2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

『戦士とは!強くなればなるほど、その修羅の道から抜けられなくなる者なのだ!』

CV:中田和宏

概要

第9~11、13回ガンダムファイトにおける、ネオイングランド代表のガンダムファイター。
かつてはブリテンガンダム、第13回大会ではジョンブルガンダムに搭乗(自宅にはブリテンガンダムで活躍していた当時の写真がいくつか残っている)。

その人柄は極めて理知的で気高く、正確無比な射撃を武器にどんな時でも正々堂々と王者としての貫禄を見せつけるファイトスタイルから、ジョルジュをはじめとした多くのファイター達の目標とされていた。

なお、射撃能力の高さから格闘術は不得手かと思われがちだが、実際には病み衰えた第13回大会の時点でもドモンと組み合ってそれなりに力比べができるくらいにはパワーもあり、格闘も一流のオールラウンダーであることがうかがえる。

ネオイングランドの英雄

第9回~11回ガンダムファイトの3連覇を成し遂げたネオイングランドの英雄。

彼の連覇はガンダムファイトに一石を投じ、一時は射撃武器重視の傾向をもたらした。
これにより、各コロニーに軍拡の機運が高まってしまい、12回大会は4年延期となっている。

なお、後に開かれた12回大会が東方不敗によって制されたことにより、大会は再び格闘技重視の方向へ回帰した。

アニメ本編での軌跡

民衆からの期待に応えるべく、第13回大会に病を押して参加。

しかし病み衰えた身体はもはやボロボロで、本来なら満足に戦えるような状態ではなかった。
それを元チャンプガンダム・ザ・ガンダムとしてのプライド(曰く「民衆は無敵の英雄を求めるのだ。私は常に英雄でなければならないのだよ」)で奮い立たせ、精神強化剤を服用してまで戦い続けていたのである。
それでも長時間の戦闘は困難で、周囲のサポートを受けなけてなお、勝利目前のところで自らファイトを終了させることもあった。

上述のサポートもあってジョルジュ相手に勝利目前の状況まで持ち込むも、直後に副作用が出てしまったため撤退(ジョルジュも負傷していたため勝敗はうやむやに)。
その後はカジノにてポーカーに興じているさなか、不作法にも乱入してきたドモンに勝負を吹っ掛けられるが、イカサマを見破られて挑発を受ける(その後ドモンは民衆にカジノからつまみ出された)。

翌日、発作により睡眠から覚醒してマノンの介抱を受けると、彼女の提案を受諾して自宅にドモンとレインを招いた。
ドモンに終始揚げ足をとられるなどしてファイトをせがまれるも、戦士の宿命を説くなど落ち着き払っていたが、「過去の栄光に縋っているだけの落伍者」呼ばわりされたことに怒り、銃を向ける。
しかしまたしても発作に襲われてしまい、突然の事態に動揺するドモンへファイトの申し込みを受けることを告げると、ジョンブルガンダムに搭乗した。

ファイトでは序盤こそドモンとまともに組み合うもさすがに力負けしてしまい、直後、見かねたマノンのサポートに乗じて人口霧に身を隠す。
これまで通りカッシングを囮にしつつ狙撃する戦法を展開するも、治療を終えたジョルジュが乱入してきたことでドモンにカッシングを全滅させられ、ついに一騎打ちに。

勝負を決めるべく大量に服薬すると往年のファイトスタイルを彷彿とさせる戦いぶりでドモンを圧倒。シャイニングガンダムを打ちのめし、今にも頭部を撃ち抜こうとした。
しかしここへきて、ついに身体が限界に達し、また薬の副作用が酷く出たことで悶え苦しみだしてしまう。

この事態にドモンは完全に動揺してしまい、戦意を喪失していたが、苦しみながらも叱咤激励して自ら敗北を受け入れる。
敗北後はマノンに火星移住が叶わないことへの謝罪や、今まで自分の無理に付き合わせてきた礼を言いながら、静かに息を引き取った。


しかし、ウォンの陰謀でDG細胞に感染させられ、密かに復活。生前に備えていた理性も王者としての貫録なども感じられない、ただ唸り、吼え、破壊の限りを尽くすだけの正に生ける屍と化してしまった。

肉体は見た目こそ生前の姿を保っているが、レンガ壁をたやすく粉砕したりビルをも粉砕する威力のライフルを連射できたりするほどの怪力や、人を一撃で殺傷するほどの電流を指先から発せられるなど、身体能力面でも人の範疇を逸脱している。

決勝大会ではジョンブルガンダムに擬態したグランドガンダムシャッフル同盟を相手に暴れ回る。
最後はランタオ島におけるバトルロイヤルでチボデー&ジョルジュを相手に激戦を繰り広げた。

最後はギガンティック・マグナムに込めたローゼス・ビットの一撃をコクピットに受けて撃破されるとともに、完全にこの世を去った。


なお、予選時には上述した妻のマノンが登場しているが、決勝大会以降は一切登場せず、消息も不明である。

バードマン

CV:青野武
ネオロシアが管理する収容所でドモンが出会った、口ひげを生やした男性。
もともとはネオブリテン(ネオスコットランドとも)のガンダムファイターで、第9回~12回大会に出場したほどの強者。
チャップマンとはマノンを取り合ったライバルで、「4年に一度、勝ったほうがマノンを手に入れられる」という賭けをする仲だった。

第9回~11回大会ではチャップマンに敗れたためマノンを娶ることはできなかったが、当然出場してくると思っていた彼が第12回大会に不出場だったために落胆。
覇気に欠けて実力を発揮できず、不覚をとった末にネオロシアにモビルファイター共々鹵獲されてしまった。

たまたまドモンと同室だったために彼の脱獄に随伴し、シャイニングガンダムボルトガンダムのファイトを見届ける。
決着後は「自分たちはファイターである以上、地球に縛られた囚人である」ことを呟くと、何処かへと去っていった。

12回大会について

各種説明においては9回~13回まで出場したという表記になっているものが多いが、12回には参加していないという記述のものも存在する。実際、機体のナンバリングに12回参加機体に該当するものは存在しない。

LDにおける監督のコメントから(バードマンとのマノンの取り合い云々)、12回には不参加説が半ば公式といえる。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム イングランド

関連記事

親記事

ガンダムファイター がんだむふぁいたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11351

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました