ピクシブ百科事典

レウルーラ

れうるーら

レウルーラとは、劇場版アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』、及びOVA『機動戦士ガンダムUC』に登場する戦艦である。
目次[非表示]

概要

シャア・アズナブル率いる新生ネオ・ジオン艦隊の総旗艦。
旧ジオン公国軍の運用したグワジンとその後継艦の流れを汲む高性能艦であり、特にモビルスーツ搭載能力と火力に優れる。
分類はレウルーラ級、もしくはグワジン改級。
モビルスーツ用カタパルトを艦中央部に上下一基ずつ有しており、またシャアの座乗艦として彼用の個室やリビングルームが備えられている。

正式な竣工年月日は不明だが、宇宙世紀0090年に於ける反地球連邦組織「カラード」の蜂起に於いてその存在を追う事ができる為、少なくともこれ以前には竣工していたものと思われる。
艦体全長に関しては250m(一部の資料では350mと表記されている)と、ネェル・アーガマラー・カイラムなど同時期に運用された艦艇と比較して小型の部類に入るが、火力に関しては第二次ネオ・ジオン抗争当時の艦艇の中では最大級であった。

宇宙世紀0093年の第二次ネオ・ジオン抗争において、シャア総帥の指揮の下、地球寒冷化作戦に従事するが、アクシズ落としアムロ・レイの乗るνガンダムによって阻止された事によって、ナナイ・ミゲルらと共に戦線を離脱している。なお、同作戦前にはダントン・ハイレッグアルレット・アルマージュも乗艦していたが、彼らは事前に退鑑している。

その後ネオ・ジオン残党『袖付き』へと降り、艦長をヒル・ドーソン大佐が引き継いだ上で修復を受け、同組織の旗艦となった。
宇宙世紀0096年のラプラス事変では首魁であるフル・フロンタル大佐と、その乗機シナンジュと共に戦場に現れ、更にハルユニットの運搬、及びネオ・ジオングへの換装も行っている。
同年5月4日の『ラプラスの箱』を巡るメガラニカ周辺宙域の戦いには、後詰めとして直接戦闘には関わらず控えていたが、同日には中破によって戦線離脱してきたエンドラ級(『袖付き』が保有する最後の一隻)と共に、コロニーレーザー「グリプス2」から発された光の奔流に消えた。

その他

漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』では二隻のレウルーラが登場した。

松浦まさふみ氏が描くコミック作品『機動戦士ガンダム IN UC.0099-ムーンクライシス-』にも登場。


関連項目

機動戦士ガンダム逆襲のシャア ネオ・ジオン
シャア・アズナブル ナナイ・ミゲル
サザビー ギラ・ドーガ

機動戦士ガンダムUC 袖付き
フル・フロンタル アンジェロ・ザウパー
シナンジュ ギラ・ズール ローゼン・ズール

ガンダムダブルフェイク

pixivに投稿された作品 pixivで「レウルーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7873

コメント