ピクシブ百科事典

ファラオガンダムIV世

ふぁらおがんだむよんせい

ファラオガンダムⅣ世とは、ネオ・エジプト所属のモビルファイター。ドモンがデビルガンダムの手がかりを初めて掴むきっかけとなった機体でもある。
目次[非表示]

機体スペック

分類モビルファイター
形式番号GF4-001NE
全高16.6m
重量7.8t
所属ネオ・エジプト
武装バルカン、マンバー・ウィップ

概要

ネオ・エジプト所属のモビルファイターで、本編から40年前の第4回ガンダムファイト出場機体。
ガンダムファイターはダハール・ムハマンド(CV:笹岡繁蔵)。ファイティングスーツは白と青をメインに目の模様が入ったもの。

第3回ガンダムファイト優勝機ファラオガンダムⅢ世を第4回用に改修したものだが、ネオ・チャイナ所属のサイ・フェイロン駆るフェイロンガンダムに敗北。
この時機体の爆発に巻き込まれダハールも帰らぬ人となってしまい、ネオ・エジプトのダハールの墓に大破した機体共々埋められていた。
ダハールを失ったネオ・エジプトの影響は大きく、その後は戦力の弱体化を余儀なくされる。
第12回ガンダムファイトでの戦績は51位にまで落ちぶれもはや過去の栄光と化していた。

しかし第13回ガンダムファイトでは地球に降下したデビルガンダムのDG細胞によりダハールはミイラとなって機体共々復活、デュアルアイから発射されたビームでガンダムファイト出場予定だったファラオガンダムXIII世を破壊、機体整備クルー一行を殺害。
そしてかつて自らを負かしたフェイロンの子孫であるサイ・サイシードラゴンガンダムを再選目的で付け狙うようになる。

最初はお化け嫌いで完全に逃げ腰状態だったサイ・サイシーも、レイン・ミカムラ達のサポートもあってダハールの真意を知るや否や戦意を取戻したことによる宝花教典十絶陣を受け敗北した。
しかしその後機体に取り込まれていたDG細胞が暴走しドラゴンガンダムをも取り込もうとする。

同行していたドモン・カッシュはそれがダハールではなくデビルガンダムの意思による攻撃と確信、ようやくデビルガンダムの手がかりをつかんだことでスーパーモードを発動させたシャイニングガンダムのシャイニングフィンガーソードを受け跡形もなく消し炭となった。

DG細胞復活後のファラオガンダムIV世は砂嵐を発生させていたが、これは元からモビルファイターにあった機能なのか、それともDG細胞による機体強化で生まれた副産物なのかは不明。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム モビルファイター 事故 ミイラ DG細胞 砂嵐 目からビーム
ドラゴンガンダム

関連記事

親記事

モビルファイター もびるふぁいたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファラオガンダムIV世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント