ピクシブ百科事典

ドズル・ザビ

どずるざび

ドズル・ザビは「機動戦士ガンダム」に登場するキャラクター。 宇宙世紀の「正史」は映像化作品に則る原則により、本項では主にTV・劇場版、およびそのノベライズである「密会 アムロとララァ」での設定を記載する。
目次[非表示]

プロフィール

所属ジオン公国
役職宇宙攻撃軍総司令官
階級中将
年齢28歳
CV郷里大輔(TV版・劇場版Ⅰ)/玄田哲章(劇場版Ⅲ・特別版等)


概要

ジオン公国デギン公王の三男。
身長210cmの大柄な体格と顔の傷跡、そしてその容貌に違わない豪胆な性格を有する。
妻のゼナとの間に娘ミネバをもうけており、一年戦争終結により地球連邦政府との間に終戦協定が結ばれた後も、彼の血脈だけは続いた。

俺は軍人だ。ザビ家の伝統を作る軍人だ」と豪語し、現場第一主義を貫いていたため、政治・策略に長けた長兄ギレンや妹キシリアからは軽く扱われていた。また、父であるデギンも一年戦争中期には完全な穏健派と変わっていたため、やはり疎まれていた。
しかしながら、末弟ガルマとの関係は良好であり、ドズル自身も亡き実母ナルスの面影を強く残す眉目秀麗な彼を溺愛して、その能力を(実能力以上に)高く評価し、軍人としての成長を楽しみにしていた程であった(なお、次兄であるサスロともそれなりに良好な関係であったようだが、サスロは物語開始前にテロによって死亡している)。

一週間戦争と呼ばれる一年戦争初期には、自身も上級将校としてムサイ級軽巡洋艦ファルメルに座乗して最前線で指揮を執り、敵対コロニーへの核攻撃、毒ガス攻撃、そして地球へのコロニー落としを敢行当時の地球圏人口の半分である55億人を殺戮している

その後は、宇宙要塞ソロモンへと駐留し、宇宙攻撃軍総司令官としての任に専任していたが、連邦の「V作戦」から始まる一連の戦いによりガルマが戦死すると、キシリア派閥が統括している地球へとランバ・ラル中尉を派遣する等の、小規模作戦の指示も出している。

だが、ジオン軍が劣勢となり出した宇宙世紀0079年12月24日、連邦軍によるソロモン攻略戦(チェンバロ作戦)において地球連邦軍の量産MSジムによる熾烈な攻撃や、新兵器ソーラ・システムにより甚大な被害を受け、ソロモン陥落の窮地に追い込まれる。
ソロモンを支えきれないと判断したドズルは、妻子を脱出させた後にソロモンの放棄を命令し、自らはMAビグ・ザムに搭乗して出撃。残存兵力が撤退する時間を稼ぐため、自ら殿として連邦艦隊の中心部へ特攻をかけた。

ドズルの駆るビグ・ザムは強力なIフィールド・ビームバリアを張り巡らせて艦艇からの主砲を無効化し、自機の大型メガ粒子砲でティアンム提督の旗艦「タイタン」を撃沈。さらに機体水平全周囲に備えられたビーム砲の斉射によって連邦軍のサラミス級巡洋艦やモビルスーツを多数撃破した。
この圧倒的戦果に自信を得たドズルの「ビグ・ザムが量産の暁には連邦などあっという間に叩いてみせるわ!」というセリフは印象的であり、現在でも引用されることが多い。

しかし、この膨大な殺戮撃に焼かれる連邦軍将兵の断末魔の“意識”が既にニュータイプとして覚醒を始めていたアムロ・レイを呼び寄せる。そして同じくしてIフィールド・バリアの弱点を見抜いたスレッガー・ロウによって、彼の操縦するGファイター(劇場版ではコア・ブースター)をガンダムの水先案内人とした、ビーム攻撃が有効となる超至近距離にまで接近しての特攻を受ける。
この攻防の中、ビグ・ザムの近接防御兵装によってスレッガー機を撃破するが、その爆発に紛れたガンダムの接近を許してしまい、コクピットへのビームサーベルの一閃によってついにビグ・ザムを撃破されてしまう(TV版ではビームライフルを下部スラスターに押し付けて射撃する攻撃もあった)。
それでもなお、ドズルはコクピットから我が身を踊り出させ、執念の言葉(「やらせはせん!貴様ごときモビルスーツに、ジオンの栄光をやらせんはせん!」)を叫びながら単身ノーマルスーツで無反動ライフルをガンダムに向けて発砲し、最期まで抵抗を続ける。この時、アムロはドズルの背後に立ち昇る悪鬼のような人間の情念を目の当たりにして戦慄するのだった劇場版ではもっと抽象的な黒い霧のような存在に描き直されている)。

ドズル・ザビはこの直後、機体の爆発に巻き込まれて戦死する。


後に父である公王デギン・ソド・ザビは、首都ズム・シティにおいてその報告を受け、「ドズルにしてもっともな事であるよ」とただ一言を呟いた。

人物像

権謀術数に腐心する人間の多いザビ家において、政治に関与せず、純粋な武人として振舞うだけあり、仁義を通すヒューマニズムの強い人間である。
このため自派閥からの人望は非常に厚く、シン・マツナガアナベル・ガトーといった武人肌のエースパイロットは高い士気と共にドズル旗下に就いている。
戦術指揮官として見た場合においても、一年戦争開戦前は旧来からの艦隊戦を重視していたが、モビルスーツがルウム戦役において大きな戦果を挙げると、すぐにミノフスキー粒子下における戦闘での有効性を認めるなど、古式戦術にこだわらない柔軟性を有する。これ以後は司令官としてだけに留まらず、自ら専用モビルスーツを操り前線に出向くこともあった。この際においても、(自ら武勲を上げんと血気盛んであった愚かな)ガルマとは異なり自分の立場を理解して“士気高揚のために前線に出向くというポーズ”に終始していた。
逆に、連邦軍のMS開発計画「V作戦」の情報をキャッチすると、その危険性にいち早く気づき、地球降下作戦従事のためキシリア派閥のマ・クベに引き抜かれるところだったシャア・アズナブル少佐に、充分以上の戦力の独立部隊を与えて、調査に当たらせている。

ただしこのような“ヒューマニズム”に則った厚遇は、あくまでも彼の派閥に所属する人間にのみ与えられるものであり、更にはガンダム稼働から始まった一連の戦闘によりガルマが戦死すると、シャアへの対応は一転して、ガルマを守り切れなかった責を取らせるため処刑を言い渡している。

なお、この処遇は最終的にデギンの裁定よって左遷扱いへと変更されているが、これは即ち、ドズルもまたガルマ同様にシャアの正体(ジオン・ダイクンの忘れ形見)に気付いていなかった事を示しており、ギレン、キシリアの二名がシャアの正体を知った上で、『将来何らかの使い道があろう』とそれとなく重用していた事実(「密会」にて補足)と比較すると、ドズルの才覚の乏しさを表している。
加えて、様々な要因が重なった結果ではあるが、つまるところガルマがシャアに謀殺される切っ掛けを作ったのは、皮肉にもドズル自身であった事になる(ドズルの性格的に、もしシャアの正体を知っていれば、ガルマに近づけさせる事は無かったであろうことは想像に難くない)。

また、ガルマ討伐のためには、旧ダイクン派の重鎮として日陰に追いやられていたランバ・ラルを、彼直属の部下のみと共に降下させているが(自分の部下は同行させなかった)、この際には当該地域を統括するマ・クベとの調整を一切行わず放り出すという、文字通りの捨て石として登用した(ラル自身はこの命令に不本意ながらも、部下の生活のために受理し、最終的にはグフを失った後の補給要請をマ・クベに握りつぶされ、進退窮まる状況へと追い詰められている)。

戦略レベルにおいてさえ、マ・クベによって提案された統合整備計画を開戦まで黙殺し、ソロモン戦開始前には「戦いは数だよ、兄貴!」と啖呵をきっておきながら、戦闘中に不穏な動きを見せる(ソーラ・レイのミラーを展開していた)連邦軍第二連合艦隊を発見した際に、参謀であるラコックからキシリア配下の第7師団に加勢を求めるよう進言を受けると「物笑いの種になる」と退けるなど、私情によってマクロレベルの戦略にマイナス影響を与えている。
特に後者は、部下一名一名の命の重さを本質的に理解していれば、絶対に口に昇るはずのない言葉である(いかなる戦場においても、自軍戦力が充実し“過ぎる”という事態はありえない)。

さらには父王デギンがコロニーレーザー建設計画――“国土”であるサイドⅢコロニーの生活設備を削除し数百万人の難民を生む焦土戦術――に積極的でない事に憤慨しているなど、例えジオン公国所属であったとしても、軍人でなくては彼の“ヒューマニズム”からは優先度を下げられる事がわかる。
それでいて、ソロモン陥落が可能性として上ると、自らの妻子を真っ先に逃がしている――このような了見が自分に許されると考えていた事自体が、何よりも彼の本質を表している。

戦略視点にさえ私情を持ち込む狭量ゆえに兄妹に軽視され、自国民の生命の重みを理解しない軍部偏重な気勢を父から疎まれたのは、当然であったと言うしかない。

故に、最期の抵抗行為はアムロに「ジオンに栄光があるというのか?」と、“歴史の浅い公国にそんなものがあると信じられる男は、おめでたい”という呆れと共に激怒を呼び起こさせ、上述の『影法師』に対しても“すくなくとも、ジオンの栄光を叫ぶ男のものではない”……そのような男が立ち昇らせるものは、もっと荒々しいもののはずだと、瞬時にドズルの本質たる狭量を看過させることなった(「密会」において、このアムロの心理が詳しく描写された)。

だが結果的に、彼の人間としての器の小ささがミネバを生き延びさせ、宇宙世紀0096年での『ラプラスの箱』の開放に繋がった事象は、歴史の皮肉とも言える。

搭乗機

ザクⅡF型ドズル・ザビ専用機

彼専用のザクⅡ。コクピットが彼の巨体に合わせて拡大され、両肩に4本・手甲に3本のスパイクが装備されている。カラーリングは、カーキベースの金縁模様。
武装は専用の大型ヒートホークと推進バーニアを内蔵したジャイアントウォーハンマー等、近接戦闘用の装備のみ。
本来は式典用に作られた機体なのだが、武闘派である彼は前線視察を口実に本機を駆り実戦に参加していた。本機はチェンバロ作戦時にソーラ・システムによって格納庫で焼失したとされるが、漫画「MSV-R 宇宙世紀英雄伝説~虹霓のシン・マツナガ~」ではプロトタイプGファイターとの交戦の末、大破爆散している。

サンダーボルト版でも同型機がア・バオア・クー内部防衛用として運用されたことが確認されており、ジオング開発室へ侵攻する連邦部隊をザクマシンガンとヒートホークで足止めしたものの、物量とビーム兵器によって撃破されている。

リック・ドムドズル・ザビ専用機

本機は、初期生産型通算100号機をカスタムしたもの。ザクⅡと同様コクピットが拡大され、胸部上部と手甲に3本のスパイクが装備されている。カラーリング・武装もザクⅡと同様。

ビグ・ザム

該当項目参照。テレビアニメでは当機のみが彼の搭乗機として登場したため、派生作品においても「ドズル=ビグ・ザム」という認識は強い。

『THE ORIGIN』において

本作では兵の決死の労を称えつつ、これに「ギレン、キシリアが政治の対立で万余の将兵を見殺しにした」と激怒し、「あの政治被れ共は、いずれジオンを滅ぼす」と自身の死後を予言したかのような言葉を残している。

MSV-Rでの活躍

『虹霓のシン・マツナガ』では、シンとは幼少時代からの仲であり、ルウム戦役においては2人で連携して戦った描写も残されている。
また、シンがルウムのコロニーから保護したバイオリニストの少女、オーレリアの音楽学校への編入も快諾しており、自ら推薦状を書いている(シンがゼナと出会ったのはこの日が初めてで、第一子を身籠っている事もドズル自身の口から明かされた)。

また、現場主義ではあるが功労者には寛大な一面もあり、レビルが奪還された際も原因の一端となったシンを厳罰にせよというギレンに対して、オーレリアがこの時人質にされていたことを鑑みてシンを弁護している(此の一件は、父デギンの進言で収まり、シンは減刑された)。

RPGマガジン掲載の漫画ではガルマをいじめるシンと度々喧嘩をして守役のキリング中佐を困らせていた過去が描写されている。中佐時代には暴発を起こしシンの父親を射殺した青年将校を体を張って説得している。同作では彼の戦死にはギレンによる謀殺の側面があったことも描写された。

関連タグ

ザビ家
デギン・ソド・ザビ ギレン・ザビ キシリア・ザビ サスロ・ザビ ガルマ・ザビ
ゼナ・ザビ ミネバ・ラオ・ザビ

ビグ・ザム

シン・マツナガ アナベル・ガトー

pixivに投稿された作品 pixivで「ドズル・ザビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259263

コメント