ピクシブ百科事典

ブレイブストーム

ぶれいぶすとーむ

『ブレイブストーム』とは、2017年公開の特撮映画である。
目次[非表示]

概要

正式タイトルは英字表記による『BRAVESTORM』。
円谷プロダクション所属の岡部淳也が設立した「株式会社ブラスト」製作の特撮映画
宣弘社制作の特撮作品である『シルバー仮面』と『スーパーロボットレッドバロン』のリブート映画であり、両作をミックスした新たな世界観の物語を描く。

ストーリー

西暦2050年。キルギス星人の侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。

僅かな人類の生き残りである春日5兄弟は過去に時間移動し、キルギス星人を地球侵略開始前に抹殺することを決意。
長男の光一と長女のひとみは奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ及び『宇宙人探知グラス』『サイキック能力』『強化スーツ・シルバー』の3つの力を弟たちに与え、2013年へと送り出した。

過去へ到着した春日光二、光三、はるかは、ロボット工学者の紅健一郎に接触し、キルギス星人に対抗し得る巨大ロボットの製造を懇願する。
健一郎は条件付きでこれを了承し、キルギス星人のロボットのデータと己の持てる全ての技術を注ぎ込んだ巨大ロボット『レッドバロン』を開発する。

それから時は流れ、2018年。
健一郎の弟・健は、地下ボクシング場でエイリアンの襲撃を受けたところを春日兄弟に助けられる。
彼こそは健一郎が指名したレッドバロンのパイロットであり、キルギス星人の侵略から地球を救う唯一の力を操り得る男であった。
突然告げられた運命に戸惑うばかりの健であったが、事態を受け入れる間もなくレッドバロンの建造を嗅ぎ付けたキルギス星人の襲撃が彼と兄、そして春日兄弟を襲う。

強化スーツ・シルバーを纏い、エイリアンに立ち向かう光二。
レッドバロンの操縦桿を握り、キルギス星人の侵略ロボットを迎え撃つ健。
東京を舞台に、『エイリアン対強化人間』『ロボット対ロボット』の二大バトルが繰り広げられる。

キャスト

春日光二大東駿介
春日兄弟の次男。兄らとの約束のため、必ず未来を変えるという固い決意を胸に抱いている。
『強化スーツ・シルバー』を纏い、エイリアンと肉弾戦を繰り広げる。
紅健渡部秀
地下ボクシング場にも出入りする腕自慢のボクサーで、健一郎の弟。
荒っぽい性格で、兄曰く「やんちゃ」。
兄が建造した巨大ロボット・レッドバロンを駆ることになる。
春日はるか山本千尋
春日兄弟の次女。一見クールだが、兄たちとは固い絆で結ばれている。
サイキック能力を持ち、記憶の転写や瞬間移動、念話などを自在に扱う。
また身体能力も優れており、その剣技はエイリアン相手にも引けを取らない。
春日光三タモト清嵐
春日兄弟の三男。兄弟の中では明るい性格で、人懐っこいムードメーカー。
宇宙人を探知する『スキャングラス』で敵を見抜くほか、明晰な頭脳で兄弟をサポートする。
春日ひとみ壇蜜
春日兄弟の長女。妖艶さと母性を併せ持つ美しい女性。
光一と共に弟たちを過去の世界へと送り出した。
春日光一:春日光一
春日兄弟の長男。父の研究を引き継ぎ、弟たちと共にタイムワープ装置を完成させた。

紅健一郎吉沢悠
健の兄で、ロボット工学の世界的権威。才気にあふれた人物だが、やや空気が読めない傾向がある。
2013年に春日兄弟と出会った後、妻子を残して隠遁し、レッドバロンの建造に専念していた。

トレーナー:泉谷しげる
????(リンク名ネタバレ注意):寺脇康文
ボーグ:松崎悠希
シュン:藤田富

登場キャラクター・装備

強化スーツ・シルバー
春日兄弟の父が開発した強化スーツ。人体の能力を500%アップさせる。
作中には当初から光二が装着しているシルバースーツ R1と、後に光三が完成させた改良型のシルバースーツ R2の2種が登場する。
前者は一丁拳銃、後者は二丁拳銃と二本のナイフを武装としており、特に拳銃はエイリアンを一発で消滅させてしまうほどの威力を発揮する。
レッドバロン
ブラックバロンの設計図を基に紅健一郎が完成させた深紅の巨大ロボット。
健一郎の人格を転写したAIが搭載されており、搭乗者に的確なアドバイスを与える。
しかしAIには彼の強引かつ周りを気にしない性格もそのまま転写されているため、搭乗者を振り回すような指示を平気で与えることもある。
武装として肩から放つ連装ミサイルと掌からの電流放出を備える。また、健のボクサーとしての技量を反映した鋭いパンチも強力な武器である。
各部からのジェット噴射により、月から地球へ短時間のうちに向かえるほどのスピードで飛行できる。
さらにステルス機能も備えており、その性能でキルギス星人のレーダーをも逃れる。

キルギス星人
2050年の地球を征服した侵略者。
2010年代からすでに単身で地球に潜伏しており、計画を妨げる恐れのある人間を殺害しながらブラックバロンの建造を進めていた。
優れた頭脳を持つ反面小柄で戦闘力に乏しいため、配下となるチグリス星人を養殖して実働部隊としている。
チグリス星人
キルギス星人の手駒となって操られるエイリアン。
知能はあまり高くないが、キルギス星人の技術により人間に化けて行動できる。
ブラックバロン
キルギス星人が侵略に用いる漆黒の巨大ロボット。
その巨体に見合う戦闘力に加え、両肩の煙突から噴出する汚染物質によって地球の大気をキルギス星人の居住に適したものに改造する機能を備えている。
本来の歴史では2021年に初めて人類の前に姿を現し、国会議事堂前で大気改造システムを起動。人類滅亡の始まりを告げる存在となった。


外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ブレイブストーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 367

コメント