ピクシブ百科事典

レッドバロン

れっどばろん

「レッドバロン」とは、「スーパーロボットレッドバロン」に登場するロボット。もしくは、それを原作とした東京ムービー新社製作のロボットアニメである。 → 現在、著作権はトムス・エンタテインメントに移行されている。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 第一次世界大戦でのドイツ軍のエースパイロット・リヒトホーフェン男爵の二つ名。乗機を真っ赤に塗っていたことからそう呼ばれていた。
  2. 1.にちなんだバイク販売・買取チェーン店の名称→こちらを参照
  3. 特撮番組『スーパーロボットレッドバロン
  4. 3.のリメイクアニメ。本項で解説


概要

『レッドバロン』は、1994年4月5日から1995年3月28日まで日本テレビ系で放送された。全49話。
(2013年末~2014年8月、CATVチャンネルNECOにて再放送された。)

特撮番組『スーパーロボットレッドバロン』のリメイクであるが、共通点は一部の固有名詞とレッドバロンのデザインのみで内容は全く異なり、ロボット格闘技(ロボット格闘大会)が物語の舞台である。そのため必殺兵器エレクトリッガーも放電攻撃から、電気を纏ったパンチに変更されている。

終盤の『シグマタワー編』はかなりメチャクチャな展開、レッドバロンモドキの大群であった。
マザーバロンなるロボットが次から次へとレッドバロンを量産ならぬ出産。
赤の巨人「ライジン」、続いて青の巨人「フウジン」やはり顔はレッドバロン似
トドメはデビルいや「デスバロン」なるラスボス!?どうしてこうなったのか?
(設定的にはラスボス(コンピューター)が「最も優秀なメタルファイター」であるレッドバロンを己のボディーに選んでコピーしまくった為、一応矛盾はしていない)

最期はやはりやぶれかぶれだったのかもしれない。
と言うのも、内容も放送時期も『機動武闘伝Gガンダム』と丸かぶりであり、ほぼ注目されなかった作品だったりする。
(ぶっちゃけGガンと共に『ストII』以降の格闘ゲームブームに乗った作品である。)
逆に注目を浴びなかったことで「こんなのがレッドバロンを名乗るな」なんて叩かれる事が無かったのは良かったのか悪かったのか…。

ストーリー

風来坊メタルドライバー紅拳は、チャンピオンになるために日本にやってきた。偶然にも冴場翔子と出会い、彼女が開発したメタルファイターのレッドバロンを操縦することになった。成り行きからチームを組んでメタルファイトに出場することになるが、レッドバロンを狙う鉄面党の魔の手が彼らに忍び寄る。

『神龍』の柳孔明、『カンフータイガー』の李仲達らの出会い。
お約束のお色気担当マリリン博士ら美少女軍団など
さらには主人公がライバルと認めたシャドー操る『ゴールドバロン』との激戦など

登場人物

紅拳(CV:山口勝平)……一部のファンからはサイ・サイシー中の人が同じ事をネタにされている。
冴場翔子(CV:岩坪理江
ロビー(CV:亀井芳子水原リン鈴木みえ
冴場博士(CV:沢木郁也
熊野勇夫(CV:龍田直樹
柳孔明(CV:塩沢兼人
李仲達(CV:高木渉

世界大会編

オージン(CV:掛川裕彦
ノーマン(CV:相沢正輝
ハシミコフ(CV:菅原正志

鉄面党

マリリン博士(CV:小林優子
アシモフ博士(CV:松尾銀三
フロイト博士(CV:茶風林
シャドー(CV:中村大樹
カイザー(CV:沢木郁也
シグマ(CV:佐藤正治佐々木るん
デスバロンの紅拳(CV:山口勝平
ナレーター(CV:沢木郁也

主題歌

オープニングテーマ

「戦え! レッドバロン」
作詞 - 森京詞姫 / 作曲 - 小田純平 / 編曲 - 岩本正樹 / 歌 - 石原慎一

エンディングテーマ

「夢を見たかい」
作詞・作曲 - 本島一弥 / 編曲 - 藤原いくろう / 歌 - 本島一弥

関連タグ

バロンシリーズ(特撮

スーパーロボットレッドバロン
スーパーロボットマッハバロンマッハバロン
小さなスーパーマンガンバロンガンバロン

トムス・エンタテインメント東京ムービー

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドバロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106989

コメント