2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ガンダムファイト

がんだむふぁいと

「ガンダムファイト」とは『機動武闘伝Gガンダム』に登場するガンダムを使用した格闘技。もしくはその大会。
目次[非表示]

もしよろしければ皆様方に、このガンダムファイトをご説明させていただきましょう。
そもそも60年前の事です。
汚れきった地球をあとに、宇宙へと登った人々がコロニー国家間の全面戦争を避けるため、
4年にいちど、それぞれの代表選手を”ガンダム”と名付けられたマシーンに乗せ、
ファイトと称し、闘って、闘って、闘い合わせ、最後まで勝ち残ったガンダムの国が
コロニー国家連合の主導権を手にする事ができる。
なんとスポーツマンシップにあふれた戦争を作り出した事か。
ですが、残された問題が一つ。
このファイトの舞台は地球。
そう、我々の住む汚れ切った地球だったのです!
しかし、今回の大会はなにやら様子が少し違うようです。
                                ――――ストーカー

概要

機動武闘伝Gガンダム』に登場するガンダムを使用した格闘技、もしくはその大会を指す。

未来世紀4年に終結した第一次カオス戦争から2年後、冷戦状態にあったコロニー間の緊張は激化の一途をたどっていた。
地球圏の存亡になりかねない第二次カオス戦争の勃発は時間の問題とされるなか、これを回避するための代理戦争として、コロニー連合軍事評論家デューサー教授が国際会議の際にある発案をする。

地球をリングに各コロニー国家がコロニー国家連合の主導権を賭け、「ガンダム」と名付けた次世代型モビルスーツで競い合う、武闘大会を行うのはどうか―――。

当時はこの突飛な提案に世界の首脳陣は難色を示したが、どうしたわけか段々と国際会議で優先事項になっていき数週間後には全会一致で可決された。
これにはシャッフル同盟による間接的な関わりがあったと云う。

記念すべき第1回大会の参加者の殆どは、軍トップのベテランパイロットで占められていた。
しかしそんな中で、ネオギリシャの三流MS乗りヘローダ・ディオニソスが、番狂わせともいえる快進撃で優勝者となる。

これは導入されたモビルトレースシステムがバルカン柔術の達人だった彼の身体能力と抜群の親和性を発揮したことによるもので、以降は格闘技のスペシャリスト、即ちファイター達が台頭していくことに。
またこれにより、コロニー格闘技なる大会も推奨され、開催されるようになった。

一方で、コロニー間の代理戦争とはいえリングとなる地球に一方的な荒廃を強いることに変わりはなく、未だ地球に住む人々の中には大会そのものを忌み嫌う者もいる。

参加するガンダムには各国固有の登録番号が発行され、表記された内容は左から順に下記の項目で判別できる。

  • 出場した大会
  • 前回大会での順位
  • 所属している国家
  • 何号機
例としてゴッドガンダムを挙げると下記のようになる。
GF13-017NJ II
  • 第13回大会
  • 前回大会17位
  • ネオジャパン
  • 2号機

歴代優勝者

F.C.08年第1回大会バルカンガンダムヘローダ・ディオニソスネオギリシャ
F.C.12年第2回大会ガンダムフリーダムフィアー・フィラデルネオアメリカ
F.C.16年第3回大会ファラオガンダムⅢ世ダハール・ムハマンドネオエジプト
F.C.20年第4回大会フェイロンガンダムサイ・フェイロンネオチャイナ
F.C.24年第5回大会バロンガンダムフェルナンド・ロワールネオフランス
F.C.28年第6回大会ガンダムトーネードビットリオ・アルジェントネオイタリア
F.C.32年第7回大会カイザーガンダムウォルフ・ハインリッヒネオドイツ
F.C.36年第8回大会コサックガンダムスキレイ・ジリノフスネオギリシャ
F.C.40年第9回大会ブリテンガンダムジェントル・チャップマンネオイングランド
F.C.44年第10回大会
F.C.48年第11回大会
F.C.56年第12回大会クーロンガンダムマスター・アジアネオホンコン
F.C.60年第13回大会ゴッドガンダムドモン・カッシュネオジャパン


大会のプログラム

大会は一年を通して行われるが開会式は行われず、かわりに開催して一発目のファイトで発生するファイティングシグナルを衛星軌道上のコーナーポストが確認してからスタートとなる。
その後は「サバイバル・イレブン」と呼ばれる11ヶ月の予選期間が始まり、これを生き残ったガンダムとファイターに決勝ラウンドの参加権が与えられる。

決勝ラウンドで優勝した国家は次回のファイト開催までの4年間、コロニー国家の絶対的な主導権を握れるのと同時に次回の主催国となる。
また、優勝したファイターには最強のガンダムファイターを表す称号、すなわちガンダム・ザ・ガンダムの栄誉が贈られる。

なお、本作の題名はこの称号を略したもの…つまり『機動武闘伝ガンダム・ザ・ガンダム』が正式であり、『機動武闘伝ゴッドガンダムではない

大会期間中は地球の周囲にビームロープが張られ、地球上のファイター達は監視・観察の対象になる。

サバイバル・イレブン

開催年一発目のファイトの発生をゴングに始まる11ヶ月の予選期間。
突破条件はその名の通り11ヶ月の間生き残ることで、生き残るのであれば手段は問われない。

他所のファイターにファイトを吹っ掛けてライバルを潰し減らすのもよし、建造物に擬態して徹底的に戦闘をやり過ごすのもよし

予選期間が終了すると、生き残ったガンダムとファイターは決勝大会の開催地へ向かう。

決勝大会

主に主催コロニーのもとあった地球の国で開催される(第13回大会は香港とその近海)。
こちらには開会式があり、当然だが閉会式や優勝パレードがある。

試合形式はその年その年で異なり、劇中では数週間かけてリーグ戦を行った後に総合成績の優れた者で最終決戦のバトルロイヤルを行うというものだった。

他に判明しているのは第7回大会が最初から出場機体全ての総当りバトルロイヤル形式であったことのみ。
そのため、この情報が世に出るまでは視聴者にある物議をかもすことになる

なお、主催国が権力を笠に着てルールを追加したり、意図的に特定国家の機体に妨害を行ったり、特例を設けて失格者を復活させたりすることもある。

優勝後の国家とファイターの待遇については上述の通り。

ガンダムファイト国際条約

  • 第一条 - 「頭部を破壊された者は失格となる。」※1
  • 第二条 - 「相手のコクピットを攻撃してはならない。」
  • 第三条 - 「破壊されたのが頭部以外であれば、何度でも修復し決勝リーグを目指すことができる。」
  • 第四条 - 「ガンダムファイターは己のガンダムを守り抜かなくてはならない。」
  • 第五条 - 「1対1の闘いが原則である。」※2
  • 第六条 - 「国家の代表であるガンダムファイターはその威信と名誉を汚してはならない。」
  • 第七条 - 「地球がリングだ!」


  • 第一条補足 - 「試合中の過失によるガンダムファイターの殺傷は認められる。」※3
  • 第七条補足 - 「ガンダムファイトによって地球上の建築物を破壊しても罪に問われることは無い。」

※1 あくまで破壊であり、装甲が削れた程度なら失格にはならない。
※2 タッグマッチは認められる場合がある。また乱入行為は違反でこそないが、モビルファイター同士の戦いが1対1であることは共通。
※3 試合中の過失や不慮の事故によるガンダムファイターの殺傷は認められる

その他のルール・レギュレーション

  • 出場する機体はモビルトレースシステム搭載が必須(ファイティングスーツに関しては旧式のタイプでも査察を通れば問題なし)
  • 前の機体のデータを引き継いだ機体であれば、1度に限り乗り換えが認められる
  • 決勝大会には開会式があり、開会宣言までに決勝大会開催地に辿り着いていない場合はサバイバル・イレブンを突破していても失格となる
  • 開催期間中は特別な事情がない限り、一度地球に降りたファイターをコロニーに上げることはできない
  • 前回大会に出場したファイターや優勝経験があるファイターであっても出場することができる
  • 前回大会に出場したモビルファイターで出場してもよい


劇中は第13回大会の様子が描かれているが、第1回以降はルールの盲点を突く様々な不正が露骨に付き纏う。
特に第7回と第13回大会では特殊なルールが追加されていたほか、第12回大会では「オプション装備は自立稼動でなくてはならない」という規定が設けられていた。

第12回大会のものはネオイングランドのチャップマンが射撃主体のガンダムで三連覇を成し遂げたことによる軍拡化の気運、および『第三次カオス戦争』危機によるもの。
その影響で未来世紀52年はファイトの開催が見送られた。

しかし同大会で武闘家である東方不敗マスター・アジアの覇により重火器主流の時代は終焉を迎えており、有形無形となりつつある。

第13回大会ではネオホンコン首相ウォン・ユンファにより、決勝リーグ限定で下記の3ヶ条の特別ルールが追加された。

決勝大会3ヵ条

  • 1, 機体の修理及び改造を自由にしても構わない※1
  • 2, たとえコクピットであろうと手段を選ばず攻撃を許す※2
  • 3, 最終バトルロイヤルを勝ち抜いた最後の1体にガンダム・ザ・ガンダムの栄誉を与える


※1 頭部を破壊されても失格にならず、機体の交換(同型機に限る)も制限なし
※2 勝利のためなら故意にコックピットを狙って攻撃してもよい

上述のようにガンダムファイト国際条約に反する内容なのが特徴。

ネタ的概要

イラストやタグ的には『機動武闘伝Gガンダム』に関するものや内容が類似している作品、原作に登場する場面に構図が類似しているものも含まれる。

昨今のガンダムシリーズの「敵も味方もガンダムだらけ。というか量産機どこいった?」という状況を揶揄して言うこともある。
特に『ギレンの野望』や『機動戦士ガンダムオンライン』などでは、宇宙世紀でありながらも一つの戦場で数十機のガンダム(ガーベラ・テトラ含む)が暴れていることも多い。

関連イラスト

無題
ますび風らき☆すた



関連タグ

機動武闘伝Gガンダム
機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 格闘技

アスティカシア高等専門学園:後の作品の舞台であるこの学校では生徒によるモビルスーツ同士の決闘が認められており、そのルールもガンダムファイトのルールに似ている部分がある(その世界観も未来世紀同様の部分がある)。ただしこの世界ではガンダムと言うモビルスーツ自体が否定されている。

ヒプノシスマイク:ディビジョンと呼ばれる地区の代表がラップのパフォーマンスで競い合う代理戦争となっている作品。そのため、知らない人に世界観を説明する際に専ら「ラップバトル版ガンダムファイト」と比喩されがち。なお、Gガンダムもヒプマイ同様音楽関連の出版がキングレコードなのでまったくの無関係というわけでもない。

豪血寺一族

関連記事

親記事

未来世紀 ふゅーちゃーせんちゅりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 379153

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました