ピクシブ百科事典

ジェントル・チャップマン

じぇんとるちゃっぷまん

ジェントル・チャップマンとは、『機動武闘伝Gガンダム』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:中田和宏
第9~11、13回ガンダムファイトにおける、ネオイングランド代表のガンダムファイター。
かつてはブリテンガンダム、第13回大会ではジョンブルガンダムに搭乗。
その人柄は極めて理知的で気高く、正確無比な射撃を武器にどんな時でも正々堂々と王者としての貫禄を見せつけるファイトスタイルから、ジョルジュをはじめとした多くのファイターたちに目標とされていた。

ネオイングランドの英雄

第9回~11回ガンダムファイトの3連覇を成し遂げたネオイングランドの英雄。
彼の連覇はガンダムファイトに一石を投じ、一時は射撃武器重視の傾向をもたらした。
これにより、各コロニーに軍拡の機運が高まってしまい、12回大会は4年延期となっている。
なお、後に開かれた12回大会が東方不敗によって制されたことにより、大会は再び格闘技重視の方向へ回帰した。

アニメ本編での軌跡

染みついた戦士の生き方を捨てられず、第13回大会に病を押して参加。
病み衰えた身体はもはやボロボロで往年の戦闘力には遠く及ばず、元チャンプとしてのプライドや民衆からの期待に応えるべく、精神強化剤まで使って戦い続けていた。
それでも長時間の戦闘は困難で、周囲のサポートを受けなけてなお、勝利目前のところでファイトを終了させることもあった。
ジョルジュの挑戦を退けるも、続くドモンとのファイトでは薬の副作用やそれまでの無理が祟って敗北。
妻であるマノンに火星移住が叶わないことへの謝罪や、今まで自分の無理に付き合わせてきた礼を言いながら、静かに息を引き取った。

しかし、ウォンの陰謀でDG細胞に感染させられ、密かに復活。理性などまるでなくなり、ただ唸り、吼え、破壊の限りを尽くすだけの正に生ける屍となってしまった。
決勝大会ではジョンブルガンダムに擬態したグランドガンダムシャッフル同盟を相手に暴れ回る。
最後はランタオ島におけるバトルロイヤルでチボデー&ジョルジュと激戦を繰り広げた末、ギガンティック・マグナムに込めたローゼス・ビットの一撃をコクピットに受けて撃破されるとともに、完全にこの世を去った。

予選時には上述した妻のマノンが登場しているが、決勝大会以降は一切登場せず、消息も不明である。

12回大会について

各種説明においては9回~13回まで出場したという表記になっているものが多いが、12回には参加していないという記述のものも存在する。実際、機体のナンバリングに12回参加機体に該当するものは存在しない。
またLDにおける監督のコメントから(バードマンとのマノンの取り合い云々)、12回には不参加であった可能性のほうが強い。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェントル・チャップマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2582

コメント