ピクシブ百科事典

コンスコン

こんすこん

コンスコンとは機動戦士ガンダムに登場するジオン公国軍のキャラクターである
目次[非表示]

「12機いたリック・ドムが全滅だと!? ものの3分も経たずに…? バ、バケモノか…!?」

概要

CV:永井一郎(TV版) 加藤治(劇場版) 渡部猛(特別版)

ジオン公国軍の軍人で、所属は宇宙攻撃軍。コンスコン機動艦隊の司令官。
階級は少将。恰幅がよいのと、ちょび髭が特徴。

ドズル・ザビの腹心の一人であり、メディアによっては南極条約調印時にも居ることからジオン公国軍の中でも重要な位置に居ると思われる。
ザビ家以外の者では佐官クラスがせいぜいだったジオン公国軍の中で階級が少将で将官である地位の高さからも宇宙攻撃軍の参謀長もしくは宇宙艦隊司令長官であったかも知れず、そんな要職にある彼の部隊のサイド6入港は、第13独立部隊を壊滅させてのガルマ・ザビの仇討ちというドズルの個人的な目的以外にも中立地帯でありながら勢いを盛り返した地球連邦に靡きつつあるサイド6に釘を刺す為の表敬訪問という面も併せ持っていたのかも知れない(※1)。

TV版の劇中では、ドズルの命令によって出撃、地球連邦軍第13独立部隊(ホワイトベース)と2度にわたって交戦している。
1度目は、ホワイトベースがカムランのコネで戦闘禁止宙域外にあった浮きドックに入渠しようと出てきたところを襲撃。ペルガミノの浮きドックを破壊して修理を妨害する戦果を挙げるが、12機のリック・ドムを3分経たずに撃破されてしまうという大損害を出す。
(この時のアムロ・レイの駆るガンダムの戦果は9機)

一旦撤退後に補給と増援を受け2度目の襲撃を決行したものの、これも先に戦闘禁止宙域を脱し、条約で発砲が禁じられていた宙域内に残る敵から叩いていくというブライト・ノアの奇策によって出鼻をくじかれ、残ったモビルスーツ隊も結局全滅。
サイド6のテレビ局が生中継する中、最後は乗艦のチベをホワイトベースに特攻しようとしたところをガンダムに阻まれて撃沈され、戦死した。

※1:もし、宇宙艦隊司令長官であったなら戦艦グワランが旗艦だが、チベ級を旗艦にしたのは地球連邦軍によるソロモン侵攻が迫る中、さすがにそれだけ強力な兵力を割けないのと、サイド6を威圧し過ぎるという問題があった可能性がある。


評価

彼の評価については、メディアによって『無能な指揮官』、『有能な指揮官』と真っ二つにわかれている。
放映当時はシャアに大口叩いておいて、指揮下のモビルスーツ隊が3分で呆気なく全滅したことから無能と評される事も多かったが、ギレンの野望シリーズでは「実力主義者のドズルの下にいるから有能である」とされ、能力値も艦隊司令官としては充分有能だった(逆に無能と描かれた作品ではスーパーロボット大戦などがある)。

アニメ本編中のホワイトベース隊との交戦でも、作戦的には何一つ間違った事はしている描写はない。
何かと槍玉に挙げられがちなリック・ドム隊の全滅についても、これはコンスコンが単艦の部隊相手といえど戦力の逐次投入(出し惜しみ)という戦術上の愚策を打つことなく、持てる全戦力を集中させた結果であることを逆説的に証明している(さらに補足すると、戦艦1隻・モビルスーツ3機・宇宙戦闘機2機の部隊を相手に戦艦3隻とモビルスーツ12機というのは、”通常であれば”まず負ける事はない戦力差。戦いは数だよ兄貴!)。

ただ相手がバケモノ過ぎたため、このような結果になってしまっただけである。折しもこの時はアムロが本格的にニュータイプとして覚醒し始めた時期であった。そもそもシャアをはじめ、他の有能とされるジオン公国軍指揮官でもホワイトベース隊を倒すことができなかったことを忘れてはいけない。
また彼も戦闘中はドレン同様に最後までノーマルスーツを着用しておらず、命惜しさに見苦しく保身を図るような真似もしなかった。少なくとも自分がそうする事が部下に不安を与えるという事を認識した度胸を持つ将としての器量は持っていたようである。
機動戦士ガンダムTHEORIGIN』では、スペースコロニーへの被害を考慮し、攻撃を控えさせるなど良識ある一面も描かれた。

実は地味に劇中で唯一、シャアが仮面を外さないことに疑問を抱き、そのことを直接指摘した人物であったりする。
そのシャアに対しては面と向かって、かつてはドズルの下にいたのに、今はキシリアの元にいることなどを理由にネチネチ嫌味を言うなど、視聴者受けする言動をしなかったことが、前述の無能扱いの要因とも言えたであろう。


現実的な話

コンスコンが関与した戦闘では、一年戦争において事実上の独立状態となって中立を宣言しているサイド6付近を戦場としたため、両軍とも戦争法規においてグレーなことをやっている。
その中には、サイド6の主権侵害に該当しそうな行為が含まれており、そのエグさは戦争映画も顔負けである。

一年戦争におけるサイド6の中立は、開戦当初、地球連邦に与するサイドを叩きのめしたジオン公国に擦り寄る形で宣言したもので、当時劣勢だった地球連邦はサイド6の中立宣言を止められなかった背景があり、実態としてはジオン公国寄りの中立だった。
しかし、戦争後期に地球連邦が勢いを盛り返したことによって、サイド6は戦争当事国である地球連邦とジオン公国双方の顔色を窺わなければならない板挟みの状況となり、一方にバイアスのかかった中立をしようものなら武力侵攻されかねない事態に陥ってしまった。
こうして一年戦争後期のサイド6は、いくら中立を強調してわめいても両陣営の政治的なお目こぼしで生きながらえているのが実情となり、戦争当事国である地球連邦とジオン公国は形だけ理屈が成立するようサイド6の中立を順守すれば、やりたい放題の状況だったのである。

なお、この戦闘における戦争法規違反と考えられる行為は次のとおりである。

  • 地球連邦軍
    • 戦闘禁止宙域内に所在する敵を撃つ - 2度目の戦闘で発生。本来、このような条件下では敵に向けてであっても、戦闘禁止宙域内から外へ向けて撃つことはもちろん、外から戦闘禁止宙域内に所在する敵を撃ってもならないのが基本であるにもかかわらず、これを狙って撃った。故意にやれば立派なサイド6に対する中立の侵害である。
  • ジオン公国軍
    • ペルガミノの浮きドックを破壊 - 1度目の戦闘で発生。本来、サイド6に籍を置いているペルガミノの浮きドックは戦闘禁止宙域外であっても旗国主義が適用され、臨検はできても攻撃してはならないのである。しかし、コンスコンは偶然を装い、故意にペルガミノの浮きドックを自艦隊とホワイトベースの直線上の間に入れ、戦闘に巻き込む形で破壊した。
    • 戦闘禁止宙域内においてホワイトベースを先導するカムランの宇宙艇に対して威嚇飛行:2度目の戦闘で発生。本来、このような条件下では安全通航権が担保され、不必要に接近する行為は制限される。


あしながおじさん

ガンダムエースに読み切りとして書かれた介錯の漫画、【ジオン少女物語】では、リック・ドムのパイロット達について書かれている。

  • 戦争終了後に同じくコンスコンの部下であるカヤハワと結婚する予定だった【ツェーン】
  • ツェーンの部下でコンスコンが出資していた孤児院出身の【アインス】
  • 同じ孤児院出身で、ガルマの熱烈なファンの【フィーア】
上官、そして恩人であるコンスコンのためにホワイトベース撃沈に当たるが…その結果は上記のとおり、手折る側は戦場で散っていく者の事などわからないのであった
なお、フィーアはコンスコンのことを『あしながおじさん』と呼んでいたが、これまた上記の記述どおり、コンスコンは恰幅がよく、さらに言えば短足である


関連タグ

機動戦士ガンダム

ゴップ - 地球連邦軍の将軍。コンスコンとは逆にギレンの野望では無能の代名詞で一躍有名人となるが、別作品などでは前線の軍人としてはともかく、政治能力に長けており軍退役後には地球連邦議会の議長まで出世しているなど、かなり有能に扱われる。
ジャマイカン・ダニンガン - 地球連邦軍(後のティターンズ少佐)に所属する軍人。人物評価や指揮能力はなかなかであるがそれだけしかない。彼や上記のゴップがまともに見えるくらい、無能そのものを絵にかいたような人物。最期は部下の裏切りにあって戦死する。
イオク・クジャン - ギャラルホルン月外縁軌道統合艦隊アリアンロッドに所属する司令官の内の一人にして、セブンスターズの中心人物の一人。上記のジャマイカンとかが可愛く見えるくらい無能そのものを視聴者に曝け出した最悪な軍人。(脚本の被害者とも言えるが結果的には鉄華団の崩壊に繋がるのはなんたる皮肉か)
SDガンダム外伝 - ジークジオン編ではアルガス騎士団編でムンゾ帝国の王となっておりなぜかファが娘となっているというSDと本家での立場の違いを明確に示した存在の一人である。最もハマーンがよりによっても部下な上彼女の場合女傑要素が全てキュベレイに取られている為あちらと比べどちらがマシなのだろうか…

関連記事

親記事

ジオン じおん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コンスコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135123

コメント