ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ふふん!オイラの大切なものを預かってもらったお礼をしたくてね!」

プロフィール

国籍ネオチャイナ
年齢16~17歳
生年月日F.C43年3月31日
星座牡羊座
身長132cm
体重32kg
血液型A型
特技中国拳法、一輪車
趣味料理(チャーハン)
嫌いなもの怪談話
CV山口勝平

人物

初登場は第3話「倒せ! 魔神ドラゴンガンダム」。

第13回大会に参加したガンダムファイターの中では最年少で、少林寺の再興を目的にガンダムファイトに参加する。

途中でDG細胞に侵されチボデー、ジョルジュ、アルゴ同様にデビルガンダムの操り人形となるが、旧シャッフル同盟の力で浄化され新たに「クラブ・エース」の称号を受け継いだ。


性格はおっちょこちょいで明るい。たまたま出会ったドモン・カッシュのことを「アニキ」と呼んで慕っている一方で、越えるべきライバルとして認識もしており、ガンダムファイトに関してはクレバーな関係でもある。

拳法の腕前が抜群であるほか、中華料理の腕前もかなりのもの。ただしオバケなどは苦手で、それが原因で戦闘がままならなくなる時もあった。

祖父は第4回大会で優勝したサイ・フェイロン(他界)。父親はサイ・ロンパイで、少林寺再興を果たす事を目的としていたが、志半ばで病に倒れ(サイ・サイシーが物心つく前)、サイ・サイシーがその意志を継ぐ事を望みつつ他界してしまっている。


当初は少林寺再興に対して不真面目な面が時折見られたが、父が遺した手紙を読んだことで心機一転し、総帥に進言するなど命を賭ける程の情熱を燃やすようになった。

若いためか、修行不足な面や未熟と見られる部分があり、アルゴ・ガルスキーにそれを指摘されたこともあったが、同年代の少年よりは大人びているといえる。また、ドラゴンガンダムを取り返すためにドモンをダシに使ったりと知略に長けた部分もあるが、年相応のイタズラを行うこともままある。

サポートクルーはネオチャイナ総帥の命で送り込まれた僧侶の恵雲と瑞山。二人とも拳法の達人で、両親のいないサイ・サイシーにとっては親代わりかつお目付け役的な存在である。

小学生のファンから特に人気の高かったキャラクターである。

それ故に、デラックスボンボンにて彼が主人公のスピンオフ漫画が連載されていた。


ちなみに、サイ・サイシーが使うとされる拳法は、メディアにより『少林寺拳法』と表記される事がある。

実在の少林寺拳法は、古式柔術にルーツを持つ日本武術であり、香川県に総本山を持つ武道団体。技術的には中国拳法との直接の繋がりは無いが、名称を中国河南省の崇山少林寺より借りており、現在では組織的な交流もある。

Gガンダム作中でサイ・サイシーの使う拳法は、いわゆる「カンフー」として描写されているので、彼の武術は「少林寺拳法」ではなく、崇山少林寺で伝承されている「少林拳」だと解釈すべきだろう。

もちろん実際の崇山少林寺でガンダムファイターの育成をしているという情報は確認されていない。


劇中での活躍

11ヶ月の予選期間でのガンダムファイトではシャッフル同盟の中で唯一ドモンと引き分けている(アルゴの際もドモンが力尽きて相打ちとなったが、ガンダムファイト的にはほぼダブルK.O)。また、決勝ラウンドにおいては真・流星胡蝶剣でゴッドフィンガーもろともゴッドガンダムの右腕を破壊するなど、その実力はとても高い。


また自身の対戦相手になったネオデンマーク代表のハンス・ボルガーの妹、セシルに恋する。しかし、マーメイドガンダムの機体が限界を達していたので、当初はセシルの事を思って棄権しようとしていたが、セシル自身から説得により戦いを決意。

マーメイドガンダムとの戦いでは水中戦には苦戦するものの、切断した腕を囮にした奇策で勝利した。


その後は、コロニー・デビルダム(通称デビルコロニー)内部の死闘に他のシャッフル同盟の4人と協力し、勝利を導いている。エンディングでは隠し持っていたセシルの写真にキスをしていたところで瑞山、恵雲にどつき倒されていた(写真の中にいたセシルは肩をすくめていた)。


ちなみに最後の場面で彼のみ彼女がそばにいなかったのは ドモン除く他の成人済みの新生シャッフル同盟はガンダムファイト後の処理に追われる厳しい未来が待っているため信頼できるパートナーと結ばれるという「救い」を与えたかったのに対し、未成年の彼だけは将来像を曖昧にしておきたかったためと今川監督自身が語っている。


ちなみに、後に島本和彦が手掛けた漫画「超級!機動武闘伝Gガンダム」の最終決戦ではセシルもMFを駆り戦場に駆け付けていたため、ラストシーンでは仲睦まじい姿を見せている。


漫画版

機動武闘伝Gガンダム外伝-翔龍伝説-(漫画・村上としや)は講談社『デラックスボンボン』にて1994年12月号から1995年5月号連載された外伝作品。

サイ・サイシーを主人公にした作品でシャイニングガンダムとの戦いで見つかった弱点を克服するべく、必殺技「真・流星胡蝶剣」を求める旅に出るストーリーとなっている。

漫画版のサイ・サイシーは熱血漢キャラとなっており、黒龍団に奪われたドラゴンガンダムを奪還する際にはアニメ版とは違い、サイ・サイシー自らがアジトに乗り込んで取り返している。

容姿

やや小麦色の肌に紫のリボンでまとめた長髪が特徴。瞳の色は赤。

一本長く突き出た睫毛と額のビンディ(?)が目を惹く。

劇中では37話でのみ髪を下ろした描写があるが、毛先をしっかりと切り揃えている模様。

普段着

★HAPPY BIRTHDAY★

クリーム系の半袖のシャツに足下が見える黄土色のズボン。腰部には緑色の布を巻いて両手には黒いリストバンドをはめている。


ファイティングスーツ

センシティブな作品サイ・サイシー

シンプルな黄色一色に胸部に太極拳の表演服をイメージした模様が描かれた物を着用。

なお装着時は他のファイターとは違い、直立ではなく胡坐をかいた状態で頭部まで覆われ、最後に全て引きちぎるといったスタイルになっている。


その他

超級ネオホンコン編3巻かわいい

セシルに素性を隠すために、チン・チクリンと名乗っていた時のお忍び衣装。

搭乗機

ドラゴンガンダム

ドラゴンガンダム

ガンダムダブルドラゴン

ダブルドラゴン

漫画『超級!機動武闘伝Gガンダム』に登場する決勝大会用に新たに用意したMF

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム

ドラゴンガンダム

シャッフル同盟 シャッフル同盟拳

ドモン・カッシュ チボデー・クロケット ジョルジュ・ド・サンド アルゴ・ガルスキー

セシル・ボルガー


トビア・アロナクス:中の人が同じである、ガンダムパイロットである主人公。

紅拳 : 同じロボット格闘技を扱った『レッドバロン』の主人公で、中の人が同じ。なおGガンはレッドバロンより2週間遅れて始まったうえ、サイの登場は更に後。

アイリス(ポケモン):前髪が似ているためコラ画像にされていたキャラクター。こちらもドラゴン使いではあるため関連性はない訳ではない。


ウソップ宗屋ヒデヨシ……中の人つながり。両者ともに武術の心得はないが、「大切なものや人を守る」ために嘘やそれを用いた策略で相手や周囲を翻弄するキャラつながり。

関連記事

親記事

シャッフル同盟 しゃっふるどうめい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 262798

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました