ピクシブ百科事典

FMW

ふろんてぃあまーしゃるあーつれすりんぐまたはえふえむだぶりゅー

フロンティア・マーシャルアーツ・レスリングは、かつて存在した日本のプロレス団体。略称はFMW(エフ・エム・ダブリュー)。
目次[非表示]

概要

1989年7月、元全日本プロレス所属選手の大仁田厚がわずか5万円の資金で設立。
1989年10月6日、露橋スポーツセンターで旗揚げ戦を開催。

大仁田のデスマッチ路線

当初はその名の通り柔道キックボクシングテコンドーなどプロレス以外の格闘家が参加しており異種格闘技戦的な要素が強かったが、資金難を始め様々な面で既存メジャー団体に劣っていたFMWが選んだのは「何でもあり」をキーワードにしてデスマッチとストリートファイトマッチなどを行った。
「有刺鉄線デスマッチ」、「ミックスファイト」(男女混合の試合)や「女子選手による単独興行」も手がけた。
1990年8月4日、レールシティ汐留大会で開催した大仁田とターザン後藤の「ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ」で一躍注目を浴び、1992年には兵庫県三田市で「ファイヤーデスマッチ」
を初めて行ったほか、1991年から1993年にかけて川崎球場(2回)、横浜スタジアム、阪急西宮球場で興行を開催、成功させた。
デスマッチ中心のプロレス団体として1991年に分裂した社長の茨城清志(元渉外担当)、ミスター・ポーゴらが率いる『W★INGプロモーション』とは激しい興行戦争となったが中心選手を引き抜いて団体を壊滅させインディー団体の最高峰に立つまでに成長。
1994年5月5日、FMW川崎球場大会で自らの土俵である電流爆破マッチに持ち込みながらも天龍源一郎に敗れた大仁田は引退を決意1年後のFMW川崎球場大会で弟子・ハヤブサと引退試合を行う。
当初はターザン後藤が予定されたが突如、ミスター雁之助(FMW2期生)、市原昭仁(FMW1期生、現:フライングキッド市原)らと共に退団。(雁之助と市原は1997年にFMW復帰)
その為名乗りを上げていた東京プロレスの石川敬士を指名したが試合の調印直前でハヤブサが名乗りを上げたため石川の許可を経て変更となった。

大仁田引退後の新体制で

大仁田は引退後、社長を退任。その為新たに運営会社が設立され、社長には旗揚げ当時リングアナウンサーで、関連子会社「FMWクリエイティブ」の取締役広報部長だった荒井昌一が就任。「大仁田がいなければFMWは3ヶ月で潰れる」と言われたがハヤブサを中心に金村ゆきひろ、田中正人(現:田中将斗)、工藤めぐみ、ザ・グラジエーターらを中心に活動、大仁田とはまた違った、後に『ハードコアスタイル』と呼ばれる激しい戦いが支持された。
しかし大仁田が1996年12月11日、駒沢オリンピック公園体育館大会で強引に復帰すると団体が混乱する。
この頃、WARを退団した冬木弘道、邪道、外道が参戦、金村、雁之助らとヒールユニット「チーム・ノーリスペクト」を結成、存在感の大きなヒール軍になった。
1998年3月、日本に進出してきたディレクTVと「3年3億円」で契約してテレビ放映を手にしたFMWは制作費の提供を受けてグレードアップしたエンターテイメント路線を走り始めた。
第1弾になった横浜アリーナ大会で好勝負を見せることが出来た後、社長の荒井昌一と所属選手が一丸になって大仁田に対して撤退を要求して1998年11月20日、横浜文化体育館大会を最後に大仁田はFMWを離れた。

FMWの凋落

1999年5月、アクの強いエンターテイメント路線にシフトチェンジを行い、「ドッグフードマッチ」「おばけ屋敷マッチ」など、これまでの日本では考えられなかったショー要素の強いプロレスを展開、更にAV男優のチョコボール向井やAV女優の若菜瀬奈、演歌歌手の谷本知美などのプロレス経験がない素人までを試合に参加させてファンの話題と反発を呼ぶ。
1999年11月23日、大物選手を招聘して横浜アリーナで旗揚げ10周年記念大会を開催したが興業的には失敗。2000年3月、ディレクTVが業績不振のため日本での事業停止してスカイパーフェクTV!(現:スカパーJSAT)へ事実上統合されるとPPV放送は引き継がれたが放送権料が大幅に下げられてしまう。
またハヤブサ、ミスター雁之助が負傷により長期欠場を余儀なくされ、ついに所属選手の契約解除も行うほどになった。
また、出来立ての飲茶を食べながら凶器にも使える「ファイティングディナーマッチ」や、敗者を全裸にする「ネイキッドマンマッチ」などの試合形式がファンはおろかマスコミからも顰蹙を買い、ネイキッドマンマッチでは事前に私服警官が現れて呼び出しを受けたという。

崩壊、その後の影響

2002年2月14日と15日、FMWは2日連続で不渡りを出して事実上倒産。「負債総額は3億円」と言われる。経営不振の中で社長の荒井は所属選手にはギャランティーを支払っていたが、たった1人で借金を抱え、借金取りから逃れるため失踪していた社長の荒井は、著書「倒産!FMW カリスマ・インディー・プロレスはこうして潰滅した」を執筆後の5月16日、生家近くの公園で首吊り自殺、最悪の終焉を迎えた。

その後残された所属選手とスタッフの内、冬木が事実上所属選手とスタッフを引き継ぐ形で2002年3月、WEWを設立する一方で8月1日、ハヤブサがWMFを設立(2008年解散)するなど分裂。
2003年3月19日、WEWは代表の冬木の病死により解散、冬木軍プロモーションアパッチプロレス軍(一時、XWF)と形を変えて、プロレスリングA-TEAMプロレスリングFREEDOMSに分かれる。

ハヤブサは2015年3月超電戦士バトレンジャー(上野幸秀、FMW1期生)、FMWプロモーション代表取締役社長の高橋英樹が記者会見を行いFMWの名を冠するプロモーション「超戦闘プロレスFMW(ちょうせんとうプロレス・エフ・エム・ダブリュー)」の設立を発表。4月に旗揚げ、現在も活動している。

1994年に離脱したターザン後藤は真FMW→R2W→革真浪士団→ターザン後藤一派の衣替えしながら
2009年11月、12月24日に自らのデビュー30周年興行をFMW再旗揚げ興行としFMWの活動再開を表明。2010年からターザン後藤一派を母体とした「スーパーFMW」として団体化。
しかし2014年10月26日、シアター1010大会を最後に一時休眠状態。
2017年7月16日放送のABC新婚さんいらっしゃい!』に、ラーメン店を営む再婚相手の妻と共に出演。妻の下で修行中との事である。(デイリースポーツより。

創業者の大仁田は1998年以降フリーで活動、2014年7月にFMWゆかりの選手を集めた「FMW25周年記念シリーズ(エフ・エム・ダブリュー・にじゅうごしゅうねんきねんシリーズ)」を開催。2016年8月に7年ぶり7度目の引退後、2018年9月28日、ファイトマネーを貰わないボランティアレスラーとして7度目の現役復活。

関連タグ

プロレス デスマッチ
大仁田厚

関連記事

親記事

プロレス ぷろれす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「FMW」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44840

コメント