ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

「さんざん俺様の部下をかわいがってくれたそうじゃねえか、ええ?ネオ・ジャパンのファイターさんよお」


CV:津久井教生

概要

第13回ガンダムファイトのネオ・イタリア代表ガンダムファイター。ネロスガンダムに搭乗する。後にデビルガンダム四天王の一角となり、ガンダムヘブンズソードにも搭乗している。

マフィアの頭目を務める残忍にして凶暴、卑劣な性格の男で、目的のためには手段を選ばない。

正規の格闘家ではないが、常人離れした個人戦闘力でネオ・イタリアの裏社会にその名を知られた腕っ節を買われ、代表選手を選びあぐねていた同国のガンダムファイターに抜擢されている。


アニメ第1話登場(ついでに本編で最初に画面に映ったネームドキャラもミケロである)。ファイターとしての立場と権限を利用してあくどいことを繰り返しており、ドモンにも絡んだが返り討ちにされてしまう。ドモンが対戦した最初の相手であり、また彼とドモンの試合は第13回ガンダムファイト最初のファイトでもあった。蹴り技が元々得意だったのか、「銀色の脚」という必殺技を持っている。当初は蹴り技のリーチで優勢に立つものの、本気を出したドモンのシャイニングフィンガーによって頭部を破壊されて失格となってしまう。その際、ドモンの圧倒的な気迫と頭部を徐々に破壊されていく恐怖によって白髪化する。更には失格となった事で、これまでファイターであったために免除されてきた罪状が復活して警察に逮捕されてしまった。


しかし、後に「特例」によって決勝大会に進出し、アニメ第25話で再登場を果たす。また同時にDG細胞を植え付けられており、必殺技である「銀色の脚」を「虹色の脚」に改良・強化するなど以前に比べ遥かにパワーアップしている。元々の性格と生きたまま自分の意思でDG細胞を受け入れたためか、大半のキャラクターに見られるような人格の凶暴化は無かった。


同じく特例で決勝進出扱いとなったチャップマンの所属するネオ・イングランドはホイットニー卿とネオ・ホンコン元首ウォン・ユンファが密接に関わっていたのに対し、ネオ・イタリアの要人は全く出てきていないことから元々の選出理由の適当さもあって政府側も半ばミケロを放逐状態でウォンとの裏取引に二つ返事で合意したものとみられる。


最期はサイ・サイシーとアルゴの決死の攻撃によって死亡した。


なお、こんな悪人だが、きちんとガンダムファイト国際条約については認識していて、第1話で「頭部を破壊されたら失格」「コクピットは狙ってはいけない」という規則を視聴者に身をもって教えてくれた人物でもある。


関連タグ

機動武闘伝Gガンダム ネロスガンダム ガンダムヘブンズソード かませ犬 小悪党

パトリック・コーラサワー…最初に主役ガンダムの餌食になり、終盤まで登場するパイロットつながり。ただしこちらはかませ犬ではあっても愛すべきバカとも呼ぶべき真っ当な善人であり最後まで生存する。

グエル・ジェターク…こちらも物語冒頭で無礼な振る舞いをして主役ガンダムの最初の餌食になってしまったため、第1話時点では「ミケロのようなキャラではないか」と予想されていた。実際はコーラサワー同様悪人ではなく複雑な家庭環境に縛られていたために荒れてしまっていた苦労人で、物語を通じて成長を遂げた。またこちらは主役機にリベンジして勝ったこともある。

関連記事

親記事

ガンダムファイター がんだむふぁいたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221869

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました