ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概説

機動武闘伝Gガンダム」に登場するガンダムファイト国際条約に規定されたガンダムファイトのルールの一つ(第一条)である。

モビルファイターの頭部には様々な重要データが蓄積されている。
そこを破壊される事は「そのデータの消失を意味する」そのために設けられたルールである。また、「第2条 相手のコクピットを攻撃してはならない」と合わせてファイターが死亡しない形で勝敗を付けやすくする目的もある。
何が視聴者のツボに入ったのかは分からないが、本放送当時からあちこちでネタにされ多用された。

しかし、決勝大会に入ると第13回大会の主催者であるウォン・ユンファが『第13回ガンダムファイト決勝大会3カ条』として新たに「第1条 決勝リーグにおいては、機体の交換および修理改造が何度でも認められる。」「第2条 勝利のためならば手段は問わない。」「第3条 このルールの下に最終バトルロイヤルを生き残った最後の一体に「ガンダム・ザ・ガンダム」の栄誉が与えられる。」を付け加え裏から手をまわしたため、第13回の決勝のみこのルールは無効化されている。具体的に言ってしまえば、本編でこのルールが通用したのは丸々ドモンの機体がシャイニングガンダムだった「サバイバルイレブン」の時期までの話である。
ただしこの改変は機体の修復が不可能になるか代表のファイターが死ぬまで戦わなければならないという裏返しでもあり、そのせいで第13回は本来のガンダムファイトの趣旨から逸れた文字通りのデスマッチとなってしまっている。

加えて本来決勝大会が始まったのは「物語中盤(ドモンがゴッドガンダムに乗り換えてネオホンコンにギリギリ到着した時系列)の頃」からなのだが、終盤のバトルロイヤルの頃だけだと勘違いされやすいのも合わさって、「劇中で頭部破壊されて失格になったにも関わらず、決勝大会に進出した連中も居る」という誤解のある突っ込みが生まれてしまっている(そもそも改変前のルールのままなら、もろ敵のコックピットにゴッドフィンガーをぶち込んでいるドモンは国際条約第2条に抵触し失格になっているはずである)。

例外として決勝前に頭部を破壊されているはずのネロスガンダムジョンブルガンダムが決勝進出しているが、これはおそらくウォンが研究していたデビルガンダム都合のいい駒と見なされたためだと思われる。
実際どちらのファイターも「DG細胞を植え付けても変化が見られないほどの狂気に満ちた人格を持った廃人」「過去にガンダムファイト三連覇を遂げた実力者の遺体」DG細胞を植え付けるには十分な適性がある。

関連イラスト

本家



頭がやわすぎだよ! マミさん!!
話にならんな。


霧島翔子+α
センシティブな作品



関連タグ

機動武闘伝Gガンダム ガンダムファイト ルール
アイアンクロー

たかがメインカメラをやられただけだ!対義語

バロッサ星人(二代目)

関連記事

親記事

ガンダムファイト がんだむふぁいと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「頭部を破壊された者は失格となる」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「頭部を破壊された者は失格となる」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32636

コメント