ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「どうした!これで終わりか!収容所でのファイトは見せかけか!貴様もこの程度か!」

プロフィール

国籍ネオロシア
年齢26~27歳
生年月日F.C33年9月13日
星座乙女座
身長219cm
体重101kg
血液型O型
CV宇垣秀成

人物

初登場は第5話「大脱走!囚われのガンダムファイター」。ネオロシア代表のガンダムファイター。後にシャッフル同盟「ブラック・ジョーカー」の称号を持つ。

巨漢な宇宙海賊の頭目。サイ・サイシーからはオッサンと呼ばれているが、実は26歳と若い。普段は寡黙かつ冷静沈着な性格であり、その頼もしさは海賊時代の部下達からも慕われていた。

アルゴ&ボルトガンダム【Gガン】

彼の率いる海賊達は、全宇宙に悪名を轟かせていたが、部下共々コロニー警察に捕まってしまう。彼は部下の釈放を条件にガンダムファイトへの参戦を強いられており、常に手錠を掛けられ、命令を聞かせるための小型爆弾を胸につけられている。以降は戦いだけが彼の自由となり、故により戦いを求めるようになっている。


容姿に違わず、乗機のボルトガンダムに見合ったそのパワーは、素手で灰色熊の息の根を止めてしまうほどである。タフネスもかなりのものでドモン・カッシュやサイ・サイシーに攻撃を仕掛けられた時も全く効いていなかった。

ガンダムファイトの技量も高く、相手の攻撃を最小限の動きで躱したり、見るからに取り回しの悪いグラビトンハンマーを相当な精度で使いこなしたりしている。42話ではガンダムヘブンズソードにドラゴンガンダムが跨っている状態で、ドラゴンガンダムを一切傷付けずに、ヘブンズソードにだけグラビトンハンマーのチェーンを巻き付け墜落させる、という神業を披露した。

また、シャッフル同盟の中で唯一、デビルガンダムに対して恐怖を抱かなかった人物でもある。


海賊ではあるが、強い者との戦いを求めていくのがアルゴの目的であり、無益な殺生は行わない主義であった。海賊としては特異な存在だったといえ、前述の通り自分の釈放より部下の釈放を優先していることからも、強面で屈強な見た目に反して、非常に他人思いであることがわかる。闘いにおいても己より力量の低い相手とは戦おうとせず、海賊時代から闘いの中に喜びを感じたことはなかった。


「サイ・サイシーが唯一ドモンに相打ちを仕掛けてきた」と本編37話で語られているため誤解されやすいが、実際はアルゴも初登場回でドモンと相打ちになっている。シャイニングフィンガーの途中でドモンが力尽きており、実質この時点でドモンはパンチなどが一切利かず、首を執拗に攻められるなどパワー負け必至の状態だった。そのため初対戦は事実上はアルゴの勝利とも言える。


このように大人として、強者として作中では描かれている反面、一方でその強さ故に他のキャラの活躍を描くための引き立て役にされることも多く、アレンビーにやられるかませ役になったり、ギアナ高地で身に着けたガイアクラッシャーを他の仲間にコピーされたりと、いろいろ不憫な目にもあっている。

メタ的に言えば早い段階から精神的に完成してしまっているため、成長要素が少なくドラマが描きにくいためと思われる。


人間関係

シャッフル同盟としてはサイ・サイシーと関わる事が多かった。体格や性格、年長と年少であること、戦闘スタイルなど対になっている部分も多い。


甘々とか!!【リクエスト】ネオロシア

クルーである、ナスターシャ・ザビコフとは当初は単なる監督と囚人でしかなかったが、後にナスターシャがアルゴのファイトに心を開き、「一つの勝利は2人の物」と言うほどの良い関係になる。


また、ネオカナダのアンドリュー・グラハムとの間には宇宙海賊時代に起こした事故が原因で彼の妻を死なせてしまった件で仇として狙われているが、アルゴに死なせる意図はなくむしろ助けようとしていたことが明らかになっている(つまり誤解)。決勝リーグでの再戦で和解したが、彼もガンダムファイトから去ることになってしまった。


ドラマCD

CDドラマ「世界高達骨牌拳」では試写会に招待されたドモン達と映画に見に行った際、映画を観る時は必ず最前列という意外なこだわりがあったり(サイ・サイシーからは迷惑がられていた)、銀幕の中で登場したミス・ガンダムことチンチクリン(女装したサイ・サイシー)に本人を含めて不評の中で「俺は好きだ」と爆弾発言。(周囲の仲間はドン引きしていた。)

他にも試写会が終わった後で白玉入りの餡蜜が食べたいと意外と甘党ような一面を見せた。


容姿

オールバックにした茶色の髪、特徴的な眉毛ともみあげが目を惹く巨漢。


普段着

9.13

(デザインから推測するのに)濃緑の上下セットの服を着用し、ブーツを履いている。両腕には枷となる頑丈な手錠が嵌められており、胸には遠隔操作仕様の小型爆弾が取り付けられている。


ファイティングスーツ

アルゴ・ガルスキー

緑一色の無地の物を着用。こちらでもやはり、両腕の手錠と胸の小型爆弾は付けたままになっている。


搭乗機

ボルトガンダム

ボルト


ガンダムボルトクラッシュ

漫画「超級!機動武闘伝Gガンダム」に登場するボルトガンダムの後継機。


関連タグ

機動武闘伝Gガンダム

ボルトガンダム

シャッフル同盟 シャッフル同盟拳

ドモン・カッシュ チボデー・クロケット サイ・サイシー ジョルジュ・ド・サンド

関連記事

親記事

シャッフル同盟 しゃっふるどうめい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91387

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました