをラケットが壊れるまでの間だけある程度踏ん張っている辺りやはりフィオナのスペックも大概である)。その後、自身の敗北を認め、巨岩を括りつけたテニスの素振りをわざわざ山に籠って猛練習したりなど、潔さと諦めの悪さを兼ね備えている。

公式ガイドブックによれば全体的な戦闘力はロイド未満、ユーリと五分五分。


夜帷の無表情(ポーカーフェイス)は「スパイたるものどんな時でも感情(ほんね)を表に出すな」「心を殺せ隙を見せるな」という黄昏の教えを愚直なまでに守った結果である……のだが、上記のテニスの勝負やヨルとの対戦、その後の猛練習の流れではさまざまな表情披露している


ロイドと同様、表向きの職場であるバーリント総合病院の同僚や看護師からの評判は良いようで、ロイドを妬んでいる部長ジェラルドからは密かに目をつけられている。

弱点

黄昏への気持ちが強すぎるばかりに、彼が絡むと途端にいつもの冷静沈着さを崩してしまうのが何よりの弱点。

愛や敬慕一色に思考が染まった際は、ヨルに唐突にテニス勝負を持ち掛けるなど、猪突猛進な一面を見せている。偽造書士が相手の時の巧妙な搦手を使う狡猾さと比べるとその差は歴然である。そもそも忘れ物を届けるという名目でフォージャー家に行ってヨルに接触する事自体が、今のところ上手くいっている「オペレーション〈梟〉」を不安定にさせかねない行為であり、帰ってきたロイドこと黄昏もフィオナが家にいた時は、何を考えているなどと怒りの表情を見せていた。

しかし、その愛の力ゆえに、黄昏が絶体絶命のピンチの際にブチ切れ、自身の肉体的なリミッターを解除、満身創痍で敵をボコボコにし、黄昏を救った。

自身も身体の何ヶ所かを骨折をするなど怪我を負うが、ヨルとのテニス対決で敗北(?)した悔しさで、巨岩を括りつけたラケットの素振りを山に籠って身体を鍛えていたおかげか、比較的軽傷で済んだ。(本人はこれを歯がゆく、皮肉に思っているようだが)

彼女の重すぎる愛がゆえに暴走という、欠点と思われた部分が、初めてプラスとなって動いた出来事となった。愛する人が関わると理性が飛ぶところは誰かさんにとても似ている。

果たして彼女の恋の行く末はいかに…。


関連イラスト

関連イラスト


余談

余談

  • 妻役になれない理由

もともと彼女が妻役になれなかったのは、オペレーション〈梟〉始動時点では別任務に就いていた為。それ以来何度も妻役の交代を提言しているものの、バツイチやもめ設定のロイドの妻が何度も変わるとイーデン校側に怪しまれてしまうという理由で、ハンドラーには却下されている。

ちなみに黄昏は彼女のことを「アーニャに対する(スパルタ)教育はできても育児のスキルはない(=母親としての愛情が無い)」と断言しており、幼い頃から弟の面倒を見てきたヨルのようにはなれない事を見透かされている。


  • ノットレディ

テニス大会の控室で黄昏に迫られたと彼女が勘違いした際、表情こそ大きく崩れなかったものの内心では大きく動揺して『先輩私まだノットレディ(テニス用語で、準備できていない相手にサーブを打つ行為)です』などの珍発言をしていた。


  • タグ

黄昏とセットでタグを付ける際はテニス大会での実況で使われた“フォニー夫妻”や“フォニーペア”、ナレーションで使われた“スパイコンビ”などが良いかもしれない。なお前述したように黄昏と夜帷は先輩後輩の間柄なため、そこを活かした名称も作れるかも。


  • デザインコンセプト

単行本6巻のおまけページによると、ヨルの「黒髪ロング」というコンセプトの対になるように「白髪ショート」というコンセプトになったとのこと。


  • 声優

テレビアニメMISSION:20で遂に登場し、声優は佐倉綾音に決まりこの回では名前ではなく『〈WISE〉工作員』名義でクレジット表記されている。根暗な主人公奉仕部の部長に加え、サッカー部マネージャーと同じ声優が出演し、SPY×FAMILYはどこかの青春ラブコメになりつつある。


  • アニオリ回

アニメ版Season2のMISSION:36のBパートでは「夜帷の日常」というタイトルのアニメオリジナルエピソードが描かれた。フォージャー家がクルーズ旅行に行っている間の出来事として自らの任務と兼任する形でロイドがこなす予定だった任務に奮闘する姿が描かれている。最後はロイドからお土産を貰って誰も見てないところでスキップをするほど上機嫌になっていた。

ちなみにこの回はベッキーメインのエピソードとで2本立てであり、現状本編では関わりがない2人がED映像でセットで登場していたのはこの構成を示唆してのものだと思われる。


  • 演者

SPY×FAMILYの登場人物の中で唯一、アニメよりも舞台演者が先に公開された。


  • 元ネタ

上述した心の中のセリフである「すぅ――――――きぃ――――――――♡」は、日向坂46の1期生メンバー・齊藤京子が「日向坂で会いましょう」の企画内で発した「すぅきぃ♡」が元ネタ。作者である遠藤達哉先生が日向坂46の大ファンであるため、こちらも本作の至る所に散りばめられている小ネタの一つと思われる。


関連タグ

関連タグ

SPY×FAMILY 夜帷 女スパイ 本名不明 WISE


ロイド・フォージャー


フォージャー家 ヨル・フォージャー アーニャ・フォージャー


シルヴィア・シャーウッド フランキー・フランクリン


クールビューティー クーデレ ヤンデレ メカクレ 銀髪 残念な美人

「次の任務で私の有能さを示し証明してみせる」

「黄昏(あなた)の妻にふさわしいのはこの私以外いないと…!!」


概要

概要

SPY×FAMILY』に登場する女スパイ。西国の諜報機関「WISE(ワイズ)」に所属しており、表向きはバーリント総合病院で事務員「フィオナ・フロスト」として働き、東国に潜入中。

暗号名(コードネーム)は〈夜帷〉。暗号名〈黄昏〉は彼女の先輩に当たる。


プロフィール

本名不明
異名夜帷
婚姻歴不明
家族不明
年齢不明
身長172cm
CV佐倉綾音
山口乃々華

人物

人物

容姿

肩まで切り揃えられた銀髪に、すらっとした体型。この漫画の成人女性キャラ全般に言える事だがかなり背が高くスタイルも抜群。

間近で見たヨルがまじまじと見つめてしまうほどには、美しい容姿の持ち主。

だが、鉄のように硬いポーカーフェイスと、非常に冷静かつ淡々とした性格により、何を考えているのか全く読めないという理由で、同じくスパイの同僚からは「毒婦」だの「冷血」だのと恐れられ、気味悪がられている。

フランキーからは「キレーな顔してエゲツねーぜ」と評されている。


執着

オペレーション〈梟〉への執着が激しく、自分こそが任務に相応しい存在だという主張が強い。意識的な無表情も相まってその様相はどこか不気味。それを見たWISEの同僚からは「出世のために黄昏の手柄を横取りしようとしている」「味方の背中も刺しかねん奴」と評され、気味悪がられて美人でありながら遠巻きにされている。


本性

「先輩 す き

すぅ――――――きぃ――――――――♡


普段こそ表には出さないものの、黄昏に対して心底ベタ惚れしており、アーニャが彼女の心を読んだ時も頭の中は黄昏への恋心で埋め尽くされるほど。その超重量ぶりは6巻カバー裏が顕著であり、明朝体でデカデカと「す」の一文字が紙面にはみ出すレベルで表現されている(5巻カバー裏のユーリの数々の思いとは対照的である)。

また彼女が持つ野望とは同僚が想定しているような組織内での出世ではなく『黄昏のお嫁さんになること』(原作では「彼女の野望」に「しょうらいのゆめ」とルビが振られている)。オペレーション〈梟〉に(黄昏の奥さん役としての)参加を希望するのも、自身の有能さを(任務の面でも家庭の面でも)証明することで黄昏に自分を受け入れてもらいたいから。任務を通してゆくゆくは本物の夫婦になれればとも夢想している。そのため黄昏のことは(盲信スレスレのレベルで)信じ抜き、危機が迫れば全力で守り抜く。

一方で、黄昏をスパイとしても非常に尊敬しているため、自身の想いは今は任務の邪魔になると苦渋ながらも理解し、東西の冷戦が終わるまでは想いは告げないと決めている。


黄昏の奥さん役を現在こなしているヨルには敵意にも近い対抗心を抱いており、隙あらば妻の座を乗っ取ろうとまで考えを巡らす。

なお、心が読めるアーニャにはそんな彼女の内心は見透かされており、もしも母親になったらロイドの比ではないスパルタ教育を施すということで非常に警戒されている。とはいえ心底嫌われているわけではなく、内面を読んだアーニャに「賑やか」「愉快」と評されたりもしている

また、上司である管理官には黄昏への思慕を見抜かれており、指摘されると赤面し狼狽えるなど年頃の女性らしい反応も見られる。


他にもヨルのイメージシーンでは「え、いいんすか。じゃあ今度お宅に伺います」と言った感じにやたらと軽い口調で登場しており、アニメ版ではその時の声のトーンも高くなっている。


能力

能力

全体的な能力

WISE所属のスパイだけあって、頭脳や身体能力は諜報員としてはかなり優秀であり、事実としてロイド(黄昏)を間近で補佐する役を担っている。

黄昏との共同作戦では、彼に遅れや引けを取ることもなく、敵の仕掛けに気付いたり、協力して目的物のすり替えに成功するといった場面が見られた。また、ベテランの上司でも気づけなかった敵スパイを動向で察知し、特定するなど、ロイドには及ばないにせよスパイとしての実力は確かなもの。

単純な身体能力だけとっても呼吸を10分ほど止めておけたり、筋肉が大きく膨れ上がるようなドーピングをした選手をテニスで圧倒したり、果ては音速を超え地面を抉る衝撃波を放つショット柳田理科雄氏によるとマッハ1.51)を眼前まで迫ってから打ち返したりと、常人では比較にもならない。

しかし、さすがに作中きっての身体能力の持ち主であるヨルには及ばず、運動能力を見るという名目で彼女とテニスで勝負した際には、上記の超音速ショットでガットを木端微塵にされ、アイデンティティである無表情が崩れるほどの決定的敗北を味わうこととなった(よくよく考えるとヨルの超音速ショットをラケットが壊れるまでの間だけある程度踏ん張っている辺りやはりフィオナのスペックも大概である)。その後、自身の敗北を認め、巨岩を括りつけたテニスの素振りをわざわざ山に籠って猛練習したりなど、潔さと諦めの悪さを兼ね備えている。

公式ガイドブックによれば全体的な戦闘力はロイド未満、ユーリと五分五分。


夜帷の無表情(ポーカーフェイス)は「スパイたるものどんな時でも感情(ほんね)を表に出すな」「心を殺せ隙を見せるな」という黄昏の教えを愚直なまでに守った結果である……のだが、上記のテニスの勝負やヨルとの対戦、その後の猛練習の流れではさまざまな表情披露している


ロイドと同様、表向きの職場であるバーリント総合病院の同僚や看護師からの評判は良いようで、ロイドを妬んでいる部長ジェラルドからは密かに目をつけられている。

弱点

黄昏への気持ちが強すぎるばかりに、彼が絡むと途端にいつもの冷静沈着さを崩してしまうのが何よりの弱点。

愛や敬慕一色に思考が染まった際は、ヨルに唐突にテニス勝負を持ち掛けるなど、猪突猛進な一面を見せている。偽造書士が相手の時の巧妙な搦手を使う狡猾さと比べるとその差は歴然である。そもそも忘れ物を届けるという名目でフォージャー家に行ってヨルに接触する事自体が、今のところ上手くいっている「オペレーション〈梟〉」を不安定にさせかねない行為であり、帰ってきたロイドこと黄昏もフィオナが家にいた時は、何を考えているなどと怒りの表情を見せていた。

しかし、その愛の力ゆえに、黄昏が絶体絶命のピンチの際にブチ切れ、自身の肉体的なリミッターを解除、満身創痍で敵をボコボコにし、黄昏を救った。

自身も身体の何ヶ所かを骨折をするなど怪我を負うが、ヨルとのテニス対決で敗北(?)した悔しさで、巨岩を括りつけたラケットの素振りを山に籠って身体を鍛えていたおかげか、比較的軽傷で済んだ。(本人はこれを歯がゆく、皮肉に思っているようだが)

彼女の重すぎる愛がゆえに暴走という、欠点と思われた部分が、初めてプラスとなって動いた出来事となった。愛する人が関わると理性が飛ぶところは誰かさんにとても似ている。

果たして彼女の恋の行く末はいかに…。


余談

余談

  • 妻役になれない理由

もともと彼女が妻役になれなかったのは、オペレーション〈梟〉始動時点では別任務に就いていた為。それ以来何度も妻役の交代を提言しているものの、バツイチやもめ設定のロイドの妻が何度も変わるとイーデン校側に怪しまれてしまうという理由で、ハンドラーには却下されている。

ちなみに黄昏は彼女のことを「アーニャに対する(スパルタ)教育はできても育児のスキルはない(=母親としての愛情が無い)」と断言しており、幼い頃から弟の面倒を見てきたヨルのようにはなれない事を見透かされている。


  • ノットレディ

テニス大会の控室で黄昏に迫られたと彼女が勘違いした際、表情こそ大きく崩れなかったものの内心では大きく動揺して『先輩私まだノットレディ(テニス用語で、準備できていない相手にサーブを打つ行為)です』などの珍発言をしていた。


  • タグ

黄昏とセットでタグを付ける際はテニス大会での実況で使われた“フォニー夫妻”や“フォニーペア”、ナレーションで使われた“スパイコンビ”などが良いかもしれない。なお前述したように黄昏と夜帷は先輩後輩の間柄なため、そこを活かした名称も作れるかも。


  • デザインコンセプト

単行本6巻のおまけページによると、ヨルの「黒髪ロング」というコンセプトの対になるように「白髪ショート」というコンセプトになったとのこと。


  • 声優

テレビアニメMISSION:20で遂に登場し、声優は佐倉綾音に決まりこの回では名前ではなく『〈WISE〉工作員』名義でクレジット表記されている。根暗な主人公奉仕部の部長に加え、サッカー部マネージャーと同じ声優が出演し、SPY×FAMILYはどこかの青春ラブコメになりつつある。


  • アニオリ回

アニメ版Season2のMISSION:36のBパートでは「夜帷の日常」というタイトルのアニメオリジナルエピソードが描かれた。フォージャー家がクルーズ旅行に行っている間の出来事として自らの任務と兼任する形でロイドがこなす予定だった任務に奮闘する姿が描かれている。最後はロイドからお土産を貰って誰も見てないところでスキップをするほど上機嫌になっていた。

ちなみにこの回はベッキーメインのエピソードとで2本立てであり、現状本編では関わりがない2人がED映像でセットで登場していたのはこの構成を示唆してのものだと思われる。


  • 演者

SPY×FAMILYの登場人物の中で唯一、アニメよりも舞台演者が先に公開された。


  • 元ネタ

上述した心の中のセリフである「すぅ――――――きぃ――――――――♡」は、日向坂46の1期生メンバー・齊藤京子が「日向坂で会いましょう」の企画内で発した「すぅきぃ♡」が元ネタ。作者である遠藤達哉先生が日向坂46の大ファンであるため、こちらも本作の至る所に散りばめられている小ネタの一つと思われる。


関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • SPY×FAMILY二次創作

    いばら姫は深く眠る

    単品。ロイヨル。黄昏いばら姫。 一月頭くらいに頂いたリクエストに応えた一作です。↓ 黄いば正体バレのお話で、黄昏が夜帷との共同任務中にいばら姫に遭遇、目があってお互いが気づいて一瞬攻撃を躊躇ってしまった隙に夜帷が黄昏を守ろうと発砲していばら姫に当たってしまい瀕死の状態に…みたいなお話が見たいです〜!!ヨルさんは心臓近くを貫通しても意地でもその場には倒れず路地裏まで逃げたりしそうですが… 夜帷がWISEとして正しい行動をしたと理解しているものの、ロイドとして許せないと思ってしまう自分がいる…という葛藤が見たすぎて。最後はハッピーエンドだと泣いて喜びます。 夜帷ちゃんキャラとしては好きなんですが、ロイヨルが大好き過ぎるので妄想の中ではついつい当て馬のような立ち位置にしちゃいがちです…。笑 もし気が向いたら、よろしくお願いします。 ↑以上、こちらを踏まえて書きました。ご本人様に届きますように…!すっごく面白かったです。あなたの脳みそがなければこの話はありませんでした。ありがとうございます! 楽しんで頂けますよう、暇つぶしになりますよう。
    20,642文字pixiv小説作品
  • その想いの”正体”は誰そ彼知らず

    67話ネタのユリロイです! 本当は本編公開前に書き上げたくて頑張って書いてたのですが間に合わなくて今になってしまいました💦 ただ、まだ見ていないのでセーフです…!!← 公式がどうなったかは分かりませんが こんな可能性もあるんじゃないかと、希望と妄想増しましに書いてみました笑 フォロワーさんとこうなったら良いなとか 予想立ててたら何だかめちゃくちゃかわいいユーリを受信してしまいまして…! こんなの見たい!!と思ってすぐに筆を取っていました笑 もうユーリはロさんに出会うまで初恋もまだだろうし思春期みたいな無自覚恋心に振り回されてドキドキしたりしてて欲しいなと…! フィオナはちらちら、 最後の方にちらっとヨルさんとアーニャが出てくるので一応タグ付けときました!
  • 諜報員たちの日常

    戦闘服

    フォロワーさんがTwitterに投稿していた薄着で殲滅作戦に行こうとしていた夜帷が素敵すぎて、恐れ多くも許可を頂き話を書かせていただきました。 黄昏さん、無意識に夜帷を煽っていれば良いなぁとか思っている。 そして夜帷も夜帷でその所為で大暴走してくれればいいと思っている。 ご許可ありがとうございました。
  • シャル・ウィ・ダンス?

    フィオナの潜入捜査にフランキーがついてきて・・・という話。 フラ×フィにするつもりがフラ→フィになってしまいました。ロイド強すぎる ロイドとヨルさんはフィオナの回想のみ登場です。
  • morning glory

    真実に蓋を

    morning glory 11話。 ユーリとティファニー。 前半コメディです。ロッティに助けられるユーリ…からの後半はシリアスです。
    10,441文字pixiv小説作品
  • 眠りの森のいばら姫

    眠りの森のいばら姫 3/5

    〈ガーデン編〉 ロイド × ヨル 夢に苦しめられ続けるヨル。そんな中、ロイドとユーリは研究員アダムの尋問を行い、フランキーとフィオナはポルトガルで大きな手がかりを掴むことになる。任務完遂まであと少し。ロイドはヨルの看病に付きっきりになっているところ、ヨルへの気持ちに少しずつ違和感を抱き始めてーー。 『10ダルクと子守唄〈プロジェクトアップル編〉https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18138108』『秘密警察(SSS)編』に続く物語です。ハッピーエンド。 登場人物 WISE局長:アダム・シュナイダー MI6局長:ルーイ・エバンズ 爆弾作りの天才:ライアン・コネリー KGBの高官:ウラジーミル・イワノフ KGBエリート研究員:ロルフ・ニコチン SSSの少将:ヨナス・フックス SSSの少尉:ユーリ・ブライア ※注意書き 詳しくはhttps://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18811437のキャプションへ。 ・捏造のオンパレード。最新話までネタバレもあります。作中に登場する人物、国、地名、組織、道具などありとあらゆるもの全て著者の想像の産物です。拷問(描写は筆者なりに軽め)、人殺し他いろいろ要注意。なんでも許せる方向け。 ・好き!!こうなって欲しい!!を全力で詰め込んだ話になります笑笑 全て筆者の妄想ですが、是非読んでいただければ嬉しいです😊(矛盾している点やおかしな点があれば申し訳ないです) ロイドとユーリが共同で行う尋問、ヨルの看病など自分の性癖に刺さる(笑)シチュエーションを入れまくりました。ここから無自覚なロイドさんがどんどん甘くなっていきます。フランキーとフィオナの組み合わせも個人的には好きです。 ・内容等変更する可能性があります。
    12,459文字pixiv小説作品
  • morning glory

