ピクシブ百科事典

キリング

きりんぐ

キリングとは、『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』のキャラクター。メイン画像で眼鏡をかけている人物。

「私も許可された覚えはありませんな。」

概要

CV:戸谷公次山崎たくみ(ゲーム『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』)

ジオン公国軍人で、階級は中佐
作戦を遂行するためなら手段を択ばず、味方や民間人に犠牲を出すことも厭わない冷酷な性格で、加えて大局的な視野を持たない上に作戦の遂行を大義名分にして独断専行や条約違反に当たるような行為も平然と行うなど指揮官として大いに問題がある人物。
月面基地グラナダで参謀を務めており、キシリア・ザビの部下にあたるが、キリング本人は総帥ギレン・ザビの熱烈な信奉者であったとされている。

地球連邦軍ニュータイプ専用の新型ガンダムを開発しているという情報を得て、ハーディ・シュタイナー大尉率いるサイクロプス隊に新型ガンダムの奪取または破壊を命じて南極に派遣する。
南極での作戦が失敗に終わった後、バーニィことバーナード・ワイズマン伍長からもたらされた情報により、南極から打ち上げられたガンダムは中立地帯のサイド6に運び込まれていたことが判明。「ルビコン作戦」を発令し、新たにバーニィを加えたサイクロプス隊に改めて新型ガンダムの奪取または破壊を命じてサイド6のリボーコロニーに派遣する。
ただ、補充要員を申請したシュタイナーに「腕利きを用意した」と言っておきながら実際に寄越したのは新米のバーニィだったり、脱出用の宇宙船は現地調達するよう命じていたりと、サイクロプス隊はあくまでガンダムの存在を確認するための捨て駒だったようで、そのことはシュタイナーにも見抜かれていた。

ルビコン作戦失敗後、キリングはコロニーごとガンダムを破壊するためにサイド6への核攻撃を決断。グラナダに保管されていた核ミサイルを運び出そうとしていたところを基地司令のルーゲンスに止められると、キリングは「サイド6は南極条約を批准していないから核兵器の使用は問題ない」という詭弁を持ち出して自身の行為を正当化した上にルーゲンスを射殺してグラナダの指揮権を掌握。フォン・ヘルシング大佐の艦隊に核ミサイルを搭載し、サイド6に派遣した。

OVA本編ではキリングの出番はここで終わっているが、書籍「M.S.ERA」によると、キリングはその後ジオンの敗戦とギレンの戦死を知って拳銃で自決したとされている(出渕裕によると「一番悪い奴が生き延びている」ことへの措置らしい)。

関連タグ

機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争
ジオン公国 サイクロプス隊
ガンダムNT-1

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム0080 きどうせんしがんだむだぶるおーえいてぃぽけっとのなかのせんそう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キリング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 535

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました