ピクシブ百科事典

ドモン・カッシュ

どもんかっしゅ

ドモン・カッシュとは、機動武闘伝Gガンダムの主人公。
目次[非表示]

プロフィール

国籍ネオジャパン
年齢20~21歳
生年月日F.C39年7月24日
星座獅子座
身長180cm
体重78kg
血液型O型
特技武道全般
CV関智一


人物

ネオジャパンコロニー出身のガンダムファイターで、コロニー格闘技の覇者たる証キング・オブ・ハートの紋章を右手に持つ。
10歳で家を出奔した後に流派東方不敗を創始した拳法家・東方不敗マスターアジアに弟子入りし、10年間の修行を積む。その結果達人の域に到達した生身での戦闘力は歴代ガンダム主人公の中で最強を誇り、第1話後半からして機関銃で十字砲火を浴びようが銃弾を全て素手で受け止め、後の話でも刀を一振りしただけで三体のモビルスーツを撃破し、更にはデビルガンダムの一部であるガンダムヘッドを最終奥義石破天驚拳でぶっ飛ばす等、およそ人間とは思えない事をやらかしている。

作品を知らない人にはゲームの印象から「やってやるぜ」系の熱血主人公と勘違いされがちだが、普段は口数が少なくぶっきらぼうな性格。戦いになるとやかましくなるのは周知の通り。
その長い修業生活のせいか人間関係についての経験は乏しいようで、好意の表現がツンデレ的で素直でなかったり、あまり人を疑わない純朴さが見られる。(そのせいでサイ・サイシーにいいように誘導されて酷い目にあったり、師匠に騙されたり、軍に騙されて利用されたり…)
シャイニングガンダムの仕様もあって「キレやすい」というイメージも持たれがちであるが、実際は師匠に騙されてもいきなりは怒らず何か理由があるはずだと説得を試みるほどお人好し。つまり、彼が本気でキレた時は余程の一線を越えたきっかけがあるということである。

アニメのガンダム主人公としては希少な成人男性(TVシリーズでは唯一の物語当初からの成人)であるが、メンタル的には少年的、未成熟な部分も多い。フィジカル的には2000倍の重力に耐える、モビルファイターの攻撃を生身で受け止める事が出来るほど、それこそ眼前でモビルスーツを自爆させても五体満足で死ななかったヒイロ・ユイより頑強にも関わらず、若さゆえの懊悩については時には成人らしくないほど苦しみ、周囲の助けを要した。

ネオジャパン屈指の科学者である父ライゾウ・カッシュや、兄のキョウジ・カッシュに囲まれたインテリ家庭のおぼっちゃんだが、こうした環境に馴染めず家出した家出息子。
シャトルの密航を見つかった際、東方不敗に保護され、その内弟子として武術を学ぶ。
その後、師匠である東方不敗が行方をくらませた為、仕方無しに実家に帰ってきたら、母は殺され父は冷凍刑、兄はデビルガンダム持ち逃げ犯になっており、父を救うため、兄を追うため、第13回ガンダムファイトのネオジャパン代表ガンダムファイターとして戦うことを余儀なくされる。
序盤は「この男を知っているか!?」とキョウジの写真を突きつけるのが定番だった。
こうした境遇からメンタルがささくれだっており、非常に気難しくとっつきずらい人物に見えるが、根は優しく善良である。不器用。

普段の粗暴で直情的な言動から脳筋バカと誤解されがちだが、自分で兵法を思いついたり、とっさの判断で攻撃のバリエーションを増やす頭脳プレーを発揮するなど、そこまで馬鹿ではない。しかし時にめちゃくちゃ理論を出す事があり、チボデーとのファイトにて「お前が10発のパンチを出すなら、俺は10体のガンダムで受け止める!」と言う小学生でも思いつかない事までやらかしてしまう。好意的にとればそれをやってのけるだけの実力があるということだが。

ガンダムの整備は専属スタッフである幼なじみのレイン・ミカムラ任せ。よくガンダムを壊すことを怒られる。ただメカに弱いわけではなく、ファイト中にレインの指示で整備を行ったり、ボートを運転するなど、一通りの事は出来る。
世界中のファイターを敵に回して戦わねばならず、ネオジャパン軍にすら利用されているドモンにとって、レインは数少ない心許せる相手であり、時に喧嘩やすれ違いをしてしまう事もあるが、それだけ心を開いていると言える。

なお、彼にキング・オブ・ハートが伝授されたのは先代キング・オブ・ハートであるマスター・アジア側の都合や問題もあったようで、当初は流派東方不敗の奥義を極めるに至っていない等、やや未熟な部分もある。

容姿

島本キャラらしい、うねって尖った量の多い黒髪を赤いハチマキで無造作にまとめ(まとまってない)、後ろ側がはねているボサボサ頭。修行時代に受けた傷が×字の跡になって右頬に残っている。

普段の服装

キング・オブ・ハート


襟の高いダブルブレスト風のベージュのブルゾンを常にウエストベルトだけ(大きな金ボタンのようにも見えるが)で止めて胸を大きく開け、袖を肘まで捲り、インナーの緑の7分丈のクルーネックTシャツを見せ、黒い細めのズボン、茶のベルクロ靴、甲の部分が空いた黒の指ぬきグローブ、そしてなにより全身を包む大きな赤いマントが特徴。

ファイティングスーツ

ドモーン2
どもん


基本シンプルの黒地で、胸部に日本の日の丸を意識したマークがある。
後に明鏡止水の境地に開眼。境地に至った際は全身が金色に輝く。スーパーサイヤ人っぽいがファイティングスーツや肌、ガンダムまで金色に輝く点が異なる。

搭乗機

シャイニングガンダム

シャイニングG


ゴッドガンダム

ゴッドガンダム



その他

  • 凄く恥ずかしい告白を最終回でした、その告白は「世界三大恥ずかしい告白シーン」として伝説になってる。
  • スパロボNEOで出会う前にアデューに合った事がある。
  • A.C.E.シリーズでは2・3に出演。3ではヒイロガロードといったアナザーガンダムの主人公の他、東方不敗もプレイヤーキャラとして共演しているが、この中でドモンと特殊コンビネーション攻撃出来るのは東方不敗のみである。(ヒイロは登場作品としては彼のみだがクロスオーバーコンビネーションが多数・東方不敗はギム・ギンガナムともコンビネーションができる)
  • スーパーロボット大戦Fの攻略本において、最も不幸な主人公としてピックアップされたことがある。本人も言うように「母は死に、父は冷凍刑」に始まり、「兄は国家反逆罪、心を許していた師匠に裏切られる」という不幸に見舞われる。さらに兄の反逆罪は濡れ衣だったという事実を突きつけられ、クローン共々自らの手にかけることになり、あげく対立の極まった師まで自分の手で殺めなくてはならない悲劇的最後を迎える。極めつけは愛するパートナーレインが敵の手に堕ちて、再び愛する者を殺害する必然を迫られるまでになる。最終的にレインはドモンの言葉に救われ、冷凍刑に処された父・ライゾウは刑罰の執行を停止させられたことから、これまでの不幸が報われたラストにはなっている。
  • コンパチヒーローシリーズではゴッドガンダムの人格がドモンとなっているがその性能から「ウルトラマンゴッド」やら「仮面ライダーゴッド」と言われている。実際にドモンの身体能力は地球人と融合していないウルトラマンの人間体や昭和の仮面ライダーと同等以上なのであながち間違ってはいないのだが…。なお、ロストヒーローズでは拳法家繋がりなのかウルトラマンゼロと合体攻撃を持っており2では更に師匠のウルトラマンレオとも合体攻撃が出来るようになった。


関連イラスト

Gガンダム
ドモーン3


俺のこの手が光って唸るぅ!!
【Gガンダム】ハッピーホワイトデー【ドモレイ+】



関連タグ

機動武闘伝Gガンダム Gガンダム

レイン・ミカムラ……幼馴染兼パートナー
東方不敗マスター・アジア……師匠
キョウジ・カッシュ……家族

シャッフル同盟の仲間たち
チボデー・クロケット サイ・サイシー ジョルジュ・ド・サンド アルゴ・ガルスキー

ガンダムファイターの仲間たち
アレンビー・ビアズリー シュバルツ・ブルーダー

搭乗機
シャイニングガンダム ゴッドガンダム

カップリングタグ
ドモレイ ドモアレ 石破ラブラブ天驚拳

表記ゆれ
ドモンカッシュ ドモン

その他
イザーク・ジュール 相良宗介 ダイゴウジ・ガイ
……演じている声優が同じなため、スパロボではよくネタにされる。
キュアキングオブハート
……プリキュアとのコラボネタ。

関連記事

親記事

シャッフル同盟 しゃっふるどうめい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドモン・カッシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 910595

コメント