2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ガンダムシュピーゲル

がんだむしゅぴーげる

ガンダムシュピーゲルとは、『機動武闘伝Gガンダム』に出てくるガンダムであり、シュバルツ・ブルーダーが搭乗するネオドイツ代表のMF(モビルファイター)である。
目次[非表示]

機体スペック

分類モビルファイター
形式番号GF13-021NG
全高16.3m
本体重量7.3t
所属ネオ・ドイツ
搭乗者シュバルツ・ブルーダー


GFアビリティポイント

ステータス
POWER/力22.31
SPEED/速さ24.06
OFFENSE/攻撃力26.62
DEFENCE/守備力24.58
SEARCH/索敵能力23.02
ADAPTATION/適応能力29.16
TOTAL/総合149.75


概要

黒と銀色の配色が特徴のネオドイツ製のモビルファイター。
ネオドイツが持つ最新技術が組み込まれており、高い機動力を持つ。
搭乗者であるシュバルツ・ブルーダーの「ゲルマン忍法」を遺憾なく発揮し、高い格闘能力を誇る。
また、背景と同化する光学迷彩が装備されているため、忍者さながらの行動を取ることができる。
ネーミングはドイツ語で『』という意味。これはシュバルツ自身がキョウジの生き写し的存在であるために名付けたものだろう。

武装


  • シュピーゲルブレード
両腕に固定された実体剣。ネオドイツ製でありながら日本刀の要素を取り込んだ切れ味の鋭い装備。
  • メッサーグランツ
クナイ型の実体小型刃。時限式爆弾のように操ることも可能。
  • アイアンネット
鋼鉄製の拘束具、発射する際は両手で何かを投げ込むようなモーションを取る。名前の通りビームではないようだが、劇中ではビームのように光っており(ビームコーティングを施されているらしい)、電撃を流すことも可能だった。

必殺技

シュピーゲルブレードを展開して一本足立ちとなり、その場で高速回転して竜巻のような勢いを付け、攻撃を仕掛ける必殺技。コミック版では名前が共有されていなかったのか、「シュツルム・エクスプロジオーン」となっていた(改訂版では修正されている)。

立体物

1/144シリーズにてラインナップ。
劇中同様、シュピーゲルブレードの展開ギミックが再現されている。
元祖SDガンダムシリーズにてラインナップ、劇中同様のギミックが再現されている他にシャイニングガンダムが同梱されたセットも販売された。
玩具『モビルファイターシリーズ』にて立体化、配色こそメッキのかかった玩具的なものだが、大きさが1/100程度なためMGで発売するまで1/100HGと並べることができる貴重なモデルであった。
後にMGとしてゴッドやシャイニングに続いて立体化された。劇中に登場したギミックや装備をほぼ網羅している。

デザインについて

デザインを担当した大河原邦男氏曰く
『ドイツ兵のヘルメットやゾウリンゲン社のナイフのデザインを組み込んだ』
とコメントしている。

客演

ヒーロー達の心強い味方として登場する。初登場はウィズダム・キューブにてネロスガンダムに襲われ絶体絶命の中、影から颯爽と駆けつけたところかヒーロー達と出会う。彼の目的はデビルガンダムの在り処とマスターガンダムの陰謀を探るためにこのキューブに来てヒーロー達と出会った後手を組みつつデビルガンダムを追う。デビルガンダムがウィンド・キューブにいることを聞きつけデビルガンダムの元に向かったが、マスターガンダムに見つかり殺されてしまった。彼の死後はサブクエストにて、ゴッドガンダムに置き手紙を残し修行をさせることを薦めた。
ゴッドガンダムが修行中に彼の幻が現れなんとボスキャラとして戦うことになる。幻影のガンダムシュピーゲルを倒した後、ゴッドガンダムは失われた力を取り戻すことが出来た。
味方なのにも関わらずアシストキャラじゃないのは死んだからだけではなく、ボスキャラとして登場するからだったのだが敵ではなく修行をさせるために戦ったのである。原作同様頼もしい存在なのは間違いないだろう。因みにゲームクリア後で、闘技場で再び戦うことが可能である。(前作に登場したザムシャーに似たポジションかも知れない)

関連イラスト

ゲルマンニンジャ
シュピーゲル!



関連動画



関連タグ

機動武闘伝Gガンダム Gガンダム シュバルツ シュツルム・ウント・ドランク モビルファイター

関連記事

親記事

シュバルツ・ブルーダー しゅばるつぶるーだー

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135370

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました