ピクシブ百科事典

石破天驚拳

せきはてんきょうけん

「石破天驚拳」とは「機動武闘伝Gガンダム」における、流派東方不敗の奥義のなかの奥義。
目次[非表示]

流派東方不敗が最終奥義!石破天驚拳!!


概要

石破天驚拳とは、流派東方不敗における最終奥義。天然自然の力を借りて強力な気功弾を撃ち出す技。
その威力たるや、分厚いコンクリート壁や巨岩すら一撃で破壊するほど。
東方不敗が生身で繰り出した際には張り手のような形をしており、掌中央にあたる部位に「驚」の字が浮かび上がっていた。
漫画版ではドモン・カッシュも生身で放つことができるようになり、デビルガンダムが生み出したガンダムヘッドやデスアーミーを撃破している。
またドモンの回想では修行時代、狼の大群に襲われそうになった際に東方不敗がこれを用いて蹴散らし、命を救われた事があるらしい。

TVアニメ劇中での描写

しだいに水没する地下通路を塞ぐ壁を突破すべく、東方不敗が使用。この時点ではドモンは未修得だったが、脱出後に襲い来るガンダムヘッドを相手にぶっつけ本番で繰り出し、修得した。
続く決勝大会最終戦、ドモンはこの技を昇華させた「ゴッドフィンガー石破天驚拳」を用い、ネオ・ドイツのガンダムファイターシュバルツ・ブルーダーガンダムシュピーゲルを見事撃破。宣言通り決勝大会を全勝で勝ち進んだ。
最終バトルロワイヤルにおいてドモンは復活したデビルガンダムをこれを用いて撃破し、続く東方不敗との最後のファイトにおいては決着をつけるべく、石破天驚拳の撃ち合いとなる。
当初は武闘家としての熟練度の差か、東方不敗の方が圧倒的に優勢であった。しかし、彼に発破をかけられ師匠超えを誓って奮起したドモンはこれを押し返し、さらに昇華させた「石破天驚ゴッドフィンガー」で勝負を制することとなる。
デビルコロニー内におけるデビルガンダムとの最終決戦では、ドモンと互いに愛を確かめあったレイン・ミカムラ石破ラブラブ天驚拳を放ち、ピリオドを打った。

派生技

ゴッドフィンガー石破天驚拳

ゴッドガンダムがガンダムシュピーゲルとのデスマッチにおいて使用。
後述する「石破天驚ゴッドフィンガー」との違いは不明だが、ゴッドフィンガーのエネルギーを利用した石破天驚拳という意味なのかもしれない。
この技でガンダムシュピーゲルに雪辱を果たした。

石破天驚ゴッドフィンガー

ゴッドガンダムがマスターガンダムとの最終決戦で使用。
石破天驚拳で相手を握り締め、「ヒートエンド」の掛け声とともに爆発させる。
マスターガンダムを撃破し、石破天驚拳を見事に昇華させた、師匠超えの技となった。

シャッフル同盟拳

シャッフル同盟グランドマスターガンダムとの戦いで使用。
窮地に追い込まれたシャッフル同盟が、力を一つにして編み出した合体技。
圧倒的な戦闘力で蹂躙していたグランドマスターガンダムを一撃のもとに撃破、消滅させた。

石破ラブラブ天驚拳

ゴッドガンダムがデビルガンダムとの最終決戦で使用。
ドモンとレインによる合体技で、正確には「爆熱ゴッドフィンガー石破ラブラブ天驚拳」だが、語呂の問題か省略されることが多い。
最高潮に昂った2人分の気を込めた石破天驚拳で、劇中最強にして宇宙一恥ずかしい必殺技としても知られる。
放つと同時にキング・オブ・ハートの紋章に宿る初代キング・オブ・ハートが出現、デビルガンダム最終形態にハート型の風穴を開けた後、消滅させた。

究極石破天驚拳

今こそ!流派!東方不敗が最終奥義!!

スーパーロボット大戦シリーズに登場する、ゴッドガンダムとマスターガンダムの合体技。初出は『F』。イベントを発生させ東方不敗が仲間になっていると、ラブラブ天驚拳の代わりにデビルガンダムにとどめを刺す。
合体攻撃としての実装は『A』『R』。『A PORTABLE』では第45話における石破天驚拳の撃ち合いを再現した燃える演出が見物。さらに、エースボーナスでドモンと師匠の気力上限が200になった暁には文字通りの究極奥義と化し、立ちはだかる悪を粉砕する。

関連イラスト

マスターガンダム
ゴッドガンダム


ドモン・カッシュ
俺の拳が光って唸る!



関連タグ

機動武闘伝Gガンダム ドモン・カッシュ 東方不敗 シャッフル同盟
ゴッドガンダム マスターガンダム 流派東方不敗 石破ラブラブ天驚拳

関連記事

親記事

流派東方不敗 りゅうはとうほうふはい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「石破天驚拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190878

コメント