ピクシブ百科事典

小さなスーパーマンガンバロン

ちいさなすーぱーまんがんばろん

『小さなスーパーマン ガンバロン』とは、日本テレビ・創英社制作の特撮番組であり、『スーパーロボット レッドバロン』から続く一連のバロンシリーズの最終作である。
目次[非表示]

概要

スーパーロボットレッドバロン』、『スーパーロボットマッハバロン』に続くバロンシリーズの最終作で、1977年4月3日から同年の12月24日まで計32話が放送された。
放送局の日本テレビの意向で大幅な路線変更となり、前2作とは毛色の異なる作風となっている。
放送時間は毎週日曜日夕方18:30から19:00までであったが、第26話からは毎週土曜日朝7:00から7:30までの放送となった。

主人公はメイン視聴者と同年齢の子供で、後半からは巨大ロボットも登場するが、ロボット物というよりは変身ヒーロー物の要素が強くなった。

ストーリーはコメディタッチになった一方、特撮ファンにはおなじみの黒部進天本英世といった有名俳優も多数起用されている。
また、日本テレビ音楽とのタイアップで、シリーズ初期には当時の人気アイドルのゲスト出演が行われていたが、スケジュール調整や予算の問題で短期間で終わった。

開始当初は予算にも恵まれ視聴率も好調。中盤にはグアムへ海外ロケを敢行するほどとなったが、二度あることは三度あるという事か、スポンサーであるブルマァクが倒産した為に資金調達が困難となり、それに伴いスケールも大幅に縮小せざるを得なくなり、全32話で打ち切りとなってしまった。その為、登場人物が「また来週も見てね」と告げたにもかかわらず放送されないという事態が起こった。

だが、放送終了から30周年を迎えた2007年に、不本意な終わり方をしてしまった本作のファンの熱意に応える形で当時の俳優達によって30周年記念イベントが行われ、「また来週」の真相が明かされる事となった。

ストーリー

平和が嫌いで子供が大好きな悪の科学者ワルワル博士は、手下であるワルベエと共に巨大生物やロボットを作り出しては町へと繰り出し大混乱に陥れる。
仲間と共に「少年タイムス」という新聞を作っている小学生、天堂輝は祖父の残したパーツと合体することでガンバロンへと変身。新幹線より早く、怪獣よりも強いパワーを振るってワルワル博士の悪巧みを打ち砕く。

登場人物

少年タイムス

天堂輝(演:安藤一人)
デスク(演:古川清隆)
アリス(演:河端未和)
ケンダマ(演:内海敏彦)
カッパ(演:谷部勝彦)
チーコ(演:西島久美)
ロング(演:金月真美)

西郷大造(演:石川進)
西郷百合(演:原田真弓)

執事ムッシュ(演:黒部進)
ゴエモン(声:中江真司)

ワルワル博士一味

ワルワル博士(演:天本英世)
番頭ワルベエ(演:花巻五郎)
怪人ドワルキン(演:牧野好年 伊藤雄治) (声:飯塚昭三)

ガンバロン

身長143cm
体重40kg

天堂輝の「ガンバローン!」の叫びと共に祖父が残した5つのバロンパーツ(バロンメット、バロンベスト、バロンアーム、バロンウィング、バロンブーツ)が合体する事によって誕生する。
変身者は4月3日6時47分6秒47に生まれた輝のみで、これを身に着ける事によって新幹線より早く飛び、怪獣よりも強くなれる。必殺技はバロンビーム、バロンスピン等。
バロンウィングを外して空高く投げ、「コチャコーイ、○○(マシン名)!」と叫ぶことで戦闘機トブーン、小型飛行機ヒライダー、戦車バクシーンといったサポートメカを呼び出すこともできる。

ダイバロン

当該記事を参照。

関連タグ

特撮番組 日本テレビ ブルマァク
バロンシリーズ スーパーロボットレッドバロン スーパーロボットマッハバロン
ダイバロン
DRAMATICSTARS アイドルマスターSideM

pixivに投稿された作品 pixivで「小さなスーパーマンガンバロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4523

コメント