ピクシブ百科事典

デスマッチ

ですまっち

プロレスにおける試合形式の一つ。完全決着を目的とするが、凄惨な流血戦になることも多い。
目次[非表示]

概要

元々は、抗争が続くレスラー同士の完全決着をつけるため、どちらかが立てなくなるまで試合を行うか、時間無制限での試合を意味していた。しかしプロレスにはリングアウトや反則による不透明な幕切れも多かったため、

  • 場外に逃げ出せず第三者も介入できない金網デスマッチ
  • リング外に数人のレスラーが待機して、逃げ出そうとすればリング内に押し戻されるランバージャック・デスマッチ
  • 対戦者同士の手をチェーンでつなぎ、試合終了まで外すことは許されないチェーン・デスマッチ
など、様々な試合形式が考案された。
やがてエンターテインメント性やスペクタクル性を盛り上げるために、有刺鉄線や凶器の使用を前提とした過激な試合が多数発生し、現在ではデスマッチと言えばそちらの「過激な試合形式」を指すことが多い。

日本では、1970年代に国際プロレスが金網デスマッチを導入し、1990年代になるとFMW大仁田厚が考案したノーロープ有刺鉄線電流爆破マッチが一世を風靡。その後、派生団体のW☆ING、IWA JAPAN、大日本プロレスなどに広がっていった。

テレビのバラエティ・漫画・映像作品などにおいては、大食い対決・熱湯風呂・我慢比べ等々、「決着をつけるためのそこそこハードな試合形式」として行われることもある。

主なデスマッチ

金網デスマッチ
リング四方を金網で囲い、脱出も外部からの介入も不可にする形式。その金網自体が凶器ともいえる存在であるため、相手を叩きつけて流血させるのは日常茶飯事。アメリカのメジャー団体WWEにおいても時折実施される。
日本ではラッシャー木村が日本で初めて試合をし、この形式で連勝を重ね「金網の鬼」と呼ばれた。また女子でブル中野が何度かしている。

ランバージャック・デスマッチ
リングのエプロンサイドを数人のレスラーが取り囲み、エスケープしようとしてもすぐリング内に押し戻される。ただし軍団抗争が絡んだ試合だった場合、リング下に落下した者を敵陣営がよってたかって袋叩きにして、ダメージを与えてからリングに戻すという光景も見られた。エプロンサイドを取り囲む者を観客が行う場合もある。

チェーン・デスマッチ
対戦者同士の手を長さ数メートルのチェーンでつなぎ、逃走不能にする形式。当然チェーンは凶器として用いられ、殴ったり首を締めたりする凄惨な光景が続出する。
元はチェーンではなく、革紐を用いたインディアン・ストラップ・マッチという形式であり、相手を完全KOした後に、4つのコーナー全てにタッチすれば勝ちというルールだった(この決着方法は団体によって異なり、特に大日本プロレスではこの決着を認めていない)。他にもカウベル付きブルロープ・ハンドカフ(手錠)など、各種派生型がある。

五寸釘デスマッチ
多数の五寸釘を打ち付けた板を場外に設置する形式。場外エスケープは事実上不可能であり、落ちればただでは済まない。新日本プロレスアントニオ猪木上田馬之助が戦ったことがある。

現在でも五寸釘ボードデスマッチとして使われるが、危険防止の為、釘をびっしりと敷き詰める。その分、釘を大量に使用する為、ボードの総重量が重くなり、機動性に欠ける。

覆面剥ぎデスマッチ
覆面レスラーが多数を占めるメキシコでよく行われる。敗者は文字通りマスクを脱いで素顔を曝さなくてはならず、即ちその覆面レスラーの消滅を意味する。

髪切りデスマッチ
これもメキシコでよく行われる形式で、敗者は試合後、リング上で髪の毛をハサミやバリカンで切られて丸坊主にされるというもの。「髪は女の命」ということもあって、女子プロレスでもよく実施され、長与千種VSダンプ松本の抗争は有名。
ドナルド・トランプ米大統領は、WWEオーナーのビンス・マクマホン代理人髪切りデスマッチを行ったことがあり、代わりに戦ったレスラーが負けたため、マクマホンが丸坊主にされている。
一方が覆面レスラーとの対戦の場合は、敗者はマスクを脱ぐか丸坊主を賭ける場合があり、メキシコでは「マスカラ・コントラ・カベジェラ」(スペイン語で「マスク対髪の毛」の意。覆面剥ぎデスマッチの場合は「マスカラ・コントラ・マスカラ」)と呼ばれる。

有刺鉄線デスマッチ
ロープに有刺鉄線を巻きつける形式。普段のロープワークが相手にダメージを与えることになる。大仁田厚は、ロープを完全に撤去して代わりに有刺鉄線を張り巡らせたノーロープ有刺鉄線デスマッチを考案。後述の電流爆破デスマッチと併せて、過激路線で人気を博した。
その後はこれを簡略化し、ベニヤ板に有刺鉄線を張り巡らせた「有刺鉄線ボード」や、バットに有刺鉄線を巻き付けた「有刺鉄線バット」が作られ、現在はこちらが主流となり、デスマッチの基礎とも呼べるアイテムとして定着。

電流爆破デスマッチ
有刺鉄線にさらに多数の小型爆弾を設置し、選手が接触すると爆発するという危険なもの。全盛期のFMWでは他にも有刺鉄線バリケードマット地雷爆破デスマッチノーロープ有刺鉄線電流爆破超大型時限爆弾デスマッチなどの過激極まりない試合が続出した。
消防法の兼ね合いで通常は屋外で行われるが、小型爆弾に使われる火薬の量を調整して屋内で行われる場合もある。この場合、視覚面のインパクトは当然弱まるが、会場によっては反響により音響面のインパクトがより増す場合もある。
派生型として、有刺鉄線バットに小型爆弾を仕込んだ「電流爆破バット」を用いたデスマッチも行われ、2010年代はこちらが主流となっている。

TLCデスマッチ
Table(机、主にイベント等で見かける折り畳み式)、Ladder(梯子)、Chair(パイプ椅子)の3つの凶器の頭文字に由来し、これら3種の凶器を使い試合する。

画鋲デスマッチ
その名の通り、画鋲を大量にバラ撒くもので、IWA・JAPANで盛んに行われた。その状態で受け身を取ろうとするだけでダメージ必至。リングシューズにも刺さる為、足元が滑りやすくなる。裸足で行う場合もあるが、当然、足に刺さり、ダメージ不可避。
派生型として、百均で売っている小さい剣山を用いたデスマッチもあるが、頭上に刺さって抜けなくなる事態もある。

蛍光灯デスマッチ
その名の通り、蛍光灯(主に業務用の40Wクラスの廃品)を使用するもの。ロープに輪ゴムで括り付けたり、3~5本程度の束、十字架、簾、各種オブジェを作って使用したりと多種多様。
使用本数も様々で、少ない時は20本程度だが、多い時は300本以上使う事もある。この場合はリング上のキャンバスにも蛍光灯を敷き詰める。
大日本プロレスやFREEDOMSにて日常的に行われているが、国技館大阪府立体育会館など、蛍光灯を禁止する会場も少なくない。当然破片が周囲に飛散する為、観戦に注意が必要。

関連タグ

プロレス

関連記事

親記事

プロレス ぷろれす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デスマッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49848

コメント