ピクシブ百科事典

リック・ドム

りっくどむ

MS-09R リック・ドムとは『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツ。ドムを宇宙戦用に改修した機体。
目次[非表示]

ソロモンで散った数多の将兵、そしてドズル閣下の無念を…!貴様らに悪夢として刻みこんでくれる!!」

カタログスペック

頭頂高18.6m
本体重量43.8t
ジェネレーター出力1,199kW
装甲材質超硬スチール合金
スラスター総推力53,000kg
センサー有効半径5,400m
固定武装ヒートサーベル、胸部拡散ビーム砲
携行武装ジャイアント・バズ、ビームバズーカ


概要

ジオン軍の宇宙用モビルスーツ次期主力MSの開発遅延を補うための繋ぎとして開発され、戦況の悪化も重なって一時的ではあったが主力の座に上り詰める事となった。
宇宙空間では燃焼させる大気が存在せず動かせないドムの熱核ジェットエンジンを熱核ロケットエンジンに換装し、一部内装を改装する事によって宇宙で運用出来るように改修した機体。
ジオニック社の高機動型ザクⅡ(R2型)と競合の結果、原型から大きな手を加えずに済むコストパフォーマンスの良さや既存の生産ラインを流用できる点を評価され採用された。

地上用の装備を省いた事で約20tも軽量化されているが、ジェネレーター出力とスラスター推力は低下している。加えて宇宙という環境下では他機種を圧倒できるほどの機動性を発揮できず、さらにロケットエンジンへの換装により推進剤への依存度が増え地上ほどの稼働時間を得られなかった事もあり、特段大きな戦果を挙げる事はできなかった。
特に、コンスコン機動部隊のリック・ドム隊がホワイトベース討伐の為に出撃したが、3分も経たずに12機が撃墜された逸話で知られており、これが戦後アムロ・レイガンダムの伝説に箔を付ける結果となった。

ただし、これはホバー走行で他機種の追随を許さなかったドムが異常だっただけで、機動性自体はザクより高くピンチヒッターとしての役目を果たすには十分な性能を持っていたと言える。

ドムとの外見上の違いは特になく、初出の『機動戦士ガンダム』でも特に描き分けはされていなかった。しかし劇場版では、スカート内部や脚部にバーニアが追加されている様が描かれた。その後MG化された際に足裏のエアクッションが3器のロケットノズルになり、背部バーニアやリアスカートがやや大型化しているという解釈になっている。

主なパイロットはアナベル・ガトーシン・マツナガドズル・ザビ等。
また、小説版ではジオングに代わりシャア・アズナブルが搭乗しており、アムロの乗るG-3ガンダムを(和解に出た際の誤射で)撃墜した小説版オリジナルキャラクターのルロイ・ギリアムの乗機でもある。

武装

基本的な武装はドムと共通。

ビーム・バズーカ

バズーカ本体にジェネレーターを内蔵しているため、ジェネレーター出力が低いリック・ドムでも運用できる上、連射性能にこそ難があるがビームライフルを凌ぐ破壊力を持つ。
試験的にこのビーム・バズーカを装備した機体がア・バオア・クー戦に参戦していたと言われている。

ちなみに、改造を繰り返されてこそいるが、U.C.0122年代までほぼ変わらない外観で運用されている。RFドムのビーム・ランチャーはその最たる例。

バリエーション

宇宙用高機動試験型ザクⅡ

OVA『機動戦士ガンダム第08MS小隊』に登場。脚部に研究中のスラスターを搭載し、宇宙空間での機動試験が行われている。
詳細は高機動型ザクⅡを参照。

プロトタイプ・リック・ドムⅡ

機動戦士ガンダム0083』に登場。形状はドム・トローペンに近い。
詳細はリック・ドムⅡを参照。

リック・ドム[シュトゥッツァー]

ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場。
デラーズ紛争後、ガブリエル・ゾラ率いるジオン残党軍の一派が運用した、シュトゥッツァーと呼ばれる特殊装備を施した機体。「シュトゥッツァー」とはドイツ語で「伊達者」の意。
ティターンズと対抗する目的で局地戦に特化した武装が増設されており、機体正面に「ウインチユニット」、肩部にミサイルポッドと機雷投下ユニットを装備。同様のウインチユニットを装備したゲルググ、ザクⅡとの連携によるゲリラ戦を想定している。
なお、機体本体はドム・フュンフがベースとなっているが、ジャンクパーツから回収したリック・ドムⅡの脚部周りを移植したパッチワークとなっている。
パイロットはガブリエル・ゾラ。

リック・ドムⅡ

統合整備計画によって再設計されたリック・ドムの後継機。
詳しくはリック・ドムⅡを参照。

シュネー・ヴァイス

『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』に登場。リック・ドムをベースに大型のビットを装備したニュータイプ専用の試作機。
パイロットは14歳のハマーン・カーン
機体はその名前(ドイツ語で白い雪)と同様、白く塗装されている。
ビットは機体には搭載されず、ビット・キャリアーと呼ばれる装置を母艦から射出し運用する。サイコミュの大型化が原因で機動性・運動性が低下している他、固定武装がヒートサーベルのみとなっている等、運用面で課題が残されている機体である。

トゥッシェ・シュヴァルツ

シュネー・ヴァイスの後継機であり、こちらは黒く塗装されている。
パイロットはヤヨイ・イカルガ。
サイコミュ・システムの小型化によってビットを内蔵することに成功し、搭載数が12基に増えた。本機の運用データがキュベレイの開発に大きく影響している。

ドワス

リック・ドム系列の最終生産型で、リック・ディアスの開発母体となったドワス改がアクシズにおける改良型として存在する。
詳細はドワスを参照。

ペズン・ドワッジ

小惑星基地「ペズン」で開発が進められていたリック・ドムの発展形。
詳細はペズン・ドワッジを参照。

リック・ディアス

クワトロ・バジーナが持ち込んで来たドワス改をベースに、一年戦争後アナハイム・エレクトロニクスが開発したモビルスーツ。
詳細はリック・ディアスを参照。

ズオム

機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』に登場。型式番号はATMS-09R
一年戦争以降、ジオン敗残兵達が生活を送るムサイ級軽巡洋艦「メイルメル」で建造された専守防衛型モビルスーツ。
メイルメルの住人であるエージス・ソートンの手によるハンドメイド機であり、リック・ドムをベースとしていながらも外装や内装は回収したジャンクパーツを加工流用している。
全二機が建造されているが、パイロットに合わせた調整が行われている為、それぞれ性能や操縦特性がまったく異なる。
頭部の他にも胸部にモノアイスリットを追加しており、広域での索敵が可能な他、頭部が損傷しても視界に影響が出ない構造となっている。
パイロットはエミコ(一番機)、ガンズ(二番機)。なお、二番機には専用装備としてハンマーショットガンが装備されている。

パーソナルカスタム

シャア専用リック・ドム

リックドム/彗星


小説『機動戦士ガンダムに登場する機体であり、ジャイアント・バズの代わりにビーム・バズーカを装備している機体。カラーリングも赤く塗装されシャア専用にカスタムされている。

ガトー専用リック・ドム

PS2ゲーム『めぐりあい宇宙』のエースパイロットモード、ストーリーモードでも登場。
ソロモン防衛の際に、ガトーが乗っていた機体で彼のパーソナルカラーに塗装されている。
ビームバズーカを装備しており、撤退戦でも猛威を振るったとされる。
一部の作品では、これを踏まえて一年戦争のソロモンでガトーがリック・ドムに乗ってくることもある。

ドズル・ザビ専用リック・ドム

MSV-R』に登場。リック・ドムの初期生産型通算100号機をドズル・ザビ中将用にカスタマイズした機体。
ドズル専用ザクⅡと同様にコックピットの容積を改修し、機体の縁に金色のエングレービングが施され、胸部上部の左右と両手の甲に3本ずつのスパイクが装着されている。また格闘兵装がドズル自身の要望によって専用のヒートホークに変更されている。
宇宙世紀0079年末に行なわれた観艦式にドズル中将自らの操縦で参加している。

関連項目

機動戦士ガンダム
リック・ドムⅡ ドム ドワッジ ドワッジ改 ペズン・ドワッジ 
ゲルググ ザクⅡ 高機動型ザクⅡ

関連記事

親記事

ドム どむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リック・ドム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リック・ドム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123698

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました