ピクシブ百科事典

佐野清一郎

さのせいいちろう

佐野清一郎とは漫画「うえきの法則」およびそれを原作としたテレビアニメの登場人物である。
目次[非表示]

「親友の命ひとつ守れん正義に、一体なんの意味があるっちゅうんや!!!」


概要

CV:保志総一朗

2月6日生まれ。血液型O型。稲穂中学の3年生。 14歳。
関西弁で話す。趣味は温泉めぐり。
好きなものは温泉とプロレス、嫌いなものは温泉と称した偽温泉。
入っただけでどこの温泉か分る”きき温泉”をスキルとして持つ。
物欲がおとなしい代わりに、他人の窮地などには植木と同様、わが身をなげうってでも行動するなど、信念の強さや優しさなどを持つ少年。自身の才覚に溺れず、他者同士の能力を冷淡に観察するなど、強かさも持ちあわせている。
能力名や文字の記入には、いいかげんとも年相応の粗ともとれるところもみせるが、空白の才の危険性などには、むしろ他の能力者以上に真剣に向き合おうとする一面も。

自身の機転の良さ故か、地味ながら油断ならない能力ゆえか、序盤から様々な能力者などから注目されていたが、本人は、天才扱いされることや好敵手扱いされること等には、大して興味がなく、一時期はむしろ嫌悪のような感情も見せていた。(もっとも、好敵手扱いしていた相手との性格の相性などの問題であった可能性もあるが)
それが祟ったのか、原作で示唆された落とし穴なのか、自身の機転でも補いきれない武具と能力を持つ手合いと遭遇するまで、素質をもてあましていた時期もある。

能力

てぬぐい」を「」に変える能力

限定条件:息を止めている間だけ鉄に変えることが出来る。

レベル2はその変えた鉄に磁力を与えることができる。その磁力の大きさは半端なものではなく、銃器から放たれた鉛弾の弾道をほぼ直角に変えることすら出来るほどである。
他の能力者に比べると地味そうな能力ではあるが、佐野は自身の機転の良さを活かして他の能力者に劣らぬ戦いぶりを発揮する。また、レベル1での破壊力こそ乏しいものの、近接、遠距離攻撃・一時退避や身体の一部拘束など、素の応用力が高い能力でもあり、上記の機転の良さも相まって、作中でもその多芸さが際立っている。地上戦だけでなく、下記の技による跳躍など、空中戦にも秀でている。

ただ、限定条件上、特殊なくすぐり攻撃などが苦手という抜け道もある。(物語の都合か、時折能力を使っている間も息を止めているのか、声に出してしまっているかと邪推しかねない要素も)
その他、意外と会得者の性格に振り回されやすい条件のようで、佐野以上に多弁さが目立つカルパッチョは持て余すばかりか、一度も使用していなかった(ビーム関連の能力などとかみ合わなかっただけという可能性もあるが)。

バトルだけでなく、日常生活でもある程度使える能力らしく、序盤では高所から落ちそうになっていた児童救助に活かしている。(アニメ版ではダウジングも行っていた。)

よく繰り出していた技は、「ブーメランカッター」「鉄槍」「鉄発条(スプリング)」等。
アノン戦では新技「マグネティック・スクリュー・チョーガ・ザンビル」を繰り出していた(内容は一切不明)。

その他

担当神候補は犬丸
自分で温泉を掘り当てる”発掘の才”を求めて戦いに参戦した。

左目の火傷は4歳の時「間欠泉」を掘っていた時にできたもの。

また彼の浴衣は左前の死に装束となっているが、それは元々作者が知らず知らずのうちに描いてしまっていたものだった。
しかしそれに気づいてからも『人は温泉につかると生き返ったと言う⇒佐野にとって温泉に入っていないときは死んでいるも同然』と考えて、あえてそのままにしている。直すつもりは無いらしい。

関連イラスト



関連タグ

うえきの法則 犬丸 植木耕助

関連記事

親記事

うえきの法則 うえきのほうそく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「佐野清一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210269

コメント