ピクシブ百科事典

ガンダムボルトクラッシュ

がんだむぼるとくらっしゅ

超級!機動武闘伝Gガンダムに登場するボルトガンダムの後継機。

概要

型式番号はGF13-013NRⅡ。名前は勘違いされがちだが『ボルトガンダムクラッシュ』ではない。
シャッフル同盟の新機体の中では最も以前の姿を踏襲している機体。
シルエットや基本的な部分は実はボルトガンダムからあまり変わっていない。口のヒゲは二本に増えている。
なんと今回は名前そのまんまにネジのボルト(Bolt)が両肩アーマーと腕関節から飛び出しており、以前のボルトガンダムの雰囲気を残しつつ地味にとんでもデザインとなった。
グラビトンハンマーが装備されていた肩にもボルトが装備されており、ハンマーはボーリング球のように穴が空いたタイプに改装され、右腕にマウントされた。
しかしこのネジはただの装飾品ではなく、電撃を放つことが可能で、新たに開発されたハンマーを制御するのに用いる。
相変わらずシャッフル同盟の中ではもっとも大柄な機体であり、4機が並ぶとボルトクラッシュだけ一回り大きな巨体を持っている。
ボルトガンダムと同じく各国のモビルファイターを捕縛して開発されており、スペック自体はあがっており、原作では描かれなかった対戦カードであるゼウスガンダムとの一戦ではほぼ一方的に相手を粉砕している。
が、実際は多国の技術をフィードバックしすぎたため、搭乗者のアルゴのスタイルに合わない機体となってしまっており、圧倒的に見える戦い方をしなくてはならないという苦境に立たされていた。
そのため、後継機としては珍しくボルトガンダムと併用して決勝大会を戦い抜かねばならない事態になっているのだが、ボルトガンダムに戻した最初の一戦が、原作でもあったノーベルガンダムとの戦い(瞬殺)という流れになっている。

関連項目

機動武闘伝Gガンダム ボルトガンダム アルゴ・ガルスキー ガンダムダブルドラゴン ガンダムマックスリボルバー ガンダムヴェルサイユ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムボルトクラッシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 445

コメント