ピクシブ百科事典

ランバ・ラル

らんばらる

ランバ・ラルとは、『機動戦士ガンダム』の登場人物である。
目次[非表示]

「貴様が勝ったのでは無い!

 そのモビルスーツの…
 性能のおかげだという事を忘れるな!!」

人物

CV:広瀬正志/喜山茂雄(ORIGIN)

TV版登場話数は第12話・16話・17話・19話・20話。
ジオン軍の士官で、階級は大尉ザビ家の政敵であったジオン・ズム・ダイクンの遺臣ジンバ・ラルを父に持つ。
直属の上官はドズル・ザビ中将。
一年戦争以前からゲリラ戦を戦い抜いてきた。
また、アムロ・レイに人間的成長のきっかけを与えた人物である。
パイロットとしての技量ばかりでなく、人間的な器量の大きさからアムロをして「あの人に勝ちたい」と言わしめた。

開戦当初から自機を青く塗装していたため、「青い巨星」の異名を持つ。
これに関連したのかグフの正式量産型機体色は、他のモビルスーツと異なり、量産型機体に多く用いられる緑色では無く青色が採用されている。

活躍

戦死したザビ家の四男ガルマ・ザビ仇討ちという任務をドズルに命じられる。
任務遂行のために巡洋艦ザンジバルで地球に降下したラルは、自らの部隊であるランバ・ラル隊を率いて新型モビルスーツ「グフ」を駆り、少ない兵力を率いてゲリラ戦を展開。
幾度となくホワイトベースに奇襲をかけ、これを翻弄した。

その最中に立ち寄った中立地帯の街・ソドンの食堂でホワイトベースを脱走中のガンダムのパイロット・アムロと出会う。
その時のアムロの物言いから、彼を気に入るもアムロは連邦軍の少年兵であった。
その後彼とは再び戦場で相見えることとなり、ガンダムに乗機グフを撃破される(19話)。

更にマ・クベの策謀によって戦力の補充要求も握り潰され、部隊は窮してしまう。
そのため、ホワイトベースを拿捕すべくゲリラ屋の本領である白兵戦を挑むが、制圧中の艦内で偶然セイラ・マス(アルテイシア・ソム・ダイクン)に出会う。
ラルの父ジンバ・ラルはセイラ(アルテイシア)の育ての親だったこともあり、若き日のラルも幼少時の彼女と面識があった。
ラルは自分の仕えたジオン・ダイクンの娘が敵である地球連邦軍にいたことに、「戦いの中にあって戦いを忘れる」ほどの衝撃を受ける。
さらにセイラに一喝されてひるんだところをリュウ・ホセイによる銃撃を受け負傷。

その後、部下も制圧されて作戦が失敗したことを悟り、ホワイトベースの第2ブリッジから手榴弾を抱いて飛び降り、自決。生粋の職業軍人らしい最期を遂げた。
アニメではやや太り気味でハモンより身長が低かった。

グフを撃破された際、アムロもガンダムを大破させられており(それもコア・ファイター部を大きく損傷されられている)アムロの勝利とは言い難く、アムロもそれを認め「あの人に勝ちたい」と言っている。しかしジオン内部の権力闘争からラルには代替機が与えられず。MSパイロットとしての再戦はならなかった。シャアも含め、唯一アムロが越えられなかった壁である。

TV版での登場は僅か5回に過ぎないが、登場当時の新型機グフを駆ってザクとは違うことを強く印象づける台詞を放つなど、印象的な渋い言動などにより、歴代のガンダムキャラクター中でも屈指の存在感と人気を持つ。

有名な台詞と言えば、これである。
「ザクとは違うのだよ!ザクとは!!」


搭乗機体

搭乗機はグフ(ランバ・ラル専用機)。
THEORIGIN』ではMS-04プロトタイプ・ザクの青い専用機に搭乗した。
ギレンの野望』ではザクⅠドムゲルググ、の青い専用機が存在する。さらに、『ジオンの系譜』『アクシズの脅威』では、ゲルググに代えてギャンを量産した場合、専用の青いギャンが登場する。
スーパーロボット大戦』シリーズではケンプファードーベン・ウルフにも搭乗した。

関連イラスト

青い巨星
ランバ・ラル


機動戦士ガンダム:ランバ・ラル&グフ
ザクとは違う人。



関連タグ

機動戦士ガンダム クラウレ・ハモン クランプ グフ ザク
ザクとは違うのだよ、ザクとは
ラルさん後年の作品に登場したそっくりさん……というより、異次元の同一人物
カン・ユー←同じ広瀬正志氏が演じる、上官キャラ。共通点は、搭乗機体が青い事と担当声優程度で、後は正反対と言っても過言ではない。
オレスキー - ランバ・ラルをモチーフにしたハピネスチャージプリキュア!の悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「ランバ・ラル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 365924

コメント