2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

子ども(じぶん)が泣かない世界
それを作りたくてオレはスパイになったんだ

概要

本作の主人公。西国の諜報機関「WISE(ワイズ)」に所属する敏腕スパイ
組織内でのコードネームは〈黄昏(たそがれ)〉。本名は別にあるが、スパイになった時に自ら捨てている。また、62話の過去編においても、名前を呼ばれるシーンこそあるものの黒く塗りつぶされている。

東国の要人デズモンドの懐に潜り込むための任務「オペレーション〈梟〉(ストリクス)」を命じられ、バーリント総合病院勤務の精神科医「ロイド・フォージャー」の偽装身分を取得。任務に必要な「家族」であるアーニャヨルと共同生活を送りながら、主任務だけでなく日々舞い込む別件任務と格闘していく。

プロフィール

本名不明
異名黄昏影なき英雄誰そ彼
婚姻歴結婚中(ただし偽装)
家族妻、娘、犬(ただし偽装)
年齢不明
身長187cm
CV江口拓也


上述通り詳細は不明だが、年齢は作中の断片的な描写から20代後半と推測される。また、高身長で周囲から美形であると評されることが多くたびたび「いい男」「イケメン」「スマートイケメン旦那」などと言われる描写がある。

人物

人物像

無愛想かつ冷徹な合理主義者だが、同時に真摯かつ誠実な人物。
普段は人当りの良い好青年を演じているが、重要人物に取り入る、あるいは目立たずに社会に溶け込むためのスパイの処世術であり、スパイとしては任務の為に非情に徹することを心掛けている。

東西戦争による戦災孤児であり、その時に味わった孤独、絶望、無力感から戦争への忌避感と東西平和を守る事への拘りが強い。
任務を第一に考える冷徹さも平和を守るためという信念に基づくものであり、根っからの冷血漢というわけではない。むしろ素の部分では情に厚い性格が垣間見え、絆されやすいからこそあえて一線を引くよう自分を戒めている節もある。そんな一面もまたロイドの魅力とも言える。
それ故、子供に対しては非情になり切れない面があり、先の信条もあって、自分勝手に子供を弄び泣かせるような大人には怒りを覚える。

また、ツッコミ気質なところがあり、義娘や義妻が素っ頓狂な行動をしばしば起こす為、時々冷静さを失ってツッコミに走り墓穴を掘ることも。
現在は「育児や家庭の維持」という未知の任務に加え、別件任務もこなす激務のストレスで胃が荒れ気味になっており、コーヒーはブラック党だったが後に胃を労わってブラックは控えるようになった。

能力

スパイになる際の訓練や元々の素質もあって、並外れた戦闘力・記憶力・情報処理能力を獲得している。
特技は変装術で、単に特殊メイクで容姿を変えるだけでなく状況に応じた人格に扮する高い演技力もある。

現在の表の顔である「ロイド・フォージャー」は敏腕精神科医として周囲の信頼も厚く交友も広いが、研究を優先しているため現場を離れがちという体で行動の自由を確保しているなど、敏腕スパイだけあって人脈構築と偽装工作は完璧。
ちなみに、精神科医としての腕前もガチという底知れない守備範囲の広さを誇るハイスペックさである。
「ロイド・フォージャー」以前にも様々な身分を演じることで任務をこなしており、東国の関係者の間ですら<黄昏>の名は知れ渡っているが、誰にもその正体は悟られていない。しかしその能力の高さから、本部の人員不足も祟り並行した複数の任務を押し付けられ過労気味。
が、最近になって本部から上司に対して彼への過重労働について警告があったようで、休暇を許可されるなど少しは落ち着きつつある模様。

また、飲酒しても酔わずに的確な行動ができるなど酒に対する耐性もある。

戦闘能力も高く、主に格闘術を駆使する他、その場にある日用品などを即席の武器にするなど目立つ武器を好まないスパイらしい戦い方を披露する場面もある。
キービジュアルでは拳銃を持っている事が多く、実際拳銃による驚異的な精密射撃をこなすシーンもあるが「目立たぬこと」を鉄則としているためか意外と使われる機会は少ない。

当然の様に家事も得意でフォージャー家の調理を担当しているなど何でもできてしまう万能超人だが、普段の任務に必要な打算的な交際(ハニートラップ)はできても、プライベートな関係である「家族」を作った経験は流石にないようで、なまじ優秀であるがゆえに真剣に彼女たちの内面を推し量ろうとして盛大に的外れな結論を導いてしまいがち。

人間関係

フォージャー家

名門イーデン校の特待生とその親のみ出席可能な懇親会に出席し、東国の重要人物から情報を探る任務のための偽装家族。
自身の子供として学校に送り込む人員として孤児のアーニャを娘にし、父母同席が必須の入学面談を乗り切るためにヨルを妻に迎え、結成した。
自身がスパイであることを隠しながらロイド・フォージャーとして家族に接するが、アーニャとヨルも超能力者と殺し屋というそれぞれ明かせない秘密を抱えているという奇妙な偽装家族となっている。

ロイドは任務が終われば捨て去ることになる偽りの関係性に諦観とわずかな負い目を感じており、良好な関係を維持することに腐心しつつも踏み込み過ぎない様に自戒する傾向がある。一方で本心ではこの家族への親愛があることが窺える描写も多い。

アーニャ・フォージャー
ロイドの娘。自称6歳。イーデン校に送り込む人員としてロイドが孤児院から引き取った。ロイドには隠しているが他人の心が読める超能力者で、家族全員の正体に唯一気付いている。
ロイドの任務には協力的だが、成績が悪い、はちゃめちゃな言動をするなど、ロイドの悩みの種でもある。
当初は任務に利用するだけの対象と見ていたが、彼女の成長に純粋に喜びを感じるなど父性的な面も見られる様になる。

ヨル・フォージャー
ロイドの妻で市役所職員。家族にも隠しているが殺し屋でもある。
イーデン校の面接でアーニャの母親役が必要だったロイドと、弟を安心させるために独り身であることを隠したいヨルの利害の一致からの偽装結婚の関係。書類上は1年前に結婚したと偽装しているが実際は新婚ほやほや(イーデン校側に即席家族と見抜かれないようにするための対策)。
偽装夫婦ということもありお互い独特の距離感で接しており、アーニャの良き父、母となるためには積極的に協力をするのだが、男女の関係に関しては相手に配慮してお互い一定の距離感を保とうとしている(夫婦で寝室を分けるなど)。そのため、仲が良いとかイチャイチャとか言われると夫婦揃って否定する。しかし基本的に関係は良好である。

ボンド・フォージャー
フォージャー家の飼い犬。テロリストに爆弾犬にされそうになっていたところをアーニャと協力して脱出。その後、アーニャの機転でフォージャー家の飼い犬になった。
元はプロジェクト<アップル>という軍事研究の実験体で未来予知の超能力者。
ロイドはボンドの予知能力は把握していないが、実験体であることは認識しており、ボンドの過去には同情的。
犬ということもあり、フォージャー家で唯一スパイであることを隠していない相手で、ボンドと協力して任務を達成したこともある。


西国情報局対東課〈WISE〉

黄昏の所属する西国の諜報機関。ちなみに、同僚スパイには黄昏のファンが多い模様。

シルヴィア・シャーウッド
東国で活動するWISE諜報員の<管理官(ハンドラー)>を務める女性で黄昏の上司。黄昏と同じく東西平和への拘りが強い。黄昏がスパイになるための教育は彼女から受けた。

フィオナ・フロスト
WISEの諜報員で、コードネーム<夜帷(とばり)>。黄昏の後輩にあたる。
バーリント総合病院事務「フィオナ・フロスト」として、精神科医「ロイド・フォージャー」を演じる黄昏のサポートをしている。
黄昏には隠しているが、彼に対して盲目的な恋心を抱いている。


国家保安局

東国の防諜機関。いわゆる秘密警察

ユーリ・ブライア
ヨルの弟であり、ロイドの義弟。重度のシスコンであり、姉を奪ったロイドのことを毛嫌いしている。
表向きは外務省勤務の外交官だが、実際には秘密警察所属。ロイドはそのことを察してスパイとして警戒しているが、姉同様天然な一面をつい心配してしまう場面も。
また、ロイドは密かにヨルとユーリの家族の絆を羨んでいる節がある。

東国国家統一党

東国の野党第一党で極右政党。東西戦争期に政権を握っていた政党でもある。

ドノバン・デズモンド
東国国家統一党総裁。再び東西戦争をひき起こそうとしていることが疑われている危険人物。彼に近付き戦争計画を探ることが黄昏の任務目標となっている。


その他

フランキー・フランクリン
黄昏に協力する情報屋。黄昏からの扱いは若干雑だが、落ち込んでいる時には励ますなど友人として接する場面もある。実は長い付き合いで、ロイドがスパイではなく単なる一兵士の頃からの付き合い。

両親
厳格な父と一般的な思考を持つ母がいた。母親は東側の爆撃で死亡、父親は出張で二人の元から離れており行方不明。

〈大将〉〈伍長〉〈少佐〉
幼少期、共に戦争ごっこをした友人達。戦地で再会するが上層部の無茶な作戦で死亡。

関連イラスト

〈黄昏〉
ロイド・フォージャー
Loid
バキューン


関連タグ

SPY×FAMILY 諜報員 スパイ 
フォージャー家 アーニャ・フォージャー ヨル・フォージャー ボンド・フォージャー
フランキー・フランクリン シルヴィア・シャーウッド フィオナ・フロスト
ドノバン・デズモンド
偽装結婚 ロイヨル

関連記事

親記事

フォージャー家 ふぉーじゃーけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロイド・フォージャー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ロイド・フォージャー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29227931

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました