ピクシブ百科事典

ネーデルガンダム

ねーでるがんだむ

「機動武闘伝Gガンダム」に登場するMF(モビルファイター、ガンダムファイトに特化したMS)である。
目次[非表示]

登録番号 GF13-066NO
頭頂高  17.0m(ノーマルモード)

概要

風車に変形するネオオランダのMFで、地球各地でガンダム同士が11ヶ月間戦い抜くサバイバルイレブンを風車にカモフラージュするという方法で生き残るも、決勝大会ではかませ犬扱いのモブガンダムの1体として扱われた。

なんとも卑怯に思える戦法だが、サバイバルイレブンのルールはあくまで
「11ヶ月間生き残る」事だけなので実はネオオランダのこの戦法はルールには抵触していなかったりする。
このような奇策で決勝進出を目指した点について、漫画『超級!機動武闘伝Gガンダム』では
「決勝トーナメントに出場し、目立つ(宣伝をする)事に参加する意義を見出すコロニーもある」と
補足が入っており、そういう意味ではネオオランダの目論見は100%成功していたのかもしれない。
また、MFの登録番号は前回の順位で決まるため、決勝トーナメントに出場した事で
第14回のネーデルガンダムは結構上の方に名前を載せて目立つ事に成功したと思われる。

この決勝トーナメントに出場した際の登場者はルドガー・バーホーベンだが、
セリフ(音声)のみの登場で姿も描かれていない。
また、ルドガーではなくポール・バーホーベンとして紹介されている書籍などもある。
ネーミングの元ネタはおそらくオランダ出身の俳優ルトガー・ハウアーと
同じくオランダ出身の映画監督ポール・バーホーベンであると思われる。

デビルコロニーガンダムとの最終決戦においてはMk-ⅡからMk-ⅩⅩⅩⅩまで巨大なチューリップの植わったスペースコロニーから大量に飛び立つ姿から、
「オランダ=風車とチューリップ」という図式を当時の少年たちに強烈に印象付けた。

補足しておくと、後の14回大会では予選を勝ち上がるだけの実力は身に付けたらしい(各種Gガン事典参照)。

英語版では「Hurricane Gundam(ハリケーンガンダム)」と名乗っている。

コミカライズを担当したときた洸一氏のお気に入りのようで、巻末の四コマ漫画『がんばれ!ドモンくん』ではしばしばフューチャーされた。

週刊少年サンデーにて連載された読みきり版ガンダムAGEにてまさかの復活
(実際には背中に風車背負っただけだが)

まさかの展開

その後、2016年にハウステンボスでイベント『機動戦士ガンダムスペシャルシアター』との連動キャンペーンで『ネーデルガンダムを探せ』というイベントを行っている。

それが影響し、まさかのYahoo!トレンドワード入りを果たした。確かに、コラボするにはうってつけの様なMFではあるが、ここまで優遇されるとは誰が予想したのだろうか?

関連項目

ガンダム
機動武闘伝Gガンダム

関連記事

親記事

モビルファイター もびるふぁいたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネーデルガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84900

コメント