ピクシブ百科事典

雪ノ下雪乃

ゆきのしたゆきの

雪ノ下雪乃とは、ガガガ文庫のライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日1月3日
血液型B型
家族構成父(地方議員・建設会社社長)、母、姉:雪ノ下陽乃(大学生)
所属総武高校(千葉県) 2年J組(国際教養科)
部活動奉仕部(部長)
趣味読書(一般文芸、英米文学、古典、猫の写真集)、乗馬、映画鑑賞
特技炊事洗濯掃除家事全般、合気道
好物甘味
休日の過ごし方読書、映画鑑賞
イメージアニマル
座右の銘目には目を、歯には歯を
異名・あだ名ゆきのん
CV早見沙織


概要

本作のヒロインの1人。主人公比企谷八幡と同じ総武高校2年生で、普通科よりも偏差値が2、3ほど高い国際教養科であるJ組に所属している。

流れるような黒髪に大人びた美少女であり、学校では誰もが知るほどの存在。
八幡とは特に接点は無かったのだが、彼が平塚静によって彼女が部長を務める謎の部活「奉仕部」へと連行されたことから2人の交流が始まる。
 

人物像

学力テストでは常に学年1位。勉強のみならず運動神経も並外れて良く、楽器等もでき家事もできるという超人だが、物事をすぐに極めては次に移る、という継続力の無い行動を続けていたため、体力(持久力)だけはあまりない。また、勝負ごととなると極度の負けず嫌いの一面を見せ、それが原因でいらない面倒事を引き寄せることもある。

部活動時は本を読んでいることも多い。と「パンダのパンさん」というキャラクターが大好きだが、人前ではなかなかそれを素直に出せない。反対には大の苦手だが、前述の負けず嫌いさから認めようとはせず「苦手なだけ」と言い張っている。また、方向音痴なようで、慣れない場所では一人で道に迷っている事が何度かある。

その美貌と才能がゆえに、小学校高学年の頃から多くの男子生徒に好意を寄せられ続けたが、同時に女子生徒からは常に嫉妬の対象とされて壮絶ないじめを受け続け友達と呼べる存在が誰もいなかった。
そういった経験もあって敵対するものには容赦無いが、結衣のように寄って来られると、どうしていいか判らずおどおどしてしまう。

言ってみれば正しい人。しかし正しいこと以外を認めようとしないため、正しさの中で生きれない人間や正しいだけでは付いていけない人間から反感を買ったりすることが多い。
また、才能に対する嫉妬によるいじめを受けた経験から、無意識的に他人を見下している悪癖があり、それが原因で反感を買うこともある。しかし、本人は才能に嫉妬していると考え、気づいていない。

実家は裕福で、父親は県議会議員・建設会社社長。しかし、現在は親に対する反発心から実家を離れ、高級マンションで1人暮らしをしている。
実は、八幡が高校入学初日に遭った交通事故の相手。無論乗っていただけの彼女に非はないが、その場に結衣も居合わせていた事と八幡の捻くれた性格が相まって、色々と複雑な関係になっている。

人間関係

比企谷八幡
部活仲間。その斜め下なやり方に反論する事が多い一方で、ぼっちエピソードには共感する事が多い。
八幡は出会った時から雪乃に一目惚れしていたが、雪乃も徐々に八幡に惹かれていき、文化祭から意識していくようになる。
最終巻14巻で二人はお互い告白し、ついに「将来を誓い合った」恋人同士となった。

由比ヶ浜結衣
部活仲間。接し方に戸惑いつつも、親友として大事に想っている。

雪ノ下陽乃
実の姉。何かと現れては、人間関係を引っ掻き回していく。

葉山隼人
父親同士が親交のある幼馴染
小学生の頃は親しかったが、過去に色々とあったようで、現在は嫌悪的な目を向けている。

関連イラスト

猫とゆきのん
雪*


ゆきのん
ゆきのんのん



関連タグ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 奉仕部
比企谷八幡 由比ヶ浜結衣 戸塚彩加 材木座義輝 平塚静 雪ノ下陽乃 葉山隼人 一色いろは
ゆきのん:結衣から呼ばれているあだ名。

関連記事

親記事

奉仕部 ほうしぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「雪ノ下雪乃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35507628

コメント