    sunset

    己が利のため――
    10,745文字pixiv小説作品
  • 諜報員たちの日常

    後輩諜報員は乙女な夢を見る

    Twitterのフォロワーさんが投下された絵に触発され書いたものです ご許可は頂いております 以下、必ず読んでね ------ タイトル通り、<夜帷>の夢オチです タソトバ的な描写が若干あるので苦手な方は回れ右 閲覧後の文句、非難等は一切受け付けません 自衛しましょう、お互いの為なので ------
  • 大好きで、大切で。

    職場の同僚から見合いを斡旋されたユーリにフィオナがとある提案を申し出るお話。ユーリが守りたいと願う大好きで大切な存在とは。ほぼこの二人しか出ませんがちゃんとロイヨルです。 素敵な表紙をお借りしました。https://www.pixiv.net/artworks/95382915#big_7
  • かえられるみらい

    夜中に思いついたので。
  • 諜報員たちの日常

    敏腕諜報員は家族に傷を隠す

    精神科医って本当に殴られたりしてるよねーって言うのを思い出した(https://twitter.com/orika_phoris/status/1631083741031571456)ので、ロッティも任務中じゃなくて診察中に患者に殴られたり罵倒されたりきっとしてるよねー、という事で。 書きました。 尚、この話は次週ヨル編へと続きます -------------------------- 最近とても同人誌を作りたい衝動に駆られていて、支部に載せた話に加筆修正したものを出そうと計画中です。 話を一つに絞るか、複数ネタ入れてlog本的なのにするかは不明
  • 諜報員たちの日常

    愛と狂気は紙一重

    Twitter(現X)にて前にフォロワーさんと話してた時に残しておいたネタメモ(タイトルと内容少々)を引っ張り出して書いたフィオナの話 だってネタにしても良いって言ってたもん 今回はルビとかに気を使いました、どうすれば狂気と言えるかとか考えつつこんな感じ、みたいな あと、ラストのシーンはアニメオリジナルの「<夜帷>の日常」のラストのスキップを思い描いて貰えればいいなぁ きっと「すーき、すーき」とか脳内で言ってるはず 他作でのアニオリ話って微妙なの多いけど、スパファミのは結構好き って言うか、内心「好き好き」言いながらスキップしてるフィオナ可愛いよ(無表情だけど)
  • 大切なあなた

    ぶっ飛んでいるユーリ君と夜帷さんが好きで書いたお話です。 どうぞよろしくお願いいたします。
  • SPY×FAMILY_イーデンパロ

    番外編 それぞれの先

    イーデンパロこれが本当のラストです フラフィオ(というかフラ→フィオ)とロヨいちゃいちゃ(のはず) ぶっちょさん、どうして店長の下で働いている設定にしちゃったのだろう 原作通り市役所勤務で良かったじゃんとか書いていて思った そう、続き物だとこういうことがあるから苦手なんだよ ( ノД`)シクシク… さてさて、一年以上週一更新を頑張っていたのですがそろそろ本気で薄い本の方に手を付けなければ六月に間に合わないので暫く支部更新はないと思います。 ふとネタと気力が沸いたら載せるかもですが、更新されたら「こいつ原稿から逃げやがった」と思ってください( ´艸`)
  • 聖夜の灯は静かに灯る

    フィオナとユーリが出会ったらイメージのうちの1つで今回はクリスマスの夜 ユーリとアニャの服はジャンフェスのあの冬服のイメージです! いや〜…あのユーリかわいいですよね〜 もとから可愛いけどさらにかわい子ちゃん度upしててもうなんとも言えない…!! 秘密警察、恋敵(ヨル・ブライア)の弟、先輩(黄昏そしてロイド)の義弟 なユーリを見かけてハニトラモーション仕掛けて落としたら先輩に褒められるのでは!!? と思った夜帷がユーリを落とそうとするけど 全然上手く行かないしなんならスルーされてるし逆におじめいとユリロイを見せつけられちゃって夜帷大爆発!みたいな話です笑笑 今回、ロさんは居ないですが雰囲気とかが 絶妙にユロなので一応タグ入れときました。 あとロさんがユーリ大好きお義兄ちゃんで ユーリがツンデレ義弟な感じの左右がここだけだとはっきり見えない感じなので ユロもロユも入れました。 関係性萌えオタクなのでぶっちゃけユーリがツンデレでかわいくてロさんに甘々されて 真っ赤になって「ロッティーーーー!(><)」てなってれば満足なのでどっちでもいいかなと笑← タイトルは夜帷の静かな戦いの炎のイメージ 対象的にこの話は全体的にわちゃわちゃしてるので騒がしいですが笑
  • フィオナと〈夜帷〉の「バーリント・ラブ」

     6月10日。〈ロイド〉と〈夜帷〉の日?   フィオナちゃんは、恋に恋する乙女ね。〈黄昏〉先輩を美化しすぎよ、フィオナちゃん!  現在〈ロイド・フォージャー〉と名のる〈黄昏〉氏は、〈ローランド〉君や〈参謀〉くんを内に抱えている複雑な人間よ。優秀素敵かっこいいだけではないのよ。美化しすぎの末の結婚は不幸なだけよ。  愛と執着は似てるわね。キッツイこというけど、きっと耳に入らないと思うし受け入れないだろうけどあえていうわ。あなたが「愛」と言っているものは「妄執」じゃないかしら?深呼吸して周りを見渡してごらんなさいな。もっといい男はいくらでもいるわよ。  あ、アタシ?通りすがりのお節介オバちゃんよ!  とばり~、恋は盲目過ぎて任務に私情を交えたらあかーん!   「バーリント・ラブ」のワンシーンは11巻に収録してあります。アニメ派の方に配慮していませんが、お読みいただいてもネタバレにはならないと思います。
  • 2つの強奪戦

    ロイドを巡るヨルとフィオナの女同士の戦いです。 誤字脱字等あったらごめんなさい
  • Case Report:医師ロイド・フォージャーとその周辺

    こちらバーリント総合病院精神科医局秘書室

    フィオナ・フロストとその同僚。 こういう化け物みたいなベテランどこの職場にもいるよね。 最後にうっすらロヨ。夜帷がかわいそうかもしれない…すみません… Twitter初出:20230407
  • 黄昏のハートを奪取せよ 〜夜帷のお誕生日プレゼント大作戦〜

    フィオナ・フロストが、ロイド・フォージャーの誕生日プレゼントをめぐって悪戦苦闘する話です。 ヨルがロイド・フォージャーの誕生日プレゼントをひそかに用意している。そんな情報をフランキーから入手したフィオナは、彼女からそのプレゼントを盗み取る計画をたてる。しかし計画は思うとおりに進まず、ヨルと接するうち、フィオナの心に変化が……。 あくまでフィオナ視点のお話なので、ヨルさんの内面にはあまり深く踏み込んではいません。ちょっとヨルさんが、純真無垢すぎる人物になってしまったかも。フィオナに対する複雑な感情は、そう簡単に整理できるものではないかもしれない。ただ、間違いなく彼女は心の綺麗な人だと思うのです。そしてフィオナにもまた、純なものがある。こんな二人がいつか、対立を乗り越えて手を取り合える日がくればいいな……などと、思ったりしています。
    23,037文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    転生令嬢、結婚のすゝめ~悪女が義妹の代わりに嫁いだなら~

    原作:三糸べこ 漫画:佐木田すい

    読む
  2. 2

    おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  3. 3

    悪役令嬢の中の人~断罪された転生者のため嘘つきヒロインに復讐いたします~

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む

pixivision

カテゴリー