ピクシブ百科事典

宗屋ヒデヨシ

そうやひでよし

宗屋ヒデヨシとは、漫画・アニメ『うえきの法則』のキャラクター。
目次[非表示]

「信じるとか…信じねえとか…!!んなキレイごとよかあいつの命の方が何百万倍も大事じゃねえのかよ!!!!」

概要

CV:山口勝平

中学一年生。13歳。5月5日生まれのO型。
名前の通り、サル顔が特徴の少年。ランニングシャツを着ている。
ズル賢く、人を騙すのが得意(貶めるようなものではなく、ハッタリや虚仮おどし。危険な能力者から後述の子などから遠ざけることや、戦意を削ぐための嘘も多い)。
心優しい性格で、孤児院「たいようの家」の子供達からは「ズル兄ちゃん」と呼ばれとても慕われている。
口癖は「ぶっちゃけ」。
担当神候補はネロザック
能力者のモバイルにはハッタリのためゴリラの画像を登録している(森あいもそれが本物だと思い込んでいた)。

たいようの家と甘いものが好きで、コーヒーが苦手。

能力

」を「似顔絵」に変える能力
使用限定条件:手か足の指を1本折り曲げる。
似顔絵自体に破壊力や拘束性などはないが、限定条件を満たすことも解除することも容易。そのため、似顔絵に一旦変えたものを任意で解除することで、同士討ちや時間稼ぎを図ることができる。他の能力者との連携次第では、至近距離での聴覚封じにつなげることも可能。

また、良くも悪くも物理的な破壊力がないうえ、あくまで絵を貼り付けるだけなので、町中などで使用しても才が減少するリスクは皆無に近く、悪目立ちして民間人から騒がれる危険性も小さい。
鈴子以外の十団古参メンバーがヒデヨシに振り回されたのはそのためと思われる。(一応、十団メンバーにも自分を模したクレイマン用意・小さな鎌での両足封じ、小さな爆破物による罠設置など、捕獲に使える技を持っているキャラはいるが、殆どの人物は他のメンバーから蔑ろにされている。)

その他の特技

能力者としての戦闘能力は低いが、逃げ足も速く、上記の騙すことに加え、マグナム、スーパーマグナム、醬油ボンバー、醤油ボンバーダブル、特選ワサビーム、納豆フラッシャー・・・・・・などと精神的にダメージを与えるセコイ技も使う。
ただ、眼球や粘膜などに響くものも混ざっているからか、丈夫な天界人にも、それなりに通じた技もある。

関連タグ

うえきの法則

関連記事

親記事

植木チーム うえきちーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宗屋ヒデヨシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32841

コメント