ピクシブ百科事典

ファイティングスーツ

ふぁいてぃんぐすーつ

ファイティングスーツとは『機動武闘伝Gガンダム』の作中において、ガンダムファイターがガンダムを操縦する際に装着する特殊スーツの名称。
目次[非表示]

概要

ドモン・カッシュ
レイン・ミカムラ



モビルトレースシステムの要となる身体にフィットしたスーツで、肩や腕などにはアンテナ、スーツ自体には各種センサーが組み込まれており、操縦者のアクションをそのまま機体の動きに反映させることができる。また、頭部以外の部分に受けた機体のダメージも操縦者にそのまま感覚として伝わる。

装着する際、操縦者は全裸の状態でコックピットの中心に立ち(サイ・サイシーだけは胡坐をかいている)、その後上部からゴム状のスーツの膜が張ったリング型の機器が下降して操縦者の裸体を覆うようにスーツが形成される。
この時強い負担がかかるため、操縦者は装着が終わるまで上からの力に押しつぶされないよう耐えなければならず、鍛え抜かれたファイターであっても苦悶の表情でうめき声を漏らすほどである。

スーツを装着した者が2人以上いる場合はメインファイターである操縦者に指導権が回り、さらにパワー上昇と同時に強大なエネルギーを纏った必殺技を放つことも可能だが、使用後の負担は大きい模様。

ちなみに脱ぐ時は装着する時の逆の手順を行う(『バトルメモリー』より)。

旧式のファイティングスーツについて

東方不敗や旧シャッフル同盟の面々はファイティングスーツなしでMFに搭乗している。
これは彼の服そのものにセンサーが縫い込まれ、ファイティングスーツと同じ機能を果たしているから(東方不敗自身のインタビューでは「恰好悪いから」とコメントしている)。
その代償としてセンサーの感度は通常のファイティングスーツより鈍いのだが、その分を技量でカバーしており、最新のスーツを装着したファイター達にも引けを取る事は無かった。

………というのは(あくまで今の所だが)出自がはっきりとしない俗説である。何故なら当時の今川監督は「東方不敗には着せたくない=似合わないと思ったから(要約)」と語っており、要するにこれといった設定がないと明かしているためである。
後付でこういった設定が付与された可能性がある(実際Gジェネレーションの一部作品では「東方不敗流トレースシステム」と呼称されている)が、そもそもこの設定を起用した場合、少々矛盾が生じる。
何故ならこれ以前に戦ったファイターの多くは、過去の戦いで新型の皮膜式ファイティングスーツを着用しているためである。そもそも東方不敗の過去を描いたとされる外伝マンガにおいて、東方不敗ことシュウジは新型の皮膜式ファイティングスーツを着用している。

所謂ハンディキャップとして、あえて機能性の落ちたスーツを着用していると考えればある程度矛盾は薄まる。が、東方不敗・旧シャッフル同盟の目的の壮大さを鑑みると、少々無理のある解釈ではある。

構造・デザイン

\SHUFFLE ALLIANCE/


肩パットや、四肢、背中など体の至る数箇所に、過去のSF作品で見られるような先が丸いアンテナがついている。
配色やデザインについては搭乗者ごとに異なっており、国柄を表しているものもある(ネオジャパン代表のドモンなら日の丸、ネオアメリカ代表のチボデーなら星等)。これはファイターごとに合わせた初期設定で決められている(『バトルメモリー』より)。

各種デザインについては各キャラクターのページを参照。

漫画版『超級!機動武闘伝Gガンダム』での解説によれば、素材は粘着質の物質であるとされている。

余談

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品


  • レイン・ミカムラのスーツ装着シーンで当時多数の少年達には、すごい影響を与えたとも言われている。
キ…キツイ…!

  • Gジェネレーションシリーズの一部の作品では、一部のGジェネオリジナルパイロットをモビルファイターに乗せると、カットインでファイティングスーツ姿を見ることが出来る。

マーメイドガンダムって…
マリアルイゼ
センシティブな作品センシティブな作品


  • Pixiv内では、同じGガンダムの登場人物にファイティングスーツを着せたイラストが多く、このタグが使用されているが、他のガンダムシリーズや版権キャラ、オリジナルキャラクターなどにファイティングスーツを着せているイラストにもこのタグがついてる。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム モビルファイター モビルトレースシステム ラバースーツ

関連記事

親記事

モビルトレースシステム もびるとれーすしすてむ

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイティングスーツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5272862

コメント