ピクシブ百科事典

アルレット・アルマージュ

あるれっとあるまーじゅ

『機動戦士ガンダム TwilightAXIS(トワイライトアクシズ)』の登場人物。本作の主人公。
目次[非表示]

CV:清水理沙

概要

ジオン軍所属のエンジニア。宇宙世紀0096年時点では、過去の身分を隠蔽してサイド5(旧サイド6)のリボー・コロニーにおいて、クリーニング店の店員兼整備工として暮らしている。

元をただせば一年戦争時代、フラナガン博士からニュータイプとしての素養を見いだされ、『Ⅶ』のコードで『機関』所属となった。しかしエルメスビット起動実験に失敗するなど、サイコミュに対応できない性質のニュータイプであることがわかったため、各種人体実験の素体として徹底利用された上で廃棄処分とされる運命だった。
しかし、時を同じくしてララァ・スンを伴い『機関』に接触したシャア・アズナブルに、マシーン構造に対する洞察力を見いだされ、以後はジオンではなくシャアの活動に同行してきた。

少女のような外見だが、数々の実験の影響で老化しにくい体質になっており、実年齢は30歳を越えている

人物・経歴

フラナガン機関からシャアに引き抜かれた後は、エンジニアとしての才覚を開花させ、多くのMS開発に参画してきた。
シャア曰く、モビルスーツの力学や構造に対して“直感”を働かせられるタイプのニュータイプであり、特にアクシズではキュベレイやシャア専用ザクⅢ改といった、フラッグシップ機の開発に従事している。
そして何よりも、サザビー開発のメインスタッフの一人であった。

現在の名前を与えてくれたシャアや、人間らしい感情を獲得するきっかけとなったララァを今でも姉のように慕っており、シャアがクワトロ・バジーナとしてエゥーゴに向かった際にも同行し、その後は彼の命により“ネオ・ジオンのメカニックを吸収するために”ネオ・ジオン軍へ帰還。第二次ネオ・ジオン抗争においてもシャア(キャスバル・レム・ダイクン)体制のネオ・ジオン旗下、優秀なメカニックとして尽力していたが、反面ミネバ・ラオ・ザビ「あの赤ちゃん」ハマーン・カーンを「特別な人とは思わなかった」と語るなど、ジオン軍人であるという自覚には欠ける。

第二次ネオ・ジオン抗争後は、ダントン・ハイレッグと、『お互いを守り合え』というシャアからの勅命に従い、隠匿しながら生き延び続けている。

表面上は外見に伴った“生娘”を、半ば楽しんで演じてはいるが、内面は凄絶な過去に相応しく実年齢以上に老成しており、「生き恥」を晒している現状すらも達観して受け入れている。そのため己の生死に関しても、自棄や刹那的な部分はないが、かといって強い執着を持っているわけでもなく、あくまでもダントンの生存確率向上を優先して行動する。

なお、実年齢ではダントンより年上だが、偽造戸籍では外見の都合により、彼の娘となっている

関連タグ

ジオン公国 フラナガン アクシズ ネオ・ジオン ニュータイプ

恩人

シャア・アズナブル ララァ・スン

パートナー

ダントン・ハイレッグ


ロリババア

pixivに投稿された作品 pixivで「アルレット・アルマージュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7489

コメント