ピクシブ百科事典

ザビ家

ざびけ

機動戦士ガンダム、機動戦士Zガンダムなど「ガンダムシリーズ」の宇宙世紀を舞台にした作品に登場するジオン公国の中枢を担う一族。
目次[非表示]

概要

家長であるデギン・ソド・ザビが、盟友であり“建国の父”であるジオン・ズム・ダイクン暗殺した後、ジオン共和国の実権を握った一族。
デギンとその子供たちで国家の中枢を完全に掌握し、公王制を布いてジオン公国へと改革した。

地球連邦政府からの独立を武力を用いて行うために軍備を大拡張し、宇宙世紀0079年1月3日、連邦政府へと一方的に宣戦布告し、ジオン独立戦争(一年戦争)を開始した。しかし戦時中に親兄妹間で政治的・軍事的対立が頻発し、戦争終結時に滅亡した。

ザビ家滅亡後もザビ家信奉者によるジオン残党軍が勃興し、かつてギレン・ザビ親衛隊隊長だったエギーユ・デラーズ中将はデラーズ・フリートを組織し反連邦活動を行った。
一方ハマーン・カーン率いるジオン残党軍最大勢力「アクシズ」は、唯一の生き残りであるミネバを君主として、グリプス戦役に介入。しかしミネバを傀儡的君主に育てたハマーンにクワトロ大尉は怒りを露わにしており、エゥーゴとの交渉は失敗に終わる。ティターンズとも最終的に交渉決裂しており、戦況がさらにややこしくなってしまう。第一次ネオ・ジオン抗争でもミネバは引き続きネオ・ジオンの傀儡的君主として扱われた。しかしこの時のミネバは影武者だったとされ、本物のミネバ・ラオ・ザビはシャアに回収され、宇宙世紀0096年に勃発したラプラス事変の際にジオン残党軍の一つである「袖付き」に囲われている事が判明する。

一年戦争当時はジオン公国を我が物にしていたザビ家であるが、ジオン国民が全員ザビ家を支持していたという訳では無く、寧ろ「国父ジオン・ズム・ダイクンを暗殺し権力を手に入れた裏切り者」と考える(真実を見抜いていた)「ダイクン派」と言われる勢力も少なからず存在した。こうした「ダイクン派」の者達は「我々はジオン・ズム・ダイクンに忠誠を誓ったのであって、ザビ家が敷いたジオン公国に従うという訳では無い」と考え、ザビ家による支配体制を苦々しく思っていた。
他にも「ダイクン派」という訳では無いものの、ザビ家一族による支配体制に危機感を覚えている者も多数存在しており、「ブリティッシュ作戦」以降ザビ家一党に不信感を募らせる公国軍人すら存在したという。
その一つの事例として、元公国軍人であり後に連邦軍へ亡命したハインツ・ハイウェイ中尉は「ブリティッシュ作戦」という狂気の沙汰とも言える作戦を考えつくギレン・ザビとジオン公国軍を危険視しており、「奴は(ギレン・ザビは)ジオンを滅ぼす」と断言している。


一方で「ダイクン派」は公にこそ反ザビ家一党を掲げる事はしなかったが、「ダイクン派」とされたジンバ・ラルの息子であるランバ・ラル大尉やアンリ・シュレッサー准将などの親ダイクン派の軍人は冷遇される事が多かったと言う。

一年戦争末期、連邦軍が「星一号作戦」を開始した頃にジオン公国首都のズム・シティにてアンリ・シュレッサー准将らとその部下や有志による首都防衛大隊が突如クーデターを決行。ギレン・ザビ討伐を旨とするクーデター攻撃を開始しジオン親衛隊の部隊と衝突するという事件が勃発している。
一方激戦の最中のア・バオア・クーでも一部のダイクン派軍人らが離反し一部の施設を占拠したとする情報がありジオン公国も一枚岩では無かったとされている。


ザビ家直系の人物

ジオン公王。ソーラレイの砲撃によりギレンに謀殺される。

一年戦争時の総帥。キシリアに暗殺される。
世論調査を得意としていた。反体制派が車に仕掛けられた爆弾によって暗殺された。
宇宙軍攻撃司令。ソロモン防衛戦において戦死。
突撃機動軍司令。ア・バオア・クー脱出を図るがシャアの手で直接、『父の敵(かたき)』として討たれる。
地球方面軍司令。大戦果を挙げることを約束していたが、シャアの裏切りにより戦死。
ドズルの娘。アクシズ、ネオジオンの傀儡的君主。一年戦争時は赤子であったため、ザビ家は崩壊したと思われていた。

関連タグ

機動戦士ガンダム ジオン公国 一年戦争 ジオン軍 ネオ・ジオン軍
袖付き

pixivに投稿された作品 pixivで「ザビ家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125132

コメント