ピクシブ百科事典

キルノートン

きるのーとん

キルノートンとは、漫画「うえきの法則」およびそれを原作としたテレビアニメの登場人物である。
目次[非表示]

CV:千葉進歩

「…ボクを………メガネ好きにしてください…」

概要

神候補によって能力を与えられた能力者。中学二年生。
バロウ・エシャロット率いるバロウチームの一員。
植木耕助ロベルト・ハイドンと同じく神を決めるバトルのために落とされた六ツ星天界人。
IQ179の頭脳を誇る天才で、計算の才を持つ。本人は自身の頭脳を自負している様子。ただし、その才で培われたものに対して、心のどこかで問題視していることもある。そのためか、バロウチームのメンバーのことを、計算の才抜きで向き合ってくれる友人として、悪態をつきつつも本人なりに大切に思っている。
また、少々口が悪いと思われかねない発言があるが、基本的には大人しめのキャラクターで、回想内でも、上記の才を活かして知人と害の少ない交流をすることはあっても、神器や才などを悪用して他者を蔑ろにするような行いも見せる様子はなかった。

森あいの能力によってメガネ好きにされた犠牲者の一人。
メガネの名前はビアンカで、死別した際はマジ泣きしていた。2度メガネ好きに洗脳された後遺症か、選考会終了後の別れ際に「メガネ…メガネ…」と呟いている。

又、作者福地翼によると、ギャグ要員であり、「描いてて楽しいキャラ3位」とのこと。
一部の読者にもなんだかんだで好かれていたらしく、後々に原作者が手がけた作品、「サイケまたしても」連載時に描かれた厄介者の登場、(舞台が違うとはいえ)冒頭の発言がかすんで見えるほどの言動もあって、人柄が多少ながら評価されたこともある。

能力

まさかの不明

能力を見せることなく森あいに洗脳され、惨敗。アノン戦においても瞬殺される。
バン・ディクートディエゴスターの能力と組み合わせると無敵の合体神器が生まれるらしいが、作中で披露することもなかった。
ある意味、作中、劇中で最も可哀相なキャラクターである。

関連タグ

うえきの法則 バロウ・エシャロット 森あい
変態だー!!

関連記事

親記事

うえきの法則 うえきのほうそく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キルノートン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2534

コメント